ホーム > アルバム > 999264-2 ブゾーニ:弦楽四重奏曲第1番、第2番(ペッレグリーニ四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
999264-2
CD発売時期
1994年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
フェルッチョ・ブゾーニ Ferruccio Busoni
アーティスト
ペッレグリーニ四重奏団 Pellegrini Quartet

ブゾーニ:弦楽四重奏曲第1番、第2番(ペッレグリーニ四重奏団)

BUSONI: String Quartets No. 1 and 2

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/999264-2

全トラック選択/解除

フェルッチョ・ブゾーニ - Ferruccio Busoni (1866-1924)

**:**
弦楽四重奏曲第1番 ハ長調 Op. 19

String Quartet No. 1 in C Major, Op. 19

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/140937
**:**
»  I. Allegro moderato, patetico
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Menuetto
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Andante con moto, all marcia
4.

-

 
**:**
弦楽四重奏曲第2番 ニ短調 Op. 26

String Quartet No. 2 in D Minor, Op. 26

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/140938
**:**
»  I. Allegro energico
5.

-

**:**
»  II. Andante con moto
6.

-

**:**
»  III. Vivace assai
7.

-

**:**
»  IV. Andantino - Allegro con brio
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ブゾーニの2つの弦楽四重奏曲は、いずれも青年時代の作品です。ただ、ブゾーニは非常に早熟で、10代半ばから堂々たるロマン派作品を書いていた為、この2曲も「若書き」という感じはしません。特に第1番は、19世紀半ばに書かれた弦楽四重奏曲として聴けば、結構な傑作ではないかと思えてきます。第2番も基本的には似た感じの曲ですが、時折、アレアレという不思議な半音階的ズレを描く事があり、後年の作品に繋がる要素が見え隠れして来ています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。