ホーム > アルバム > 900017 ブルックナー:ミサ曲第3番(マシューズ/カーギル/アルジャユレク/トロフィモフ/バイエルン放送合唱団&交響楽団/ヤンソンス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
900017
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
アントン・ブルックナー Anton Bruckner
作詞家
ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
イルケル・アルジャユレク Ilker Arcayürek , カレン・カーギル Karen Cargill , スタニスラフ・トロフィモフ Stanislav Trofimov , バイエルン放送合唱団 Bavarian Radio Chorus , バイエルン放送交響楽団 Bavarian Radio Symphony Orchestra , サリー・マシューズ Sally Matthews , マリス・ヤンソンス Mariss Jansons

ブルックナー:ミサ曲第3番(マシューズ/カーギル/アルジャユレク/トロフィモフ/バイエルン放送合唱団&交響楽団/ヤンソンス)

BRUCKNER, A.: Mass No. 3 (S. Matthews, K. Cargill, Arcayürek, Trofimov, Bavarian Radio Chorus and Symphony, M. Jansons)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/900017

全トラック選択/解除

アントン・ブルックナー - Anton Bruckner (1824-1896)

**:**
ミサ曲第3番 ヘ短調 WAB 28

Mass No. 3 in F Minor, WAB 28

録音: 21-25 January 2019, Herkulessaal der Residenz, München, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8987143
**:**
»  Kyrie
1.

-

**:**
»  Gloria
2.

-

**:**
»  Credo
3.

-

**:**
»  Sanctus
4.

-

**:**
»  Benedictus
5.

-

**:**
»  Agnus Dei
6.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2024/03/01
ヤンソンスが亡くなる10カ月前のライヴ録音。ブルックナーが創作の軸足を教会音楽から交響曲へと移し始めた時期の作品で、厚みのある管弦楽は随所で交響曲を先取りしているかのように響き、合唱と相俟って音響的にも音楽表現的にも極めてダイナミックな世界を築き上げています。大規模な編成の作品を隅々まで研究し、圧倒的な求心力と統率力を見せていたヤンソンスだけに、ここでの演奏は衰えなど感じさせない見事なもの。とりわけCredoでの畳みかけるようなフーガの処理や、悠然と歌われるBenedictusの美しさはヤンソンスらしい表現と言えるでしょう。※『マリス・ヤンソンス・エディション』BOX … 900200からの分売

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。