ホーム > アルバム > 999565-2 アッテルベリ:交響曲第2番、第5番「葬送交響曲」(フランクフルト放送響/ラシライネン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
999565-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
クルト・アッテルベリ Kurt Atterberg
アーティスト
フランクフルト放送交響楽団 Frankfurt Radio Symphony Orchestra , アリ・ラシライネン Ari Rasilainen

アッテルベリ:交響曲第2番、第5番「葬送交響曲」(フランクフルト放送響/ラシライネン)

ATTERBERG, K: Symphonies Nos. 2 and 5 (Frankfurt Radio Symphony, Rasilainen)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/999565-2

全トラック選択/解除

クルト・アッテルベリ - Kurt Atterberg (1887-1974)

**:**
交響曲第2番 ヘ長調 Op. 6

Symphony No. 2 in F Major, Op. 6

録音: 6-11 March 2000, Sandesaal des hessischen Rundfunks, Germany Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3122818
**:**
»  I. Allegro con moto - Maestoso - Largamente
1.

-

**:**
»  II. Adagio - Presto - Adagio - Presto - Adagio
2.

-

**:**
»  III. Allegro con fuoco - Tranquillo - Adagio - Tempo I - Maestoso
3.

-

 
**:**
交響曲第5番 「葬送交響曲」 Op. 20

Symphony No. 5, Op. 20, "Sinfonia funebre"

録音: 6-11 March 2000, Sandesaal des hessischen Rundfunks, Germany Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3122819
**:**
»  I. [Untitled]
4.

-

**:**
»  II. —
5.

-

**:**
»  III. —
6.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
交響曲第2番はまさに「田園交響曲」と呼びたくなるような第1楽章で始まります。第2楽章は北欧の夜明けを思わせる清澄さと荘厳さが漂い、感動的に盛り上がっていきます。この交響曲はもともと2楽章構成で構想されていたもので、第2楽章は全曲の中核を成しています。後に作曲された第3楽章は民族的な要素の強い精力的な音楽で、先行楽章との統一感にはやや欠けますが、全曲を壮大に締めくくります。第5番は「誰もが自分の愛するものを殺す」というおっかないモットーに基づいた曲で、深く胸を打つ哀歌のような第2楽章と、「死の舞踏」のような不気味なワルツの第3楽章(終楽章)後半が聴きものです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。