ホーム > アルバム > 8471-MCD 第14回世界吹奏楽大会 2009 - アメリカ、シンシナティ(ノース・テキサス・ウィンド・シンフォニー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8471-MCD
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
吹奏楽
作曲家
デイヴィッド・サンプソン David Sampson , フランク・ティケリ Frank Ticheli , スティーヴン・ブライアント Steven Bryant , パーシー・フレッチャー Percy Fletcher , スコット・マカリスター Scott McAllister , ブルース・ユアコ Bruce Yurko
編曲者
ブラント・カーリック Brant Karrick
アーティスト
ミグリアロ・ユージーン・コーポロン Eugene Migliaro Corporon , ノース・テキサス・ウィンド・シンフォニー North Texas Wind Symphony , デニス・フィッシャー Dennis Fisher

第14回世界吹奏楽大会 2009 - アメリカ、シンシナティ(ノース・テキサス・ウィンド・シンフォニー)

2009 WASBE Cincinnati, USA: North Texas Wind Symphony

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8471-MCD

全トラック選択/解除

フランク・ティケリ - Frank Ticheli (1958-)

**:**
ワイルド・ナイツ!
1.

Wild Nights!

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1049183

ブルース・ユアコ - Bruce Yurko (1951-)

**:**
中世変奏曲

Medieval Variations

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1055204
**:**
»  Theme and Variation 1
2.

-

**:**
»  Variation 2: Andante mesto
3.

-

**:**
»  Variation 3: Andante tranquillo
4.

-

**:**
»  Variation 4: Vivace
5.

-

**:**
»  Variation 5: Alla marcia
6.

-

**:**
»  Variation 6: Misterioso
7.

-

スティーヴン・ブライアント - Steven Bryant (1972-)

**:**
エクスタティック・ウォーターズ

Ecstatic Waters

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1055205
**:**
»  I. Ceremony of Innocence
8.

-

**:**
»  II. Augurs
9.

-

**:**
»  III. The Generous Wrath of Simple Men
10.

-

**:**
»  IV. The Loving Machinery of Justice
11.

-

**:**
»  V. Spiritus Mundi (epilogue)
12.

-

デイヴィッド・サンプソン - David Sampson (1951-)

**:**
アウトバースト
13.

Outburst

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1055206

スコット・マカリスター - Scott McAllister (1969-)

**:**
ポップコピー

Popcopy

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1055207
**:**
»  I. More Cowbell
14.

-

**:**
»  II. One Time at Band Camp
15.

-

**:**
»  III. Serenity Now
16.

-

パーシー・フレッチャー - Percy Fletcher (1879-1932)

**:**
ヴァニティ・フェア(編曲:B. カーリック)
17.

Vanity Fair (arr. B. Karrick)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1055208
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: tanukawa 投稿日:2011/06/16
時に吹奏楽の演奏は訓練の成果的な演奏が多くなりがちで、指揮者があんまり「仕事してないなあ」と思わせる事が少なからずあります。このコーポロンという指揮者(ここでの解説によるとDr.)はどの演奏でも安心して聴くことに身を委ねることの出来るいい仕事をしていますね。ここでも手兵のノーステキサスウィンドを率いての世界吹奏楽大会で非常に求心力のある完成度の高い演奏を聴かせてくれています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。