ホーム > アルバム > 900717 ブラームス:交響曲第4番/ハイドン:交響曲第101番「時計」(バイエルン放送響/クレンペラー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
900717
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
フランツ・ヨーゼフ・ハイドン Franz Joseph Haydn , ヨハネス・ブラームス Johannes Brahms
アーティスト
オットー・クレンペラー Otto Klemperer , バイエルン放送交響楽団 Bavarian Radio Symphony Orchestra

ブラームス:交響曲第4番/ハイドン:交響曲第101番「時計」(バイエルン放送響/クレンペラー)

BRAHMS, J.: Symphony No. 4 / HAYDN, J.: Symphony No. 101, "The Clock" (Bavarian Radio Symphony, Klemperer)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/900717

全トラック選択/解除

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン - Franz Joseph Haydn (1732-1809)

**:**
交響曲第101番 ニ長調 「時計」 Hob.I:101

Symphony No. 101 in D Major, Hob.I:101, "The Clock"

録音: 18 and 19 October 1956, Herkulessaal, München, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7252360
**:**
»  I. Adagio - Presto
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Menuett: Allegro
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Vivace
4.

-

ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)

**:**
交響曲第4番 ホ短調 Op. 98

Symphony No. 4 in E Minor, Op. 98

録音: 26 and 27 September 1957, Herkulessaal, München, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7252361
**:**
»  I. Allegro non troppo
5.

-

**:**
»  II. Andante moderato
6.

-

**:**
»  III. Allegro giocoso - Poco meno presto
7.

-

**:**
»  IV. Allegro energico e passionato - Più allegro
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/06/01
クレンペラー、円熟の解釈による希代の名演!20世紀を代表する名指揮者の一人、オットー・クレンペラー(1885-1973)。古典派からロマン派、近現代作品まで幅広いレパートリーを持つとともに、数々のユニークなエピソードで知られる人物です。バイエルン放送交響楽団とは(ヨッフムの招聘により)1956年4月に初共演を果たしたクレンペラー、この「70歳でのデビュー」は大きな話題となり、以降1969年5月までミュンヘンで合計11回のコンサートを行うことになりました。健康状態の悪化に苦しみながらも一連の素晴らしい演奏を披露したクレンペラー、この1956年と1957年のライヴからも、熱気あふれるハイドンと、重厚で一音一音に魂を込めるかのような感情の起伏が激しいブラームスを楽しめます。ブラームスはOrfeo C201891DRと同音源です。今回はバイエルン放送が所有するオリジナル音源がどのような音質で復刻されているのか興味深いところです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。