ホーム > アルバム > 9.80370 ヴォーン・ウィリアムズ:交響曲第3番 「田園交響曲」(ロンドン・フィル/ボールト)(1952)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
9.80370
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ Ralph Vaughan Williams
アーティスト
エイドリアン・ボールト Adrian Boult , ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 London Philharmonic Orchestra

ヴォーン・ウィリアムズ:交響曲第3番 「田園交響曲」(ロンドン・フィル/ボールト)(1952)

VAUGHAN WILLIAMS, R.: Symphony No. 3, "Pastoral Symphony" (Boult) (1952)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/9.80370

全トラック選択/解除

レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ - Ralph Vaughan Williams (1872-1958)

**:**
交響曲第3番 「田園交響曲」

Symphony No. 3, "Pastoral Symphony"

録音: 12-13 December 1952, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/231919
**:**
»  I. Molto moderato - Poco tranquillo - Tempo I - Largamente - Tempo I
1.

-

**:**
»  II. Lento moderato - Poco tranquillo, tempo rubato - Tempo I
2.

-

**:**
»  III. Moderato pesante - Poco animato - A tempo - Presto
3.

-

**:**
»  IV. Lento - Moderato maestoso - Animato - Poco più lento - Tempo I
4.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 2 カルロス 投稿日:2012/01/26
ヴォーン・ウィリアムズの4篇の標題音楽の一つでイギリスの牧歌的な田園風景を心象的に綴った第3番は1921年に完成し翌年の1922/1/26ロンドンでエイドリアン・ボールトの指揮、ロンドン・フィルで初演されました。ボールトは1889年イギリスのチェスター出身で1937年にナイトに叙せられました。1950年から57年まで首席指揮者を務めたロンドン・フィルとの1952年の録音盤でどうぞ。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。