ホーム > アルバム > 999271-2 ヴォルフ=フェラーリ:ヴァイオリン協奏曲/セレナード(ヘルシャー/フランクフルト放送響/フランシス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
999271-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
エルマンノ・ヴォルフ=フェラーリ Ermanno Wolf-Ferrari
アーティスト
フランクフルト放送交響楽団 Frankfurt Radio Symphony Orchestra , アラン・フランシス Alun Francis , ウルフ・ヘルシャー Ulf Hoelscher

ヴォルフ=フェラーリ:ヴァイオリン協奏曲/セレナード(ヘルシャー/フランクフルト放送響/フランシス)

WOLF-FERRARI, E.: Violin Concerto / Serenade (Hoelscher, Frankfurt Radio Symphony, Francis)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/999271-2

全トラック選択/解除

エルマンノ・ヴォルフ=フェラーリ - Ermanno Wolf-Ferrari (1876-1948)

**:**
ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op. 26

Violin Concerto in D Major, Op. 26

録音: September 1994, Sendesaal des Hessischen Rundfunks, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/780527
**:**
»  I. Fantasia
1.

-

**:**
»  II. Romanza
2.

-

**:**
»  III. Improvviso
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Rondo
4.

-

 
**:**
セレナード 変ホ長調

Serenade in E-Flat Major

録音: September 1994, Sendesaal des Hessischen Rundfunks, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/780528
**:**
»  I. Allegro
5.

-

**:**
»  II. Andante
6.

-

**:**
»  III. Scherzo
7.

-

**:**
»  IV. Finale
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: Tossy 投稿日:2021/08/02
ヴォルフ=フェラーリの弦楽セレナードが大好きで、これまでレーグナーの演奏をプレイリストに入れて時折楽しんでいましたが、配信停止になり、替わりになる演奏を探していました。ようやく、このフランシスが指揮したものにたどり着き、満足しているところです。フランクフルトの放送オケの弦楽セクションは上手いし、作曲者生来のイタリアの歌心とドイツの様式感の融合が十二分に表現されています。第1楽章の演奏時間が長めで、ゆったりした演奏を想像したのですが、実際は提示部反復が原因でした。これによって、曲の構造がより鮮明になり、私の曲への理解度が深まったように思います。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。