ホーム > アルバム > 900185 ショスタコーヴィチ:交響曲第10番(バイエルン放送響/ヤンソンス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
900185
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ドミートリー・ショスタコーヴィチ Dmitry Shostakovich
アーティスト
バイエルン放送交響楽団 Bavarian Radio Symphony Orchestra , マリス・ヤンソンス Mariss Jansons

ショスタコーヴィチ:交響曲第10番(バイエルン放送響/ヤンソンス)

SHOSTAKOVICH, D.: Symphony No. 10 (Bavarian Radio Symphony, Jansons)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/900185

全トラック選択/解除

ドミートリー・ショスタコーヴィチ - Dmitry Shostakovich (1906-1975)

**:**
交響曲第10番 ホ短調 Op. 93

Symphony No. 10 in E Minor, Op. 93

録音: 4 March 2010, Herkulessaal der Residenz, München, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7415645
**:**
»  I. Moderato
1.

-

**:**
»  II. Allegro
2.

-

**:**
»  III. Allegretto
3.

-

**:**
»  IV. Andante - Allegro
4.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/09/01
「交響曲第7番」(900184)に続くマリス・ヤンソンスとバイエルン放送交響楽団によるショスタコーヴィチの交響曲リリース、今作は2010年にライヴ収録された「交響曲第10番」です。1948年に完成された「交響曲第9番」での軽妙な作風が元で「ジダーノフ批判」を受けたショスタコーヴィチ、スターリンとの関係を慮ってか、交響曲第10番を発表したのはスターリンの没後である1953年、前作から8年を経過してのことでした。1953年に一気に書き上げたという説もあるものの、ショスタコーヴィチ自身を示す「DSCH音形」が多用されていたり、他の作品と同じ旋律が現れたりするため、やはり完成が棚上げされていたのではと考えられています。様々な解釈が可能な交響曲ですが、ヤンソンスは、ショスタコーヴィチを「真面目で誠実な作曲家の一人」とみなしており、この作品においても、実在する人間の感情と暗黒政治へのトラウマをストレートに表現しています。オーケストラの機動力をフルに用いたパワフルな演奏もヤンソンスならではの聴きどころです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。