ホーム > アルバム > 900188 スーク:アスラエル交響曲(バイエルン放送響/フルシャ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
900188
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ヨゼフ・スーク Josef Suk
アーティスト
バイエルン放送交響楽団 Bavarian Radio Symphony Orchestra , ヤクブ・フルシャ Jakub Hrůša

スーク:アスラエル交響曲(バイエルン放送響/フルシャ)

SUK, J.: Asrael (Bavarian Radio Symphony, Hrůša)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/900188

全トラック選択/解除

ヨゼフ・スーク - Josef Suk (1874-1935)

**:**
アスラエル交響曲 Op. 27

Asrael, Op. 27

録音: 18-20 October 2018, Philharmonie im Gasteig, München
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7656670
**:**
»  Part I: I. Andante sostenuto - Andante con moto e resoluto - Più pesante e maestoso -
1.

-

**:**
»  Part I: II. Andante -
2.

-

**:**
»  Part I: III. Vivace - Andante sostenuto - Appassionato - Maestoso
3.

-

**:**
»  Part II: IV. Adagio
4.

-

**:**
»  Part II: V. Adagio e maestoso - Allegro appassionato - Adagio e maestoso - Andante maestoso - Adagio e mesto
5.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2020/01/01
チェコの気鋭指揮者ヤクブ・フルシャが振る、ヨーゼフ・スークの代表作「アスラエル」!ドヴォルザークの娘婿で、才能ある弟子でもあった作曲家ヨーゼフ・スーク。彼は義父ドヴォルザークやブラームスの作風を継承しながら、後期ロマン派特有の半音階的な和声を作品に導入し、個性的で複雑な様式を生み出した人として評価されています。この交響曲「アスラエル」は1906年に完成されたスーク2番目の交響曲で、作曲の動機となったのは、1904年、彼が敬愛していた義父ドヴォルザークがこの世を去った上、その翌年には最愛の妻オティリエも亡くすという悲劇でした。しかし、彼はその悲しみを克服するためにこの交響曲「アスラエル」(死を司る天使の名)を作曲、自身の心境を描き出したこの交響曲は彼の代表作の一つになりました。演奏機会は少なかったものの、最近、録音や演奏会が続き、この悲しくも美しい作品が多くの人に知られるようになりました。作品全体は大きく2つに分かれており、悲痛な叫びで始まる第1楽章、やるせない気持ちを慰めるかのような第2楽章、嘲笑的な第3楽章までが第1部。ティオリエへの追悼である美しい第4楽章を経て、終楽章では苦しみを乗り越えた彼の姿が描かれています。スークの同郷である指揮者ヤクブ・フルシャはこの作品を最も得意としており、プラハ芸術アカデミーの卒業コンサートの演目でもこの曲を選択したほど。作品を完全に掌握した上で愛情と共感に満ちた表現を施した演奏は、スークの想いを聴き手に届けるにふさわしい風格を有しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。