ホーム > アルバム > 999323-2 シュルホフ:オゲラーラ/ゴールドシュミット:ギリシア組曲/「思い違い喜劇」序曲(ラインランド=プファルツ州立フィル/ユロフスキ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
999323-2
CD発売時期
1995年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, バレエ
作曲家
ベルトルト・ゴルトシュミット Berthold Goldschmidt , エルヴィン・シュルホフ Erwin Schulhoff
アーティスト
ベアーテ・ビランジヤ Beate Bilandzija , ミハイル・ユロフスキ Michail Jurowski , ラインランド=プファルツ州立フィルハーモニー管弦楽団 Rheinland-Pfalz State Philharmonic Orchestra

シュルホフ:オゲラーラ/ゴールドシュミット:ギリシア組曲/「思い違い喜劇」序曲(ラインランド=プファルツ州立フィル/ユロフスキ)

SCHULHOFF: Ogelala / GOLDSCHMIDT: Greek Suite / Comedy of Errors Overture

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/999323-2

全トラック選択/解除

ベルトルト・ゴルトシュミット - Berthold Goldschmidt (1903-1996)

**:**
「思い違い喜劇」序曲 Op. 6
1.

Komodie der Irrungen Overture (The Comedy of Errors Overture), Op. 6

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/141274
 
**:**
ギリシャ組曲

Greek Suite

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/141275
**:**
»  I. Alla Marcia
2.

-

**:**
»  II. Andante
3.

-

**:**
»  III. Allegretto scherzando
4.

-

**:**
»  III. Allegro marziale
5.

-

**:**
»  V. Allegretto grazioso
6.

-

**:**
»  VI. Lento
7.

-

**:**
»  VII. Allegretto
8.

-

**:**
»  VIII. Allegro moderato
9.

-

エルヴィン・シュルホフ - Erwin Schulhoff (1894-1942)

**:**
オゲラーラ

Ogelala

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/141277
**:**
»  I. Kampf
10.

-

**:**
»  II. In Fesseln
11.

-

**:**
»  III. Im Pueblo Konig Ivas
12.

-

**:**
»  IV. Fesseltanz
13.

-

**:**
»  V. Pantomime - Das Urteil
14.

-

**:**
»  VI. Schadeltanz
15.

-

**:**
»  VI. Das Leid Ivalas
16.

-

**:**
»  VIII. Ivalas Tanz
17.

-

**:**
»  IX. Siegestanz
18.

-

**:**
»  X. Liebestanz
19.

-

**:**
»  XI. Sexualtanz
20.

-

**:**
»  XII. Waffentanz
21.

-

**:**
»  XIII. Opfertanz
22.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/06/01
ゴルトシュミットとシュルホフは、共にナチス・ドイツに翻弄されたユダヤ人作曲家。ゴルトシュミットは1935年にドイツからイギリスに亡命、幸いにも生き延びることができましたが、シュルホフは強制収容所で生涯を終えています。ゴルトシュミットの「ギリシャ組曲」は亡命中の作品で、イタリアのギリシャ侵攻を機にギリシャへの応援歌として書かれた作品で、全編ギリシャ民謡が使われており、明快な作風が用いられ、調性もあります。かたやシュルホフの「オゲラーラ」は、古代メキシコをテーマにしたバレエ曲。「春の祭典」を思わせる強烈な色彩と神秘的な雰囲気を持つため、初演は失敗したものの、現在ではシュルホフの傑作とされています。※ 再発売盤…JAN、価格変更(品番変更なし)

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。