ホーム > アルバム > 999806-2 レーヴェ・コンプリート・エディション 18 - 歌曲とバラード集(コボウ/ガルベン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
999806-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲
作曲家
カール・レーヴェ Carl Loewe
作詞家
ヨハン・ルートヴィヒ・ウーラント Johann Ludwig Uhland , ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ Johann Wolfgang von Goethe , ハインリヒ・シュティーグリッツ Heinrich Stieglitz , カール・ツィーグラー Karl Ziegler , バイロン男爵(ジョージ・ゴードン・バイロン) Lord Byron (George Gordon Byron), , フリードリヒ・リュッケルト Friedrich Rückert , F. Goldtammer , V. Huber , Baron von Kurowsky-Eichen
アーティスト
コルト・ガルベン Cord Garben , ヤン・コボウ Jan Kobow

レーヴェ・コンプリート・エディション 18 - 歌曲とバラード集(コボウ/ガルベン)

LOEWE, C.: Lieder / Balladen (Complete), Vol. 18 (Kobow, Garben)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/999806-2

全トラック選択/解除

カール・レーヴェ - Carl Loewe (1796-1869)

**:**
花嫁の花冠の歌
1.

Brautkranzlied

録音: 21-23 February 2011, Kammermusikstudio, SWR-Stuttgart, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3137475
 
**:**
鐘撞きの娘 Op. 112a
2.

Des Glockenturmers Tochterlein, Op. 112a

録音: 21-23 February 2011, Kammermusikstudio, SWR-Stuttgart, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3140235
 
**:**
カンツォネッタ
3.

Canzonette

録音: 21-23 February 2011, Kammermusikstudio, SWR-Stuttgart, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3140236
 
**:**
パリア Op. 58

Paria, Op. 58

録音: 21-23 February 2011, Kammermusikstudio, SWR-Stuttgart, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3140237
**:**
»  No. 1. Gebet des Paria
4.

-

**:**
»  No. 2. Legende
5.

-

**:**
»  No. 3. Dank des Paria
6.

-

 
**:**
東洋の絵画 Heft 2, Op. 10 - 第6曲 晩の賛美歌
7.

Bilder des Orients, Heft 2, Op. 10: No. 6. Abendgesang

録音: 21-23 February 2011, Kammermusikstudio, SWR-Stuttgart, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3140238
 
**:**
歌曲集 Op. 130 (抜粋)

Liedergabe, Op. 130 (excerpts)

録音: 21-23 February 2011, Kammermusikstudio, SWR-Stuttgart, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3140239
**:**
»  No. 2. Herzensrose
8.

-

**:**
»  No. 5. Fruhlingsankunft
9.

-

 
**:**
ヘブライの歌第4集 Op. 14 - 第5番 ティトゥスによるエルサレム陥落
10.

Hebraische Gesänge, Book 4, Op. 14: No. 5. Jerusalems Zerstorung durch Titus

録音: 21-23 February 2011, Kammermusikstudio, SWR-Stuttgart, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3140240
 
**:**
ヘブライの歌 Op. 4 - 第6番 涙と笑い
11.

Hebraische Gesänge, Op. 4: No. 6. Tranen und Lacheln

録音: 21-23 February 2011, Kammermusikstudio, SWR-Stuttgart, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3140241
 
**:**
オウム Op. 111
12.

Der Papagei, Op. 111

録音: 21-23 February 2011, Kammermusikstudio, SWR-Stuttgart, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3140242
 
**:**
2つのバラード Op. 7 - 第1番 大選帝候とシュプレーの処女
13.

2 Balladen, Op. 7: No. 1. Die Spree-Norne (Der grosse Kurfurst und die Spreejungfrau)

録音: 21-23 February 2011, Kammermusikstudio, SWR-Stuttgart, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3140243
 
**:**
アラマの嵐 Op. 54
14.

Der Sturm von Alhama, Op. 54

録音: 21-23 February 2011, Kammermusikstudio, SWR-Stuttgart, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3140244
 
**:**
歌曲集 Op. 130 - 第4曲 橋の上の牧人
15.

Liedergabe, Op. 130: No. 4. Der Hirt auf der Brucke

録音: 21-23 February 2011, Kammermusikstudio, SWR-Stuttgart, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3140245
 
**:**
小舟
16.

Schifflein

録音: 21-23 February 2011, Kammermusikstudio, SWR-Stuttgart, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3140246
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
リュッケルト、ゲーテらのドイツ語詩をテキストに選んだ歌曲集。第18集の目玉は演奏時間16分超のバラードでゲーテの詩による「パリア」。前奏の無上の可愛さと後に続く劇的展開がいかにもレーヴェらしく、彼の創作の絶頂期を飾る名作です。バラードではもう1曲、7分を超える「アラマの嵐」はリフレインのノリの良さが不思議と耳に残ります。しかし日本でもお馴染み、ベルリン生まれのテノール歌手コボウの爽やかな容姿&声、いつ見聴きしても、いいですねぇ。暑苦しさは皆無です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。