ホーム > アルバム > 999236-2 クシェネク:交響曲第3番/ポプリ(ハノーヴァー放送フィル/浮ヶ谷孝夫)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
999236-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
エルンスト・クシェネク Ernst Krenek
アーティスト
浮ヶ谷孝夫 Takao Ukigaya , ハノーヴァー放送フィルハーモニー管弦楽団 Hannover Radio Philharmonic Orchestra

クシェネク:交響曲第3番/ポプリ(ハノーヴァー放送フィル/浮ヶ谷孝夫)

KRENEK, E.: Symphony No. 3 / Potpourri (Hannover Radio Philharmonic, Takao Ukigaya)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/999236-2

全トラック選択/解除

エルンスト・クシェネク - Ernst Krenek (1900-1991)

**:**
交響曲第3番 Op. 16

Symphony No. 3, Op. 16

録音: 17-19 May 1993 and 30 August - 01 September 1993
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3078834
**:**
»  I. Andante sostenuto - Allegro deciso
1.

-

**:**
»  II. Adagio molto
2.

-

**:**
»  III. Allegretto comodo
3.

-

 
**:**
ポプリ Op. 54
4.

Potpourri, Op. 54

録音: 17-19 May 1993 and 30 August - 01 September 1993
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3078835
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
「絶対音楽の鬼」クルシェネクが20代前半に書き上げた3曲の交響曲のラストです。「第2番」が巨大で挑戦的で激烈(今の耳ではそうでもない)な性格だったのに比較して対照的な性格を有する曲として意図されたものです。確かに、透明感のある曲想といい、やや軽めのオーケストレーションといい、軽妙で抒情的な雰囲気があります。彼は若い頃、マーラーを交響曲作曲の手本と仰ぎ、その伝統を継承せんと考えていたようで、確かに第2番にもこの曲にもその陰が見え隠れします。ただしマーラーの音楽の最大の特徴である世紀末的「煩悩」は殆どなく、陳腐な表現で言えば「不安の時代」の雰囲気が投影されている気がします。「不安の世紀?揺れ動く世界情勢」なんつうTV番組の音楽に最適!さて「ポプリ」はその名の如く多用な作曲スタイルを示す作品ですが、どうせならスチャラカな「世界音楽博覧会」にして欲しかった!「鬼」の気休めと思って下さい。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。