ホーム > アルバム > A116 マーロック/リンデ/フォンティン/リオンティリス/ティエンスー:アフェクト・イズ・ノー・クライム - 古楽器によるニュー・ミュージック(ヨーロッパ・リトロヴァータ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
A116
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
ジャクリーヌ・フォンティン Jacqueline Fontyn , ジョセリン・マーロック Jocelyn Morlock , ユッカ・ティエンスー Jukka Tiensuu , タノス・ポリメネアス・リオンティリス Thanos Polymeneas Liontiris , ハンス=マルティン・リンデ Hans-Martin Linde
アーティスト
ミロン・アンドレス Miron Andres , マッテオ・ジェモーロ Matteo Gemolo , リサ・コクウェンダ・シュヴァイガー Lisa Kokwenda Schweiger , ヨーロッパ・リトロヴァータ Europa Ritrovata , タノス・ポリメネアス・リオンティリス Thanos Polymeneas Liontiris

マーロック/リンデ/フォンティン/リオンティリス/ティエンスー:アフェクト・イズ・ノー・クライム - 古楽器によるニュー・ミュージック(ヨーロッパ・リトロヴァータ)

MORLOCK, J. / LINDE, H.-M. / FONTYN, J. / LIONTIRIS, T.P. / TIENSUU, J.: Affect is no Crime - New Music for Old Instruments (Europa Ritrovata)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/A116

全トラック選択/解除

ジョセリン・マーロック - Jocelyn Morlock (1969-)

**:**
レヴェナント

Revenant

録音: 20-22 September 2018, Kunstacademie Zaventem, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7449637
**:**
»  No. 1. A - B
1.

-

**:**
»  No. 2. C - D - E
2.

-

ハンス=マルティン・リンデ - Hans-Martin Linde (1930-)

**:**
アンシュピールンゲン
3.

Anspielungen

録音: 20-22 September 2018, Kunstacademie Zaventem, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7449638

ジャクリーヌ・フォンティン - Jacqueline Fontyn (1930-)

**:**
開いた窓

La fenêtre ouverte

録音: 20-22 September 2018, Kunstacademie Zaventem, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7449639
**:**
»  No. 1. Confidentiel
4.

-

**:**
»  No. 2. Un peu indolent … Mais fluide
5.

-

**:**
»  No. 3. Méditatif
6.

-

**:**
»  No. 4. Un peu timbré
7.

-

**:**
»  No. 5. Postlude marqué et assez obstiné
8.

-

タノス・ポリメネアス・リオンティリス - Thanos Polymeneas Liontiris (1981-)

**:**
サン・ブリーチド
9.

Sun Bleached

録音: 20-22 September 2018, Kunstacademie Zaventem, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7449640

ユッカ・ティエンスー - Jukka Tiensuu (1948-)

**:**
ティート/ロッツ

Tiet / Lots

録音: 20-22 September 2018, Kunstacademie Zaventem, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7449641
**:**
»  No. 1. Opintie / Studydrome
10.

-

**:**
»  No. 2. Mierontie / Beggary
11.

-

**:**
»  No. 3. Lavea Tie / Primrose Path
12.

-

**:**
»  No. 4. Taiston Tie / Battle
13.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/09/01
【古楽器の響きを生かす現代音楽を集めた、聴き応えあるアルバム】古楽器ならではの音色にイマジネーションを掻き立てられる作曲家は多く、クラシカルな作品に囚われない演奏も近年は増えています。エウローパ・リトロヴァータはそういった、同時代の作曲家たちとのコラボレートで古楽器を演奏するブリュッセルのグループ。彼らの活動の先駆けともいえるフィンランドのハープシコード奏者ティエンスーの作品をはじめ、フルートとリコーダーの巨匠リンデの作品、カナダのモーロック、ベルギーのフォンテインといった女流作曲家、ギリシャの若手リオンティリスなどによる多彩な作品を収録しています。トラヴェルソ(バロック・フルート)の重音やフラッタータンギング、ハープシコードの内部奏法や肘弾き、ガンバのフラジオレットやボディパーカッション、コル・レーニョなど特殊奏法のほか、効果的な反響音なども駆使したサウンドはたいへん面白く、いずれも前衛作品ながら非常に興味深く聴くことが出来ます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。