ホーム > アルバム > 999814-2 シュテルツェル:ドイツ室内カンタータ集第1集(ミールズ/コボウ/レサミ・ド・フィリッペ/レミー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
999814-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲
作曲家
ゴットリープ・ハインリヒ・シュテルツェル Gottfried Heinrich Stölzel
作詞家
不詳 Anonymous
アーティスト
ヤン・コボウ Jan Kobow , ドロテー・ミールズ Dorothee Mields , レサミ・ド・フィリッペ Amis de Philippe, Les , ルトガー・レミー Ludger Remy

シュテルツェル:ドイツ室内カンタータ集第1集(ミールズ/コボウ/レサミ・ド・フィリッペ/レミー)

STOLZEL, G. H.: German Chamber Cantatas, Vol. 1 (Remy)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/999814-2

全トラック選択/解除

ゴットリープ・ハインリヒ・シュテルツェル - Gottfried Heinrich Stölzel (1690-1749)

**:**
「アウロラは泣いていた」

Aurora weinete

録音: 5-7 November 2001, Radio Bremen Sendesaal, Bremen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3154264
**:**
»  Recitativo: Aurora weinete (Tenor)
1.

-

**:**
»  Aria: Angenehmste Schafer-Chore (Soprano)
2.

-

**:**
»  Recitativo: Ach! fuhr sie weiter fort (Soprano, Tenor)
3.

-

**:**
»  Aria: Erwahl dir ein getreues Herze (Tenor)
4.

-

**:**
»  Recitativo: Hierauf floh sie von mir (Tenor)
5.

-

 
**:**
「冷酷な、しかし愛らしいシルヴィア」

Die grausame, doch schöne Sylvia

録音: 5-7 November 2001, Radio Bremen Sendesaal, Bremen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3154375
**:**
»  Recitativo: Die grausame, doch schöne Sylvia (Tenor)
6.

-

**:**
»  Aria: Ich will es euch gern verzeihn (Tenor)
7.

-

**:**
»  Recitativo: Ich hab es, allerliebste Bienen (Soprano)
8.

-

**:**
»  Aria: Fliehet, ihr gluckselgen Bienen (Soprano)
9.

-

 
**:**
「瞬間というものは」

Ein Augenblick ist eine kurze Zeit

録音: 5-7 November 2001, Radio Bremen Sendesaal, Bremen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3154376
**:**
»  Recitativo: Ein Augenblick ist eine kurze Zeit (Tenor)
10.

-

**:**
»  Aria: Ja, mir gonnen tausend Stunden (Tenor)
11.

-

**:**
»  Recitativo: Es ist umsonst (Tenor)
12.

-

**:**
»  Aria: Satt' get euch, ergrimmte Sterne (Tenor)
13.

-

 
**:**
「名残の薔薇は気高く咲いて」

Die Rose bleibt der Blumen Konigin

録音: 5-7 November 2001, Radio Bremen Sendesaal, Bremen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3154377
**:**
»  Aria: Die Rose bleibt der Blumen Konigin (Soprano)
14.

-

**:**
»  Recitativo: So sung die zarte Rosimene (Tenor)
15.

-

**:**
»  Aria: Die Rosen, die so wunderschon (Tenor)
16.

-

**:**
»  Recitativo: Auf dieses Wort (Tenor)
17.

-

 
**:**
「ただあなたの、心から見つめて」

Nur vor euch, ihr schonsten Augen

録音: 5-7 November 2001, Radio Bremen Sendesaal, Bremen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3154378
**:**
»  Aria: Nur vor euch, ihr schonsten Augen (Tenor)
18.

-

**:**
»  Recitativo: Das Licht, so meinen Augen Licht verleiht (Tenor)
19.

-

**:**
»  Aria: Ist es nun so, ihr schönen Sterne (Tenor)
20.

-

 
**:**
Dies ist der Tag, dies ist die Stunde

録音: 5-7 November 2001, Radio Bremen Sendesaal, Bremen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3154379
**:**
»  Recitativo: Dies ist der Tag, dies ist die Stunde (Soprano)
21.

-

**:**
»  Aria: Armes Herz, du bist betrogen (Soprano)
22.

-

**:**
»  Recitativo: Allein, ich kuss die goldnen Bande (Soprano)
23.

-

**:**
»  Aria: Jetzt will ich ein Gelubde tun (Soprano)
24.

-

 
**:**
「そして愛は喜びをもたらしてくれるのか」

Kann die Liebe auch erfreuen

録音: 5-7 November 2001, Radio Bremen Sendesaal, Bremen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3154380
**:**
»  Aria: Kann die Liebe auch erfreuen (Tenor)
25.

-

**:**
»  Recitativo: Ein jeder sagt, Cupido schlage Wunden (Soprano)
26.

-

**:**
»  Aria: Brennet fort, ihr schönen Flammen (Soprano)
27.

-

 
**:**
「哀れなシルヴィオ」

Der arme Sylvio

録音: 5-7 November 2001, Radio Bremen Sendesaal, Bremen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3154381
**:**
»  Recitativo: Der arme Sylvio (Soprano)
28.

-

**:**
»  Aria: Ihr geliebten Augensonnen (Tenor)
29.

-

**:**
»  Recitativo: Hierauf erblickte er von ohngefahr (Soprano)
30.

-

**:**
»  Aria: Es ist die Ursach meines Leidens (Tenor)
31.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
地味な物にこそ宝が潜んでいる。そしてそれを発見した貴方は幸せです。「室内カンタータ」と聞いただけで地味っぽいからといって敬遠したりしないで下さい。ミールズとコボウ、美女とイケメンの声に酔えるだけでなく、音楽が凄い!時にヘンデルのオペラ・アリア、時にバッハの受難曲、時にテレマンのカンタータと、くるくると表情を変え、それぞれの大家に匹敵する内容の充実ぶり。貴方が「シュテルツェルって知ってる?」と知ったかぶりしたくなるのは当然です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。