ホーム > アルバム > 999682-2 シェンク:ヴィオラ・ダ・ガンバ作品集

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
999682-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
ヨハネス・シェンク Johannes Schenck
アーティスト
ソフィー・ヴァティヨン Sophie Watillon , ウォルフガング・ツェラー Wolfgang Zerer , ロレンツ・ドゥフトシュミット Lorenz Duftschmid , ロルフ・リズレヴァン Rolf Lislevand

シェンク:ヴィオラ・ダ・ガンバ作品集

SCHENK: Works for Viola da Gamba

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/999682-2

全トラック選択/解除

ヨハネス・シェンク - Johannes Schenck (1660-1712)

**:**
ライン川のニンフ Op. 8 - 組曲 ト短調

Le nymphe di Rheno, Op. 8: Suite in G Minor

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/142536
**:**
»  I. Adagio
1.

-

**:**
»  II. Allegro - Adagio
2.

-

**:**
»  III. Allamanda: [Largo]
3.

-

**:**
»  IV. Corrente
4.

-

**:**
»  V. Sarabanda: [Adagio]
5.

-

**:**
»  VI. Giga
6.

-

 
**:**
ソロイ短調

Solo in A Minor

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/142546
**:**
»  I. Adagio - Allegro
7.

-

**:**
»  II. Largo pizzicato - Largo coll'arco
8.

-

**:**
»  III. Sarabanda
9.

-

**:**
»  IV. Giga
10.

-

**:**
»  V. Menuet
11.

-

 
**:**
音楽の戯れ Op. 6 - シャコンヌ ト長調
12.

Scherzi musicali, Op. 6: Chaconne in G Major

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/142542
 
**:**
パルティータ ニ短調

Partita in D Minor

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/142555
**:**
»  I. Adagio
13.

-

**:**
»  II. Allegro
14.

-

**:**
»  III. Allemand
15.

-

**:**
»  IV. Courant
16.

-

**:**
»  V. Tempo di Gavotta
17.

-

**:**
»  VI. Aria Burlesca
18.

-

**:**
»  VII. Menuet
19.

-

 
**:**
ドナウ川のこだま Op. 9 - ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ第1番 ニ長調

L'echo du Danube, Op. 9: Viola da Gamba Sonata No. 1 in D Major

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/142549
**:**
»  I. Vivace - Adagio
20.

-

**:**
»  II. Vivace
21.

-

**:**
»  III. Adagio e Tremulo
22.

-

**:**
»  IV. Aria: Largo
23.

-

**:**
»  V. Allegro - Prestissimo
24.

-

**:**
»  VI. Adagio
25.

-

**:**
»  VII. Allegro
26.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
はっきり申し上げて、めちゃくちゃ【良い】盤です。「ソロ イ短調」と「組曲 ニ短調」の2つの無伴奏作品などは、バッハの無伴奏チェロ組曲並みの傑作と申し上げてよいでしょう。「シャコンヌ ト長調」は、パッヘルベルのカノンを渋くしたような感触で、世が世ならヒットしてたかも。ガンバの音色を癒しと感じる貴方なら手許に置いておくべきアイテムです。ところでシェンクって誰かといえば、17?18世紀、アムステルダムを中心にガンバの名手として活躍した人です(名盤に作曲者の知名度関係無し!)。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。