ホーム > アルバム > 999821-2 カイザー:モテット「私の偽りの言葉で安心して眠りにつく」/「私たちは全て迷いの中にいく」/祝福された救済への思想(受難の音楽)(カペラ・オルランディ・ブレーメン/イーレンフェルト)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
999821-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽アンサンブル
作曲家
ラインハルト・カイザー Reinhard Keiser
作詞家
新約聖書 Bible - New Testament , 不詳 Anonymous
アーティスト
トーマス・イーレンフェルト Thomas Ihlenfeldt , カペラ・オルランディ・ブレーメン Capella Orlandi Bremen , デルテ・マリア・サンドマン Doerthe Maria Sandmann , ライモンズ・シュポーギス Raimonds Spogis , クヌート・ショッホ Knut Schoch , オリヴィア・フェルミューレン Olivia Vermeulen , ジュリアン・ポッジャー Julian Podger , マティアス・ヤールメルカー Matthias Jahrmarker , Eeva Tenkanen

カイザー:モテット「私の偽りの言葉で安心して眠りにつく」/「私たちは全て迷いの中にいく」/祝福された救済への思想(受難の音楽)(カペラ・オルランディ・ブレーメン/イーレンフェルト)

KEISER, R.: Ich liege und schlafe ganz mit Frieden / Wir gingen alle in die Irre / Seelige Erlosungs-Gedancken (Passion Music) (Ihlenfeldt)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/999821-2

全トラック選択/解除

ラインハルト・カイザー - Reinhard Keiser (1674-1739)

**:**
モテット「私の偽りの言葉で安心して眠りにつく」

Ich liege und schlafe ganz mit Frieden

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/445431
**:**
»  Ich liege und schlafe ganz mit Frieden (Chorus)
1.

-

**:**
»  Meine Seele ruht in Gottes Hand (Soprano)
2.

-

**:**
»  O sel'ge Ruh (Chorus)
3.

-

**:**
»  Wenn Gott mir hilft und mich erhalt, was kann mir schaden (Tenor)
4.

-

**:**
»  Wenn Gott mir hilft und mich erhalt, kann ich wohl bleiben (Soprano)
5.

-

**:**
»  Ich bin sicher bei den Blitzen (Bass)
6.

-

**:**
»  Ich den schönen Himmels-Auen (Alto)
7.

-

**:**
»  Ich liege und schlafe ganz mit Frieden (Chorus)
8.

-

 
**:**
モテット「私たちは全て迷いの中にいく」

Wir gingen alle in die Irre

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/445583
**:**
»  Wir gingen alle in die Irre (Chorus)
9.

-

**:**
»  Recitativo: Und er ging hinaus (Tenor, Bass)
10.

-

**:**
»  Aria: Weint, besturzte Augen (Soprano)
11.

-

**:**
»  Recitativo: Und er stund auf von dem Gebet (Tenor, Bass)
12.

-

**:**
»  Aria: Schmeichle nur, boshafte Schlange (Soprano)
13.

-

**:**
»  Recitativo: Da aber sahen, die um ihn waren (Tenor)
14.

-

**:**
»  Herr, sollen wir mit dem Schwert dareinschlagen? (Chorus)
15.

-

**:**
»  Recitativo: Und einer aus ihnen schlug des Hohenpriesters Knecht (Tenor, Bass, Soprano)
16.

-

**:**
»  Aria: Verstummet, unglucksel'ge Lippen (Alto)
17.

-

**:**
»  Recitativo: Und uber eine kleine Weile (Tenor, Soprano, Alto)
18.

-

**:**
»  Arioso: Ach, was hab ich doch begangen (Tenor)
19.

-

**:**
»  Accompagnato: Ergreif nun Dolch und Strick (Tenor)
20.

-

**:**
»  Aria lamentosa: Rinnet, ihr betranten Augen (Tenor)
21.

-

**:**
»  Recitativo: Die Manner aber, die Jesum hielten (Tenor)
22.

-

**:**
»  Weissage, wer ist's, der dich schlug? (Chorus)
23.

-

**:**
»  Recitativo: Und viel andere Lasterungen (Tenor)
24.

-

**:**
»  Aria furiosa: Zeuget, ihr Wolken, ergrimmete Blitze (Bass)
25.

-

**:**
»  Recitativo: Und als es Tag ward (Tenor)
26.

-

**:**
»  Bistu Christus, sage es uns! (Chorus)
27.

-

**:**
»  Recitativo: Er sprach aber zu ihnen (Tenor, Bass)
28.

-

**:**
»  Bistu denn Gottes Sohn? (Chorus)
29.

-

 
**:**
モテット「祝福された救済への思想」

Seelige Erlosungs-Gedancken

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/445584
**:**
»  Aria: Ach, Golgatha! (Soprano, Tenor, Bass)
30.

-

**:**
»  Recitativo: Bejammert meinen Jammer-Stand (Soprano)
31.

-

**:**
»  Accompagnato: Ihr Henker, ach, mit welcher Tyrannei (Soprano)
32.

-

**:**
»  Aria: Kann nicht mein bittrer Tranen-Regen (Soprano)
33.

-

**:**
»  Recitativo: O herber Anblick (Tenor)
34.

-

**:**
»  Aria: Schenkt man dir Gall' und Essig ein (Tenor)
35.

-

**:**
»  Recitativo: Unseliger Gefahrte meiner Pein (Bass)
36.

-

**:**
»  Accompagnato: Herr, schliesse mich in dein Gedachtnus ein (Bass)
37.

-

**:**
»  Arioso: Wahrlich, ich sage dir (Bass)
38.

-

**:**
»  Aria: Ich bin zum Himmel eingeladen (Bass)
39.

-

**:**
»  Aria: Weinet, ihr getreue Herzen (Soprano)
40.

-

**:**
»  Recitativo: Schaut den entblossten Leib (Bass)
41.

-

**:**
»  Aria: Aus Liebe bin ich Mensch geworden (Bass)
42.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ラインハルト・カイザーはハンブルクを拠点に活躍したドイツのバロック作曲家です。彼はオペラ作曲家として知られていて、生涯に100曲ほどの作品を書いています。当時は評論家などから高く評価されていたのですが、この時代の常として、死後は長らく忘れ去られてしまっていました。最近ようやく「クロイソス」や「フレデグンダ」などのオペラが上演、録音され、少しづつ復興の兆しが見え始めた人です。オペラの他にもオラトリオや宗教音楽をいくつも残していて、今回のリリースのモテットもなかなか素晴らしい作品です。ヨハン・クリストフ・ローテとはほとんど同じ時期を生きた人ですが、カイザーの作品の対位法などが若干華やかな傾向にあるようです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。