ホーム > アルバム > 825646912711 モーツァルト:歌劇「魔笛」(チューリッヒ歌劇場管/アーノンクール)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
825646912711
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
作詞家
エマニュエル・シカネーダー Emanuel Schikaneder
アーティスト
ニコラウス・アーノンクール Nikolaus Harnoncourt , シュテファン・ギーンガー Stefan Gienger , ワルデマール・クメント Waldemar Kmentt , エディタ・グルベローヴァ Edita Gruberová , ペーター・ケラー Peter Keller , パメラ・コバーン Pamela Coburn , マッティ・サルミネン Matti Salminen , デローレス・ジーグラー Delores Ziegler , アントン・シャリンガー Anton Scharinger , エディス・シュミット Edith Schmid , アンッティ・スホネン Antti Suhonen , チューリッヒ歌劇場合唱団 Zurich Opera House Chorus , チューリッヒ歌劇場管弦楽団 Zurich Opera House Orchestra , マルクス・バウアー Markus Baur , トーマス・ハンプソン Thomas Hampson , アンドレアス・フィッシャー Andreas Fischer , ハンス・ペーター・ブロホヴィッツ Hans Peter Blochwitz , バーバラ・ボニー Barbara Bonney , アレクサンダー・マリー Alexander Maly , トーマス・モーザー Thomas Moser , マルヤナ・リポフシェク Marjana Lipovšek , Gertraud Jesserer

モーツァルト:歌劇「魔笛」(チューリッヒ歌劇場管/アーノンクール)

MOZART, W.A.: Zauberflöte (Die) (The Magic Flute) (Harnoncourt)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/825646912711

全トラック選択/解除

Disc 1

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
歌劇「魔笛」 K. 620

Die Zauberflöte (The Magic Flute), K. 620

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2250894
**:**
»  Ouverture
1.

-

**:**
»  Act I: Zu Hilfe! Zu Hilfe! (Tamino, the Three Ladies)
2.

-

**:**
»  Act I: Dialog: Wo bin ich?
3.

-

**:**
»  Act I: Arie: Der Vogelfanger bin ich ja (Papageno)
4.

-

**:**
»  Act I: Dialog: He da!
5.

-

**:**
»  Act I: Arie: Dies Bildnis sind bezaubernd schon (Tamino)
6.

-

**:**
»  Act I: Dialog: Ruste dich mit Mut und Standhaftigkeit
7.

-

**:**
»  Act I: Rezitativ und Arie: O zitt're nicht, mein lieber Sohn! (Queen of the night)
8.

-

**:**
»  Act I: Dialog: Ist's denn auch Wirklichkeit, was ich sah?
9.

-

**:**
»  Act I: Quintett: Hm! Hm! Hm! Hm! (Papageno, Tamino, The 3 Ladies)
10.

-

**:**
»  Act I: Dialogue
11.

-

**:**
»  Act I: Terzett: Du feines Taubchen, nur herein! (Pamina, Monostatos, Papageno)
12.

-

**:**
»  Act I: Dialog: Mutter, Mutter!
13.

-

**:**
»  Act I: Duett: Bei Mannern, welche Liebe fuhlen (Pamina, Papageno)
14.

-

**:**
»  Act I: Dialogue
15.

-

**:**
»  Act I: Finale: Zum Ziele fuhrt dich diese Bahn (Pamina, Three Boys, Tamino, Monostatos, Sarastro, Sprecher, Papageno, Chorus)
16.

-

**:**
»  Act II: Marsch der Priester
17.

-

**:**
»  Act II: Dialog: Ihr, in dem Weisheitstempel eingeweihten
18.

-

**:**
»  Act II: Arie und Chor: O Isis und Osiris (Sarastro, Chorus)
19.

-

Disc 2

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
歌劇「魔笛」 K. 620

Die Zauberflöte (The Magic Flute), K. 620

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2250894
**:**
»  Act II: Dialog: Eine schreckliche Nacht!
1.

-

**:**
»  Act II: Duett: Bewahret euch vor Weibertucken (Second Priest, Sprecher)
2.

-

**:**
»  Act II: Dialog: He, Lichter her!
3.

-

**:**
»  Act II: Quintett: Wie? Wie? Wie? (Three Ladies, Tamino, Papageno)
4.

-

**:**
»  Act II: Dialog: Jungling!
5.

-

**:**
»  Act II: Arie: Alles fuhlt der Liebe Freuden (Monostatos)
6.

-

**:**
»  Act II: Dialog: Zuruck!
7.

-

**:**
»  Act II: Aria: Der Holle Rache kocht in meinem Herzen (Queen of the night)
8.

-

**:**
»  Act II: Dialog: Morden soll ich?
9.

-

**:**
»  Act II: Arie: In diesen heil'gen Hallen (Sarastro)
10.

-

**:**
»  Act II: Dialog: Hier seid ihr euch beide allein uberlassen
11.

-

**:**
»  Act II: Terzett: Seid uns zum zweiten Mal willkommen (Three boys)
12.

-

**:**
»  Act II: Dialog: Tamino, wollen wir nicht speisen?
13.

-

**:**
»  Act II: Ach! Ich fuhl's, es ist verschwunden (Pamina)
14.

-

**:**
»  Act II: Dialog: Nicht wahr, Tamino, ich kann auch schweigen
15.

-

**:**
»  Act II: Chor der Priester: O, Isis und Osiris, welche Wonne! (Chorus, Two Priests)
16.

-

**:**
»  Act II: Dialog: Prinz, dein Betragen war bis hierher mannlich und gelassen
17.

-

**:**
»  Act II: Terzett: Soll ich dich, Teurer, nicht mehr sehn? (Pamina, Tamino, Sarastro)
18.

-

**:**
»  Act II: Dialog: Tamino! Tamino!
19.

-

**:**
»  Act II: Arie: Ein Madchen oder Weibchen wunscht Papageno sich! (Papageno)
20.

-

**:**
»  Act II: Dialog: Da bin ich schon, mein Engel!
21.

-

**:**
»  Act II: Finale: Bald prangt, den Morgen zu verkunden (Queen of the night, Pamina, Papagena, Three Boys, Three Ladies, Tamino, Monostatos, First Armed Man, Second Armed Man, Sarastro, Papageno, Chorus)
22.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: violinprince 投稿日:2016/03/19
先日、巨匠アーノンクールが亡くなった。この人は、自分がクラシックを聴き始めた、1980年代半ばころにはまだ“異才”のような扱いを音楽界で受けているような印象があり(そのころには何と言ってもカラヤン、バーンスタイン、ベームあたりが“正統”であった)、おそらく今世紀に入るあたりからきちんと評価されるようになった覚えがあるが、それでもいい意味での“異才”的な響きはずっと醸し出していて、死の直前の引退間際までその響きは変わらなかった。 あらためて彼の『魔笛』に耳を傾けてみる。オケや合唱はチューリッヒの歌劇場で、1987年の録音。今から30年近く前のものだが、その音楽の何と新鮮なことか。鋭いフレージングが随所にちりばめられ、「音楽は対話」であるという彼のポリシーを感じ取ることができる。 その一方、例えば有名なパミーナとパパゲーノの二重唱『恋の痛みを知る者は』のように、じっくりとテンポを落とし、徹底的に歌い上げるスタイルもある。このあたりのメリハリが、彼の大きな魅力なのです(これが極端すぎて、合わない人には合わないのかもしれない。それも“万人受け”の音楽づくりより個性があっていい、と感じている。)。 いつまでたっても変わらない新鮮な響き。アーノンクールがいつでもそれぞれの音楽に美の普遍性を見出し、探究を重ねた結果なのでしょう。引退のニュースも衝撃でしたが、逝去となるとあらためて彼の音楽が聴けなくなる寂しさを感じる。それでも彼の残してくれた数多くの録音を通じて、それこそ「録音」であっても音楽の美を感じることのできるその演奏を、これからじっくりと味わっていきたいと思う。その死を悼むとともに、あらためて合掌。
レビュアー: kunkun 投稿日:2016/03/22
すみません、私はアーノンクールのコントラストのつけ方が嫌いで、モーツァルトのシンフォニーなんか勘弁してほしいと思うクチなんですが、こと、魔的に関する限り、一番好きなのです。おそらく、サルミネンのザラストロ、グルベローヴァの夜の女王、ブロホヴィッツのタミーノ、ボニーのパミーナというため息が出そうなキャスティングのゆえとも思いますが、彼の激しいアクセント、フレージングはとても魅力的です。彼自身、このオペラが大好きなのかもしれません。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。