ホーム > アルバム > A455 ログロスチーノ:スターバト・マーテル 変ホ長調/フルート協奏曲/見よ祭壇を、見よ神を(セメンツァート/ペ/ガッティ/タレンティ・ヴルカニチ/デミケーリ)

ログロスチーノ:スターバト・マーテル 変ホ長調/フルート協奏曲/見よ祭壇を、見よ神を(セメンツァート/ペ/ガッティ/タレンティ・ヴルカニチ/デミケーリ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
A455
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 協奏曲
作曲家
ニコラ・ボニファチオ・ログロスチーノ Nicola Bonifacio Logroscino
作詞家
不詳 Anonymous
アーティスト
マルチェッロ・ガッティ Marcello Gatti , ジューリア・セメンツァート Giulia Semenzato , タレンティ・ヴルカニチ Talenti Vulcanici , ステファノ・デミケーリ Stefano Demicheli , ラファエレ・ペ Raffaele Pé

ログロスチーノ:スターバト・マーテル 変ホ長調/フルート協奏曲/見よ祭壇を、見よ神を(セメンツァート/ペ/ガッティ/タレンティ・ヴルカニチ/デミケーリ)

LOGROSCINO, N.B.: Stabat mater in E-Flat Major / Flute Concerto / Ecco l'ara, ecco il nume (Semenzato, Pe, Gatti, Talenti Vulcanici, Demicheli)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/A455

全トラック選択/解除

ニコラ・ボニファチオ・ログロスチーノ - Nicola Bonifacio Logroscino (1698-1764)

**:**
見よ祭壇を、見よ神を

Ecco l'ara, ecco il nume

録音: 13-17 March 2018, Chiesa dell'Immacolata, Università degli Studi Suor Orsola Benincasa, Naples, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7152136
**:**
»  Sinfonia: Allegro
1.

-

**:**
»  Sinfonia: Amoroso
2.

-

**:**
»  Sinfonia: Allegro
3.

-

**:**
»  Recitative: Ecco l'ara, ecco il nume ed ecco il rogo
4.

-

**:**
»  Aria: La mia pena, il mio dolore
5.

-

**:**
»  Recitative: Ma ohimè che veggio
6.

-

**:**
»  Aria: Di Giove irato temo lo sdegno
7.

-

 
**:**
フルート協奏曲 ト長調

Flute Concerto in G Major

録音: 13-17 March 2018, Chiesa dell'Immacolata, Università degli Studi Suor Orsola Benincasa, Naples, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7152205
**:**
»  I. Allegro
8.

-

**:**
»  II. Andante
9.

-

**:**
»  III. Allegro
10.

-

 
**:**
スターバト・マーテル 変ホ長調

Stabat mater in E-Flat Major

録音: 13-17 March 2018, Chiesa dell'Immacolata, Università degli Studi Suor Orsola Benincasa, Naples, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7152206
**:**
»  Stabat mater (Soprano, Alto)
11.

-

**:**
»  Cuius animam gementem (Alto)
12.

-

**:**
»  O quam tristis et afflicta (Soprano)
13.

-

**:**
»  Quis est homo, qui non fleret (Soprano, Alto)
14.

-

**:**
»  Pro peccatis suae gentis (Alto)
15.

-

**:**
»  Vidit suum dulcem natum (Soprano, Alto)
16.

-

**:**
»  Recitative: Eia, mater, fons amoris (Soprano)
17.

-

**:**
»  Fac, ut ardeat cor meum (Soprano)
18.

-

**:**
»  Sancta Mater, istud agas (Alto) - Recitative: Fac me tecum pie flete (Soprano)
19.

-

**:**
»  Iuxta crucem tecum stare (Soprano)
20.

-

**:**
»  Virgo virginum praeclara (Alto)
21.

-

**:**
»  Fac me plagis vulnerari (Soprano)
22.

-

**:**
»  Recitative: Christe, cum sit hint exire (Alto)
23.

-

**:**
»  Quando corpus morietur (Soprano, Alto)
24.

-

**:**
»  Amen (Soprano, Alto)
25.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/04/01
【18世紀ナポリ楽派トップクラスの喜歌劇作曲家が残した宗教作品】1698年、イタリア半島のちょうど踵のあたり、ビトントに生まれたログロシーノは、ヨンメッリやポルポラの活躍を横目に1730~50年代の本場ナポリで延々とオペラ・ブッファの傑作を連発、この分野における第一人者との呼び声も高かった作曲家。ナポリでヴェネツィアーノ(A.スカルラッティのナポリにおける最大の商売敵)に学んだのち、30歳の頃にコンツァの司教の元でオルガニストの座に。当地で作曲にも本格的に取り組み始め、オラトリオのほか多くのオペラを手掛け、ローマやパレルモ、ナポリの劇場で大成功を納めながら各地礼拝堂の楽長も歴任し、宗教作品も多数残しました。その作風は当時の世間の好みをよく反映した華やかなもので、ここに収められた宗教作品においてもその親しみやすさが大きな魅力です。ステーファノ・デミケーリは確かな音楽知に裏打ちされた見識もそなえつつ、イタリア古楽界でもとくにスタイリッシュな演奏を紡ぎ出す俊才古楽指揮者(名盤多数)。バーゼル・スコラ・カントルムを2015年に修了したソプラノのセメンツァートと、カウンターテナーのラファエレ・ペは、ラ・ヴェネシアーナとの共演でカヴァッリの二重唱のCDもリリースしている注目株。イタリア古楽界の若き精鋭たちが、18世紀の大衆に支持された知られざる作品を生き生きと聴かせます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。