ホーム > アルバム > 8.669049 ハーゲン:歌劇「オーソン・リハーサル」(ムレロ/フランケンベリー/オース/フィフス・ハウス・アンサンブル/ザハブ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.669049
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
ダロン・エィリック・ハーゲン Daron Aric Hagen
作詞家
ダロン・エィリック・ハーゲン Daron Aric Hagen
アーティスト
ロバート・オース Robert Orth , ロジャー・ザハブ Roger Zahab , ダロン・エィリック・ハーゲン Daron Aric Hagen , フィフス・ハウス・アンサンブル Fifth House Ensemble , ロバート・フランケンベリー Robert Frankenberry , ピーター・マーシャル Peter Marshall , オマール・ムレロ Omar Mulero

ハーゲン:歌劇「オーソン・リハーサル」(ムレロ/フランケンベリー/オース/フィフス・ハウス・アンサンブル/ザハブ)

HAGEN, D.A.: Orson Rehearsed - An Operafilm (Mulero, Frankenberry, Orth, Fifth House Ensemble, Zahab)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.669049

全トラック選択/解除

ダロン・エィリック・ハーゲン - Daron Aric Hagen (1961-)

**:**
歌劇「オーソン・リハースト」

Orson Rehearsed

録音: 14-16 September 2018, Studebaker Theater, Chicago, Illinois, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8105595
**:**
»  序曲
1.

-

Overture

**:**
»  Maybe a Man's Name: Our works in stone (Orson #1, Orson #2, Orson #3)
2.

-

**:**
»  Everybody's Shakespeare: Jesus, the days I've seen (Orson #1, Orson #2, Orson #3)
3.

-

**:**
»  Lament for Jacaré: J'accuse! (Orson #3)
4.

-

**:**
»  First Nach(t)musik: Ah (Orson #2, Orson #3, Orson #1)
5.

-

**:**
»  The Magnificent Downbeats: I intended to portray a golden world (Orson #1, Orson #3, Orson #2)
6.

-

**:**
»  All Through: Marc, on fire, alone, at the piano (Orson #2)
7.

-

**:**
»  Manhattan Ambulance Ride: Give me the script (Orson #3, Orson #2)
8.

-

**:**
»  Border Sequence: The scene was conceived musically (Orson #1, Orson #2, Orson #3)
9.

-

**:**
»  Card Tricks and Talk Show Badinage
10.

-

**:**
»  Second Nach(t)musik: We're born alone (Orson #1)
11.

-

**:**
»  Beatrice Welles Practices Chopin, 1924: Then I heard her again (Orson #1, Orson #2, Orson #3)
12.

-

**:**
»  Consider the Chimes: Come! Sing me a dirty song (Orson #3)
13.

-

**:**
»  Serenade for Rita: Rita's face is not on the bomb by her own choosing (Orson #2, Orson #3, Orson #1)
14.

-

**:**
»  Myocardial Infarction: My two greatest assets have been mental stability and being, like, really smart (Orson #3, Orson #1, Orson #2)
15.

-

**:**
»  Postlude: Go On: Our works in stone, in paint, in print, are spared (Orson #1, Orson #2, Orson #3)
16.

-

**:**
»  チャーリーのラグ(エンドタイトル)
17.

-

Charlie's Rag (End Title)

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2021/03/01
40年に及ぶ作曲活動が高く評価され、グッゲンハイム財団賞をはじめ、ロックフェラー財団賞、ケネディ・センター・フリードハイム賞などを受賞したアメリカの作曲家ダロン・エィリック・ハーゲン。この《オーソン・リハーサル》は、アメリカを代表する映画監督、俳優のオーソン・ウェルズを描いた映画版オペラ。偉大なる俳優が生と死の狭間に立った瞬間、彼の心がメビウスの輪のようにループし、心の中の劇場で3人のアバターが、記憶、愛、後悔を交えながら彼の意識を演じていくという筋立てになっています。実際の演奏と、録音済のサウンドを融合した不思議な音も魅力的。このフィルムはアメリカ、ヨーロッパなどいくつかのフェスティヴァルで上演され、大好評を得ています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。