ホーム > アルバム > 900917 モーツァルト:ミサ曲第18番「大ミサ曲」(C. ケンメによる復元版)(ランツハーマー/フォンドゥンク/ダヴィスリム/ベルント/アーマン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
900917
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
スポークン・ドキュメンタリー, 合唱曲(宗教曲)
作曲家
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
作詞家
ミサ典礼文 Mass Text
編曲者
クレメンス・ケンメ Clemens Kemme
アーティスト
ハワード・アーマン Howard Arman , ハンス・ユルゲン・シュトッカール Hans Jürgen Stockerl , カーチャ・シルト Katja Schild , スティーヴ・ダヴィスリム Steve Davislim , バイエルン放送合唱団 Bavarian Radio Chorus , クリスティアン・バウマン Christian Baumann , ノルマン・ハッカー Norman Hacker , フランツィスカ・バル Franziska Ball , アンケ・フォンドゥンク Anke Vondung , ベルリン古楽アカデミー Berlin Akademie für Alte Musik , トビアス・ベルント Tobias Berndt , クリスティーナ・ランツハーマー Christina Landshamer

モーツァルト:ミサ曲第18番「大ミサ曲」(C. ケンメによる復元版)(ランツハーマー/フォンドゥンク/ダヴィスリム/ベルント/アーマン)

MOZART, W.A.: Mass No. 18, "Great" (reconstructed by C. Kemme) (with introduction) (Landshamer, Vondung, Davislim, Berndt, Arman)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/900917

全トラック選択/解除

Disc 1

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
ミサ曲第18番 ハ短調 「大ミサ曲」 K. 427 (C. ケンメによる復元版)

Mass No. 18 in C Minor, K. 427, "Great" (reconstructed by C. Kemme)

録音: 13-14 April 2018, Prinzregententheater, Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6855675
**:**
»  Kyrie (Chorus, Soprano)
1.

-

**:**
»  Gloria: Gloria (Chorus)
2.

-

**:**
»  Gloria: Laudamus te (Mezzo soprano)
3.

-

**:**
»  Gloria: Gratias (Chorus)
4.

-

**:**
»  Gloria: Domine (Soprano, Mezzo-soprano)
5.

-

**:**
»  Gloria: Qui tollis (Chorus)
6.

-

**:**
»  Gloria: Quoniam (Soprano, Mezzo-soprano, Tenor)
7.

-

**:**
»  Gloria: Jesu Christe - Cum Santo Spiritu (Chorus)
8.

-

**:**
»  Credo: Credo in unum Deum (Chorus)
9.

-

**:**
»  Credo: Et incarnatus est (Soprano)
10.

-

**:**
»  Sanctus (Chorus)
11.

-

**:**
»  Benedictus (Soprano, Mezzo-soprano, Tenor, Baritone, Chorus)
12.

-

Disc 2

 

**:**
音楽への道 - ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト:ミサ曲 ハ短調

Wege zur Musik - Wolfgang Amadeus Mozart: C-Moll-Messe

録音: 30 July - 2 August 2018, Studio 9, Bayerische Rundfunk, Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6860064
**:**
»  Teil 1, "Der herrliche Torso": Junger Ehemann und werdender Vater
1.

-

**:**
»  Teil 1, "Der herrliche Torso": Die Votivgabe
2.

-

**:**
»  Teil 1, "Der herrliche Torso": Lücken und Fragmente
3.

-

**:**
»  Teil 1, "Der herrliche Torso": Ein tugendhaftes und gefälliges Weib
4.

-

**:**
»  Teil 1, "Der herrliche Torso": Was ist Aufklärung?
5.

-

**:**
»  Teil 2, "Mozart auf Freiersfüßen": Emanzipation, Erfolg und Neuanfang
6.

-

**:**
»  Teil 2, "Mozart auf Freiersfüßen": Liebe und Fugen
7.

-

**:**
»  Teil 2, "Mozart auf Freiersfüßen": Nichts als Händel und Bach
8.

-

**:**
»  Teil 2, "Mozart auf Freiersfüßen": Freundschaften und Opernpläne
9.

-

**:**
»  Teil 2, "Mozart auf Freiersfüßen": Arien und Familienkonflikte
10.

-

**:**
»  Teil 3, "Salzburg und die Nachwelt": Salzburger Tragödie
11.

-

**:**
»  Teil 3, "Salzburg und die Nachwelt": Erstaufführung zu Sankt Peter
12.

-

**:**
»  Teil 3, "Salzburg und die Nachwelt": Parodie im Burgtheater
13.

-

**:**
»  Teil 3, "Salzburg und die Nachwelt": Frau Witwe Mozart
14.

-

**:**
»  Teil 3, "Salzburg und die Nachwelt": … gleich einer Reliquie
15.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/09/01
1782年に作曲されたモーツァルト16番目のミサ曲は、彼の作品の中では珍しく、誰かから依頼を受けたわけではなく、モーツァルトが自発的に作曲した作品です。当時、モーツァルトはコンスタンツェと結婚したばかりでしたが、彼の父レオポルトは結婚を認めていなかったため「コンスタンツェが優れたソプラノ歌手であることを証明したい=父に結婚の許可をもらう」ことを目的に作品を書いたとされています(CD2には作品の成立経緯がドイツ語の物語として収録されています)。しかし、作品は未完で終わっており、完全な姿で残存しているのは「キリエ」「グローリア」「サンクトゥス」「ベネディクトゥス」のみ。他は一部のみ、もしくは完全に欠落しているため、これまでにもさまざまな研究による補筆が行われ、演奏、録音されてきました。この録音は音楽学者クレメンス・ケンメが2018年春に行った補筆版を用いており、最新の研究結果が反映された興味深い音楽を聴くことができます。ロンドン出身のハワード・アーマンは2017年からバイエルン放送合唱団の監督を務めており、バッハやヘンデルなど次々と素晴らしい演奏を披露する指揮者。ここではベルリン古楽アカデミーを自在に操り、流麗なモーツァルトを聴かせます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。