ホーム > アルバム > A447 モンテヴェルディ:4声の無伴奏ミサ曲/グローリア/聖母マリアの嘆き(オデカトン/コル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
A447
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲), 声楽曲, 室内楽
作曲家
ビアジオ・マリーニ Biagio Marini , クラウディオ・モンテヴェルディ Claudio Monteverdi
作詞家
不詳 Anonymous , ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
オデカトン Odhecaton , マルタ・グラツィオリーノ Marta Graziolino , パオロ・ダ・コル Paolo da Col , サンドロ・ダッラ・リベラ Sandro Dalla Libera , アレーナ・ダンチェヴァ Alena Dantcheva , ラ・ピファレーシャ Pifarescha, La , Maurizio Da Col , Pia Nainer , Carlo Santi

モンテヴェルディ:4声の無伴奏ミサ曲/グローリア/聖母マリアの嘆き(オデカトン/コル)

MONTEVERDI, C.: Messa a 4 voci da cappella / Gloria / Pianto della Madona (Monteverdi in San Marco) (Odhecaton, Col)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/A447

全トラック選択/解除

クラウディオ・モンテヴェルディ - Claudio Monteverdi (1567-1643)

**:**
4声の無伴奏ミサ曲

Messa a 4 voci da cappella

録音: 24-27 June 2017, San Pietro, Belluno, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6565641
**:**
»  Kyrie
1.

-

**:**
»  Gloria
2.

-

**:**
»  Credo
3.

-

**:**
»  Sanctus
4.

-

**:**
»  Benedictus
5.

-

**:**
»  Agnus Dei
6.

-

 
**:**
グローリア
7.

Gloria

録音: 24-27 June 2017, San Pietro, Belluno, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6565642

ビアジオ・マリーニ - Biagio Marini (1594-1663)

**:**
シンフォニア
8.

Sinfonia

録音: 24-27 June 2017, San Pietro, Belluno, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6565643

クラウディオ・モンテヴェルディ - Claudio Monteverdi (1567-1643)

**:**
聖母マリアの嘆き SV 288
9.

Pianto della Madona, SV 288

録音: 24-27 June 2017, San Pietro, Belluno, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6565644
 
**:**
聖母のための連祷 SV 204
10.

Laetaniae della Beata Vergine, SV 204: Laetaniae della Beata Vergine a 6 voci

録音: 24-27 June 2017, San Pietro, Belluno, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6565645
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/05/01
イタリア・バロック音楽の中心地の一つであったヴェネツィアのサン・マルコ寺院。16世紀から18世紀にかけて著名な音楽家が楽長、オルガニストを務めたことで知られています。モンテヴェルディもその一人で、1613年に楽長に任命されるやいなや、様々な理由で力を失っていた合唱隊と器楽隊の立て直しを図った功績が讃えられました。モンテヴェルディの声楽曲で多く用いられる「複合唱=複数の声部が互いに掛け合いを行う手法」は、サン・マルコ寺院の対面するバルコニーを想定して書かれたともされ、その劇的で華やかな作風は当時の聴衆たちにも感銘を与えました。モンテヴェルディの死後に発表された「4声の無伴奏ミサ曲」は声のみのために書かれた壮麗な作品で、「グローリア」と同じくモンテヴェルディの高度な作曲技法を伺い知ることができます。有名な「アリアンナの嘆き」を宗教曲に書き換えた「聖母マリアの嘆き」も聴きどころ。ルネサンスからバロック期の声楽曲を得意とするアンサンブル「オデカトン」による演奏です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。