ホーム > アルバム > 900526 ドヴォルザーク:スターバト・マーテル(1876年原典版)(クライター/ロンベルガー/コルチャク/ナズミ/バイエルン放送合唱団/ドレイク/アルマン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
900526
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
アントニン・ドヴォルザーク Antonín Dvořák
作詞家
ヤコポーネ・ダ・トーデ Jacopone da Todi
アーティスト
ハワード・アーマン Howard Arman , ユリア・クライター Julia Kleiter , ドミートリー・コルチャク Dmitry Korchak , ジュリアス・ドレイク Julius Drake , タレク・ナズミ Tareq Nazmi , バイエルン放送合唱団 Bavarian Radio Chorus , ゲルヒルト・ロンベルガー Gerhild Romberger

ドヴォルザーク:スターバト・マーテル(1876年原典版)(クライター/ロンベルガー/コルチャク/ナズミ/バイエルン放送合唱団/ドレイク/アルマン)

DVOŘÁK, A.: Stabat Mater (original 1876 version) (Kleiter, Romberger, Korchak, Nazmi, Bavarian Radio Chorus, Drake, Arman)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/900526

全トラック選択/解除

アントニン・ドヴォルザーク - Antonín Dvořák (1841-1904)

**:**
スターバト・マーテル Op. 58, B. 71 (1876年原典版)

Stabat Mater, Op. 58, B. 71 (original 1876 version)

録音: 1-2 March 2019, Prinzregententheater, München
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7367185
**:**
»  Stabat mater dolorosa
1.

-

**:**
»  Quis est homo, qui non fleret
2.

-

**:**
»  Eja, mater, fons amoris
3.

-

**:**
»  Fac, ut ardeat cor meum
4.

-

**:**
»  Fac, ut portem Christi mortem
5.

-

**:**
»  Inflammatus et accensus
6.

-

**:**
»  Quando corpus morietur
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/08/01
1876年、35歳のドヴォルザークは公私ともに充実した時期を迎えていました。プラハ楽壇で作品が認められ活躍の場が広がるとともに、1873年にアンナ・チェルマーコヴァーと結婚。その翌年に長男が誕生。奨学金を授与されるなど順風満帆の人生が待っていると思われたのですが、その矢先、長女を失うという悲しい出来事に見舞われます。ドヴォルザークは悲しみの内に「スターバト・マーテル」の作曲に取り掛かり、スケッチを一旦仕上げます。しかし完成させるまでの間に、彼はまた2人の子供を失い、その悲しみを振り払うかのように1877年に全曲を完成させました。この曲は通常、1877年完成版のオーケストラ伴奏のヴァージョンが知られており、スケッチである「ピアノ伴奏版」はほとんど演奏されることがありません。全曲は7曲のみ。第5曲となる「わがためにかく傷つけられ (Tui nati)」、第6曲「我にも汝とともに涙を流させ (Fac me vere tecum)、第7曲「処女のうちもっとも輝ける処女 (Virgo virginum)」は含まれておらず、簡素なつくりとなっています。しかし、ドヴォルザークの真摯な思いが強く反映された美しく素朴な仕上がりであり、アーマン指揮のバイエルン放送合唱団は清冽な歌声で、哀しみと祈りの心を歌い上げています。コンサート時のあまりの評判の良さにこのリリースが決定されたものです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。