ホーム > アルバム > 999687-2 トッホ:弦楽四重奏曲第11番、第13番(ブッフベルガー四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
999687-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
エルネスト・トッホ Ernst Toch
アーティスト
ブッフベルガー四重奏団 Buchberger Quartet

トッホ:弦楽四重奏曲第11番、第13番(ブッフベルガー四重奏団)

TOCH, E.: String Quartets Nos. 11 and 13 (Buchberger Quartet)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/999687-2

全トラック選択/解除

エルネスト・トッホ - Ernst Toch (1887-1964)

**:**
弦楽四重奏曲第11番 Op. 34

String Quartet No. 11, Op. 34

録音: 22-24 March 1999, Evangelische Kirche, Koln-Rondorf, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3146756
**:**
»  I. Sehr wuchtig, ansturmend
1.

-

**:**
»  II. Vivace molto
2.

-

**:**
»  III. Adagio
3.

-

**:**
»  IV. Allegro molto
4.

-

 
**:**
弦楽四重奏曲第13番 Op. 74

String Quartet No. 13, Op. 74

録音: 10-12 May 1999, Evangelisch Kirche, Koln-Rondorf, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3146757
**:**
»  I. Molto tranquillo
5.

-

**:**
»  II. Allegro non troppo
6.

-

**:**
»  III. Slow, dolcissimo con espressione
7.

-

**:**
»  IV. Allegro assai
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
トッホは独学で作曲を学んだ人です。若い頃、モーツァルトの弦楽四重奏曲集の楽譜を買った彼は、それを写譜し始めました。途中まで写して続きを自分で作曲し、原譜と比べてみた彼は、あまりの違いにひどい衝撃を受け、まるで自分がノミかネズミのように価値のないものに思えたそうです(かなり自虐的)。長じて彼は、ここに聴くような凝縮された気迫の込もった弦楽四重奏曲を作るようになりました。やっぱり人間、努力が肝心です。第11番は新古典主義的な作品、一方第13番は12音技法が用いられています。20世紀の室内楽を愛好する人は必聴の1枚です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。