ホーム > アルバム > 8.669140-41 バーバー:歌劇「ヴァネッサ」(ウクライナ・ナショナル・カペラ 「ドゥムカ」/ローズ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.669140-41
CD発売時期
2003年10月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
サミュエル・バーバー Samuel Barber
作詞家
ジャン・カルロ・メノッティ Gian Carlo Menotti
アーティスト
ウクライナ・ナショナル・カペラ 「ドゥムカ」 Ukrainian National Capella "Dumka" , リヒャルト・コンラート Richard Conrad , マリオン・ドライ Marion Dry , アンドレア・マシューズ Andrea Matthews , ジル・ローズ Gil Rose , Ray Bauwens , Ellen Chickering , Philip Lima

バーバー:歌劇「ヴァネッサ」(ウクライナ・ナショナル・カペラ 「ドゥムカ」/ローズ)

BARBER: Vanessa

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.669140-41

全トラック選択/解除

Disc 1

サミュエル・バーバー - Samuel Barber (1910-1981)

**:**
ヴァネッサ Op. 32

Vanessa, Op. 32

録音: 25 May-8 June 2002, Concert Studio of Ukranian Radio, Kiev
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40085
**:**
»  Opening
1.

-

**:**
»  Act I: Scene 1: Potage creme aux perles
2.

-

**:**
»  Act I: Scene 1: No, I cannot understand
3.

-

**:**
»  Act I: Scene 1: Must the winter come so soon?
4.

-

**:**
»  Act I: Scene 1: Listen...they are here!
5.

-

**:**
»  Act I: Scene 1: Do not utter a word, Anatol
6.

-

**:**
»  Act I: Scene 1: Yes, I believe I shall love you
7.

-

**:**
»  Act I: Scene 1: Who are you?
8.

-

**:**
»  Act I: Scene 2: And then?
9.

-

**:**
»  Act I: Scene 2: No, you are not as good a skater as your father was
10.

-

**:**
»  Act I: Scene 2: Under the willow tree
11.

-

**:**
»  Act I: Scene 2: Erika, I am so happy
12.

-

**:**
»  Act I: Scene 2: I must tell you what happened
13.

-

**:**
»  Act I: Scene 2: Did you hear her?
14.

-

**:**
»  Act I: Scene 2: Outside this house the world has changed
15.

-

**:**
»  Act I: Scene 2: Orchestral interlude; Hymn
16.

-

Disc 2

サミュエル・バーバー - Samuel Barber (1910-1981)

**:**
ヴァネッサ Op. 32

Vanessa, Op. 32

録音: 25 May-8 June 2002, Concert Studio of Ukranian Radio, Kiev
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/40085
**:**
»  Act II: Entr'acte - The Count and Countess d'Albany
1.

-

**:**
»  Act II: I should never have been a doctor
2.

-

**:**
»  Act II: Here you are!
3.

-

**:**
»  Act II: At last I found you
4.

-

**:**
»  Act II: Love has a bitter core, Vanessa
5.

-

**:**
»  Act II: Nothing to worry about
6.

-

**:**
»  Act III: Scene 1: Why did no one warn me?
7.

-

**:**
»  Act III: Scene 1: Why must the greatest sorrows come
8.

-

**:**
»  Act III: Scene 1: There, look!
9.

-

**:**
»  Act III: Scene 1: On the path to the lake
10.

-

**:**
»  Act III: Scene 1: Anatol, tell me the truth!
11.

-

**:**
»  Act III: Scene 1: Take me away
12.

-

**:**
»  Act III: Scene 1: Grandmother! Yes, Erika
13.

-

**:**
»  Act III: Scene 1: Intermezzo
14.

-

**:**
»  Act III: Scene 2: By the time we arrive in Paris
15.

-

**:**
»  Act III: Scene 2: For every love there is a last farewell
16.

-

**:**
»  Act III: Scene 2: And you, my friend
17.

-

**:**
»  Act III: Scene 2: Erika, before I leave you
18.

-

**:**
»  Act III: Scene 2: To leave, to break
19.

-

**:**
»  Act III: Scene 2: Goodbye, be happy, Aunt Vanessa
20.

-

**:**
»  Act III: Scene 2: No, I must never say that name again
21.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
舞台は20世紀初頭。美しい貴婦人ヴァネッサは20年振りに会う客人を待っていた。その相手は、かつて不倫関係に陥り結局その愛は成就しなかったアナトール。しかしやって来たのは本人ではなく、その息子。ハンサムな青年を巡り、ヴァネッサとその姪エリカは三角関係に。その悲劇的結末...。今日ならさしずめワイドショー的ストーリーを、20世紀アメリカを代表するバーバーは格調高く、緊迫感漲るオペラに仕立てました。6歳で「アイーダ」を見てから声楽曲に、当然オペラに強い愛着を持っていた作曲者としては念願の初オペラ。単独ではアリアが演奏されることはあるものの全曲盤は稀少。是非お試しあれ!

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。