ホーム > アルバム > A448 ソッリマ/テレマン/バルトーク/テッサリーニ/ハイドン:ヴァイオリン・デュオ作品集(ザニーシ/バルネスキ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
A448
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
アントニオ・ヴィヴァルディ Antonio Vivaldi , ジョヴァンニ・ソッリマ Giovanni Sollima , カルロ・テッサリーニ Carlo Tessarini , ゲオルク・フィリップ・テレマン Georg Philipp Telemann , フランツ・ヨーゼフ・ハイドン Franz Joseph Haydn , ベーラ・バルトーク Béla Bartók , イグナーツ・プレイエル Ignaz Joseph Pleyel , ルチアーノ・ベリオ Luciano Berio , ジャン=マリー・ルクレール Jean-Marie Leclair
アーティスト
キアラ・ザニーシ Chiara Zanisi , ステファノ・バルネスキ Stefano Barneschi

ソッリマ/テレマン/バルトーク/テッサリーニ/ハイドン:ヴァイオリン・デュオ作品集(ザニーシ/バルネスキ)

Violin Duo Recital: Zanisi, Chiara / Barneschi, Stefano - SOLLIMA, G. / TELEMANN, G.P. / BARTÓK, B. / TESSARINI, C. / HAYDN, J. (Suite Case)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/A448

全トラック選択/解除

ジョヴァンニ・ソッリマ - Giovanni Sollima (1962-)

**:**
ケース組曲

Suite Case

録音: 21-25 May 2017, Sacristy of the Church of Sant'Antonio Abate, Milan, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6386429
**:**
»  I. Wood
1.

-

ゲオルク・フィリップ・テレマン - Georg Philipp Telemann (1681-1767)

**:**
12のカノン風ソナタ - ソナタ ニ長調 TWV 40:120

12 Canons melodieux, ou 6 sonates en duo: Sonata in D Major, TWV 40:120

録音: 21-25 May 2017, Sacristy of the Church of Sant'Antonio Abate, Milan, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6386440
**:**
»  I. Spirituoso
2.

-

**:**
»  II. Larghetto
3.

-

**:**
»  III. Allegro assai
4.

-

ベーラ・バルトーク - Béla Bartók (1881-1945)

**:**
44の二重奏曲 BB 104, Vol. 3 - 第36曲 Szol a duda (バグパイプ)
5.

44 Duos for 2 Violins, BB 104, Vol. 3: No. 36. Szól a duda (Bagpipes)

録音: 21-25 May 2017, Sacristy of the Church of Sant'Antonio Abate, Milan, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6386441

カルロ・テッサリーニ - Carlo Tessarini (1690-1766)

**:**
ヴァイオリン二重奏曲 ト短調 Op. 15, No. 3

Violin Duet in G Minor, Op. 15, No. 3

録音: 21-25 May 2017, Sacristy of the Church of Sant'Antonio Abate, Milan, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6386442
**:**
»  I. Vivace
6.

-

**:**
»  II. Andante
7.

-

**:**
»  III. Presto
8.

-

ルチアーノ・ベリオ - Luciano Berio (1925-2003)

**:**
2つのヴァイオリンのための34の二重奏曲 - 第25曲 カルロ(キアラッパ)
9.

34 Duetti: No. 25. Carlo (Chiarappa)

録音: 21-25 May 2017, Sacristy of the Church of Sant'Antonio Abate, Milan, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6386443

ジャン=マリー・ルクレール - Jean-Marie Leclair (1697-1764)

**:**
2つのヴァイオリンのためのソナタ ホ短調 Op. 3 No. 5

Sonata for 2 Violins in E Minor, Op. 3, No. 5

録音: 21-25 May 2017, Sacristy of the Church of Sant'Antonio Abate, Milan, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6386444
**:**
»  I. Allegro ma poco
10.

-

**:**
»  II. Gavotte
11.

-

**:**
»  III. Presto
12.

-

ジョヴァンニ・ソッリマ - Giovanni Sollima (1962-)

**:**
組曲 Case

Suite Case

録音: 21-25 May 2017, Sacristy of the Church of Sant'Antonio Abate, Milan, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6386445
**:**
»  II. B275
13.

-

イグナーツ・プレイエル - Ignaz Joseph Pleyel (1757-1831)

**:**
2つのヴァイオリンのための二重奏曲 ホ短調 Op. 23, No. 6, Ben. 518

Duo for 2 Violins in E Minor, Op. 23, No. 6, Ben. 518

録音: 21-25 May 2017, Sacristy of the Church of Sant'Antonio Abate, Milan, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6386446
**:**
»  I. Adagio
14.

-

**:**
»  II. Allegro
15.

-

ルチアーノ・ベリオ - Luciano Berio (1925-2003)

**:**
2つのヴァイオリンのための34の二重奏曲 - 第1曲 ベーラ(バルオトーク)
16.

34 Duetti: No. 1. Bela (Bartok)

録音: 21-25 May 2017, Sacristy of the Church of Sant'Antonio Abate, Milan, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6386447

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン - Franz Joseph Haydn (1732-1809)

**:**
2つのヴァイオリンのための二重奏曲第3番 Hob.VI:Anh. 3

Duo for 2 Violins No. 3 in B-Flat Major, Hob.VI:Anh. 3

録音: 21-25 May 2017, Sacristy of the Church of Sant'Antonio Abate, Milan, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6386448
**:**
»  I. Thema con variazioni: Andante
17.

-

**:**
»  II. Presto
18.

-

ベーラ・バルトーク - Béla Bartók (1881-1945)

**:**
44の二重奏曲 BB 104, Vol. 4 - 第38曲 Forgatos (Romanian whirling dance)
19.

44 Duos for 2 Violins, BB 104, Vol. 4: No. 38. Forgatós (Romanian whirling dance)

録音: 21-25 May 2017, Sacristy of the Church of Sant'Antonio Abate, Milan, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6386449

アントニオ・ヴィヴァルディ - Antonio Vivaldi (1678-1741)

**:**
トリオ・ソナタ ヘ長調 RV 70

Trio Sonata in F Major, RV 70

録音: 21-25 May 2017, Sacristy of the Church of Sant'Antonio Abate, Milan, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6386450
**:**
»  I. Allegro
20.

-

**:**
»  II. Larghetto
21.

-

**:**
»  III. Allegro molto
22.

-

ジョヴァンニ・ソッリマ - Giovanni Sollima (1962-)

**:**
ケース組曲

Suite Case

録音: 21-25 May 2017, Sacristy of the Church of Sant'Antonio Abate, Milan, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6386451
**:**
»  III. Alleluja
23.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/05/01
「2台のヴァイオリンによる二重奏作品」は18世紀前半になって人気が上昇、多くの作曲家たちが作品を書き始めました。しかし、このジャンルを最初に手掛けたのがヴィヴァルディであることはほとんど知られていません(一説によれば、1729年から1730年、ヴィヴァルディが中央ヨーロッパの演奏旅行中に父親と演奏するために作曲した4曲の室内ソナタが最初の作品にあたるとされています)。このアルバムには、ヴィヴァルディからテレマン、ルクレールを経て、バルトーク、ベリオに至るヴァイオリン二重奏曲を収録、そして現代イタリアの作曲家ソッリマが作曲した「SUITE CASE:ケース組曲=スーツケースのもじり」が添えられて、この“音による旅行プロジェクト”が完結する仕組みになっています。また、このアルバムが録音された教会はモーツァルトの名曲《エクスルターテ・ユビラーテ》の初演場所であるため、最後に置かれた「アレルヤ」にてアルバムとモーツァルトの双方への敬意が表されています。ザニーシとバルネスキは、イタリア最前線の古楽器集団で活躍する奏者たち。このアルバムでも先鋭的な感覚を生かし、作品に躍動感を持たせています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。