ホーム > アルバム > 999190-2 ペッテション:交響曲第7番(ハンブルク州立フィル/アルブレヒト)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
999190-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
アラン・ペッテション Allan Pettersson
アーティスト
ゲルト・アルブレヒト Gerd Albrecht , ハンブルク州立フィルハーモニー管弦楽団 Hamburg Philharmonic State Orchestra

ペッテション:交響曲第7番(ハンブルク州立フィル/アルブレヒト)

PETTERSSON, A.: Symphony No. 7 (Hamburg State Philharmonic, Albrecht)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/999190-2

全トラック選択/解除

アラン・ペッテション - Allan Pettersson (1911-1980)

**:**
交響曲第7番
1.

Symphony No. 7

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/780514
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
この曲は初演当時から高い評価を勝ち得たペッテションの代表的作品です。第6交響曲では「傷ついた心の哀しみ」程度だったのが、ここではすでに「心を蝕むような肉体の苦しみ」の境地にまで作曲者の魂が追いつめられている感すらします。実際、彼はペンも持てぬほどの強度の関節炎に苦しめられていました。ペッテションの交響曲は、悲しみを自覚するしか道はないと説き、予定調和的な救いは皆無です。覚悟して聴いて下さい。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。