ホーム > アルバム > A467 ROMA ‘600 〜初期バロック撥弦芸術、古楽の「いま」〜(ヴァッレロトンダ/イ・バッシフォンディ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
A467
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 声楽曲, 室内楽
作曲家
シモーネ・ヴァッレロトンダ Simone Vallerotonda , フェルディナンド・ヴァルダンブリーニ Ferdinando Valdambrini , エンリコ・オノーフリ Enrico Onofri , ジョヴァンニ・ジローラモ・カプスベルガー Giovanni Girolamo Kapsberger , アタナシウス・キルヒャー Athanasius Kircher , ステファノ・トダレッロ Stefano Todarello , ベルナルド・パスクィーニ Bernardo Pasquini , ジョヴァンニ・パオロ・フォスカリーニ Giovanni Paolo Foscarini , 不詳 Anonymous , ジローラモ・アレッサンドロ・フレスコバルディ Girolamo Alessandro Frescobaldi , マルコ・マラッツォーリ Marco Marazzoli , トマッゾ・マルケッティ Tomasso Marchetti , ガブリエル・ミラクル Gabriele Miracle , アルカンジェロ・ローリ Arcangelo Lori
作詞家
不詳 Anonymous , グリオ・ロスピジョーシ Giulio Rospigliosi
編曲者
不詳 Anonymous
アーティスト
イ・バッシフォンディ Bassifondi, I , シモーネ・ヴァッレロトンダ Simone Vallerotonda , エンリコ・オノーフリ Enrico Onofri , エメケ・バラート Emőke Baráth

ROMA ‘600 〜初期バロック撥弦芸術、古楽の「いま」〜(ヴァッレロトンダ/イ・バッシフォンディ)

Instrumental Ensemble Music - FOSCARINI, G.P. / FRESCOBALDI, G.A. / KAPSBERGER, G.G. / MARAZZOLI, M. (Roma '600) (Vallerotonda, I Bassifondi)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/A467

全トラック選択/解除

ジョヴァンニ・ジローラモ・カプスベルガー - Giovanni Girolamo Kapsberger (1580-1651)

**:**
アルペッジョ
1.

Arpeggio

録音: 3-8 November 2018, Palazzo San Giovanni, Alessandro, Lecce, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8857416

エンリコ・オノーフリ - Enrico Onofri / シモーネ・ヴァッレロトンダ - Simone Vallerotonda / ステファノ・トダレッロ - Stefano Todarello / ガブリエル・ミラクル - Gabriele Miracle

**:**
フォスカリーニのグルーヴ
2.

Foscarini's Groove

録音: 3-8 November 2018, Palazzo San Giovanni, Alessandro, Lecce, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8874909

アルカンジェロ・ローリ - Arcangelo Lori (1615-1679)

**:**
トッカータ ト短調
3.

Toccata in G Minor

録音: 3-8 November 2018, Palazzo San Giovanni, Alessandro, Lecce, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8874910

ジョヴァンニ・ジローラモ・カプスベルガー - Giovanni Girolamo Kapsberger (1580-1651)

**:**
ベツレヘムの牧人(抜粋)

I pastori di Bettelemme (excerpts)

録音: 3-8 November 2018, Palazzo San Giovanni, Alessandro, Lecce, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8874911
**:**
»  Scherzate, gioite, godete pastori
4.

-

**:**
»  Sordellina
5.

-

不詳 - Anonymous

**:**
チャコーネ
6.

Ciachone

録音: 3-8 November 2018, Palazzo San Giovanni, Alessandro, Lecce, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8874912

トマッゾ・マルケッティ - Tomasso Marchetti (1660-)

**:**
スペイン・ギターのタブラチュア集 第1巻 - 我がアヴリッラよ
7.

Il primo libro d'intavolatura della chitarra spagnola: Aurilla mia

録音: 3-8 November 2018, Palazzo San Giovanni, Alessandro, Lecce, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8874913

ジョヴァンニ・ジローラモ・カプスベルガー - Giovanni Girolamo Kapsberger (1580-1651)

**:**
ヴィラネッラ集 第2巻 - 我がアヴリッラよ
8.

Libro II di villanelle: Avrilla mia (My Avrilla)

録音: 3-8 November 2018, Palazzo San Giovanni, Alessandro, Lecce, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8874914
**:**
「我がアヴリッラよ」の調べによるディミヌツィオーネさまざま
9.

Diminuzioni su aurilla mia

録音: 3-8 November 2018, Palazzo San Giovanni, Alessandro, Lecce, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8874915

トマッゾ・マルケッティ - Tomasso Marchetti (1660-)

**:**
スペイン・ギターのタブラチュア集 第1巻 - モニカ
10.

Il primo libro d'intavolatura della chitarra spagnola: Monica

録音: 3-8 November 2018, Palazzo San Giovanni, Alessandro, Lecce, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8874916

ジョヴァンニ・ジローラモ・カプスベルガー - Giovanni Girolamo Kapsberger (1580-1651)

**:**
ヴィラネッラ集 第4巻 - わが溜息はもう
11.

Libro IV di villanelle: Ite, sospiri miei

録音: 3-8 November 2018, Palazzo San Giovanni, Alessandro, Lecce, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8874917

トマッゾ・マルケッティ - Tomasso Marchetti (1660-)

**:**
スペイン・ギターのタブラチュア集 第1巻 - ジルメッタ
12.

Il primo libro d'intavolatura della chitarra spagnola: Girumetta

録音: 3-8 November 2018, Palazzo San Giovanni, Alessandro, Lecce, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8874918

ジローラモ・アレッサンドロ・フレスコバルディ - Girolamo Alessandro Frescobaldi (1583-1643)

**:**
音楽の花束 - 「ジルメッタ」の調べによるカプリッチョ
13.

Fiori Musicali: Capriccio sopra la Girolmeta

録音: 3-8 November 2018, Palazzo San Giovanni, Alessandro, Lecce, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8874919

ジョヴァンニ・パオロ・フォスカリーニ - Giovanni Paolo Foscarini (1629-1647)

**:**
スペインのギター 第4巻 - スペインのならず者
14.

Chitarra alla spagnola, Book 4: Villan di Spagna

録音: 3-8 November 2018, Palazzo San Giovanni, Alessandro, Lecce, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8874920

ジョヴァンニ・ジローラモ・カプスベルガー - Giovanni Girolamo Kapsberger (1580-1651)

**:**
タブラチュアによるリュート曲集第1巻 - トッカータ第6番
15.

Libro I d'intavolatura di lauto: Toccata No. 6

録音: 3-8 November 2018, Palazzo San Giovanni, Alessandro, Lecce, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8874921
 
**:**
タブラチュアによるリュート曲集第1巻 - ガリアルダ第10番
16.

Libro I d'intavolatura di lauto: Gagliarda No. 10

録音: 3-8 November 2018, Palazzo San Giovanni, Alessandro, Lecce, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8874922

トマッゾ・マルケッティ - Tomasso Marchetti (1660-)

**:**
スペイン・ギターのタブラチュア集(抜粋)

Il primo libro d'intavolatura della chitarra spagnola (excerpts)

録音: 3-8 November 2018, Palazzo San Giovanni, Alessandro, Lecce, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8874923
**:**
»  Romanesca
17.

-

**:**
»  Clorida
18.

-

ジョヴァンニ・ジローラモ・カプスベルガー - Giovanni Girolamo Kapsberger (1580-1651)

**:**
タブラチュアによるキタローネ曲集 第1巻 - トッカータ・アルペッジャータ
19.

Libro I d'intavolatura di chitarone: Arpeggiata

録音: 3-8 November 2018, Palazzo San Giovanni, Alessandro, Lecce, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8874924

マルコ・マラッツォーリ - Marco Marazzoli (1602-1662)

**:**
否、わたしは泣くまい
20.

No, ch'io non piangerò, fà pur quel che tu sai

録音: 3-8 November 2018, Palazzo San Giovanni, Alessandro, Lecce, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8874925

ベルナルド・パスクィーニ - Bernardo Pasquini (1637-1710)

**:**
2台のチェンバロのためのソナタ第10番(ギターとテオルボ編)

Sonata for 2 Keyboards No. 10 in E Minor (arr. for guitar and theorbo)

録音: 3-8 November 2018, Palazzo San Giovanni, Alessandro, Lecce, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8874926
**:**
»  I. —
21.

-

**:**
»  II. —
22.

-

**:**
»  III. —
23.

-

**:**
5コース・ギターのタブラチュア集 第2巻 - パッサカリア
24.

Libro secondo d’intavolatura di chitarra a cinque ordini: Passacaglia

録音: 3-8 November 2018, Palazzo San Giovanni, Alessandro, Lecce, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8874927

トマッゾ・マルケッティ - Tomasso Marchetti (1660-)

**:**
スペイン・ギターのタブラチュア集 第1巻 - スパニョレッタ
25.

Il primo libro d'intavolatura della chitarra spagnola: Spagnoletta

録音: 3-8 November 2018, Palazzo San Giovanni, Alessandro, Lecce, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8874928
**:**
5コース・ギターのタブラチュア集 第2巻 - ママにみつかっちゃう
26.

Libro primo d’intavolatura di chitarra a cinque ordini: Mamma lo scorpiò

録音: 3-8 November 2018, Palazzo San Giovanni, Alessandro, Lecce, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8874929

トマッゾ・マルケッティ - Tomasso Marchetti (1660-)

**:**
スペイン・ギターのタブラチュア集 第1巻 - モニカ

Il primo libro d'intavolatura della chitarra spagnola: Monica

録音: 3-8 November 2018, Palazzo San Giovanni, Alessandro, Lecce, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8874930
**:**
»  Il primo libro d'intavolatura della chitarra spagnola: Mal francese mi tormenta
27.

-

アタナシウス・キルヒャー - Athanasius Kircher (1601-1680)

**:**
タランチュラの毒を浄める調べ
28.

Tarantella napolitana, tono hypodorico

録音: 3-8 November 2018, Palazzo San Giovanni, Alessandro, Lecce, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8874931
 
**:**
アンティドトゥム・タラントゥレ
29.

Antidotum tarantulae

録音: 3-8 November 2018, Palazzo San Giovanni, Alessandro, Lecce, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8874932

ジョヴァンニ・ジローラモ・カプスベルガー - Giovanni Girolamo Kapsberger (1580-1651)

**:**
タブラチュアによるリュート曲集第4巻 - バッターリア(ジルメッタ)
30.

Libro IV d'intavolatura di chitarrone: Battaglia: Girometta

録音: 3-8 November 2018, Palazzo San Giovanni, Alessandro, Lecce, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8874933
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/08/01
【歴史的奏法の向こうに垣間見えるポップな民俗音楽的サウンド。イタリアならではの痛快古楽撥弦盤!】ずばぬけた腕前でバロックギターとテオルボを弾きこなすイタリアの超実力派シモーネ・ヴァッレロトンダによる、気心の知れた共演者たちとの新感覚バロック撥弦アルバム。ヴァッレロトンダはすでにArcanaレーベルで『にせのアルファベート』と題したアルバムを録音、モンテヴェルディやカッチーニらがオペラという新芸術を爆発的に成功させた1600年前後にあって、イタリアの撥弦芸術がいかに多彩で躍動感にみちたものだったかを肌感覚で伝える名演を聴かせてくれましたが、これはそのさらなる進化形といってよいでしょう。アルバムタイトルにある600とは、イタリア語で「セイチェント」すなわち17世紀のこと。画家カラヴァッジョや彫刻家=建築家ベルニーニも活躍したバロック都市ローマには、その頃テオルボ奏者カプスベルガーやギター奏者フォスカリーニら凄腕撥弦奏者が集い、名曲も数多く残しています。アンドレア・ダミアーニとロルフ・リスレヴァンという知る人ぞ知る超名手たちに師事したヴァッレロトンダのくりだす闊達なサウンドは、バロック音楽がいかに自在だったかをモダンかつポップな風合いで理屈抜きに伝えるのみならず、打楽器やバグパイプを交えながらも、歴史的・地域的文脈をふまえつつ刺激に溢れたサウンドを提案。名手オノフリや人気歌手バラートらゲストの協力も頷ける、突き抜けた音作りに仕上がっています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。