ホーム > アルバム > 999799-2 アクセス:ヴァイオリン協奏曲(アスクン/ハノーヴァー放送フィル/ギョクメン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
999799-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ネジル・カズム・アクセス Necil Kazim Akses
アーティスト
ジハト・アスクン Cihat Askin , レンギム・ギョクメン Rengim Gokmen , ハノーヴァー放送フィルハーモニー管弦楽団 Hannover Radio Philharmonic Orchestra

アクセス:ヴァイオリン協奏曲(アスクン/ハノーヴァー放送フィル/ギョクメン)

AKSES, N.K.: Violin Concerto (Askin, Hannover Radio Philharmonic, Gokmen)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/999799-2

全トラック選択/解除

ネジル・カズム・アクセス - Necil Kazim Akses (1908-1999)

**:**
ヴァイオリン協奏曲

Violin Concerto

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3045163
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Vivo
3.

-

**:**
»  IV. Adagio - Allegro
4.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
アクセスは「トルコの五人組」(知らなかったなあ)の一人で、トルコ音楽界の指導的役割を果たし、6曲の交響曲をはじめ、オペラ、交響詩、室内楽など幅広いジャンルの作品を残しています。ヴァイオリン協奏曲は45分もの大作で、全曲切れ目なく演奏されます。ヴァイオリン・パートはえらく難しそうですが、名人芸を誇示する曲ではなく、むしろ交響曲のような性格をもっています。その意味では、ブラームスの流れを汲むとも言えるでしょう。作風的には、バルトークやプロコフィエフを思わせるようなところがあり、1969年の作としてはかなり保守的で聴きやすく、メロディアスでもあります。20世紀の隠れ名協奏曲として、知っていると、あなたのレパートリーがまたひとつ豊かになること請け合いです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。