ホーム > アルバム > A486 解き放たれたフォルクレ~ヴィオール作品集(リスレヴァン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
A486
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
ルイ・クープラン Louis Couperin , ロベ-ル・ド・ヴィゼー Robert de Visée , アントワーヌ・フォルクレ Antoine Forqueray , 不詳 Anonymous , マラン・マレ Marin Marais
編曲者
ロルフ・リスレヴァン Rolf Lislevand
アーティスト
パオラ・エルダス Paola Erdas , ジャドラン・ダンカム Jadran Duncumb , ロルフ・リスレヴァン Rolf Lislevand , André Lislevand

解き放たれたフォルクレ~ヴィオール作品集(リスレヴァン)

Viola da Gamba Recital: Lislevand, Andre - COUPERIN, L. / FORQUERAY, A. / MARAIS, M. / VISÉE, ROBERT de (Forqueray Unchained)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/A486

全トラック選択/解除

アントワーヌ・フォルクレ - Antoine Forqueray (1672-1745)

**:**
ヴィオール曲集 組曲第2番 ト長調 - 第5曲 シャコンヌ 「茂み」
1.

Pièces de viole: Suite No. 2 in G Major: V. Chaconne: La Buisson

録音: 7-14 February 2018 / 5-10 April 2019, Moosika Studios, Lislevand, Evje, Norway
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8917849

マラン・マレ - Marin Marais (1656-1728)

**:**
ヴィオール曲集 第3巻 組曲 ト短調(抜粋)

Pieces de viole, Book 3: Suite in G Minor (excerpts)

録音: 7-14 February 2018 / 5-10 April 2019, Moosika Studios, Lislevand, Evje, Norway
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8923393
**:**
»  II. Allemande - Double
2.

-

**:**
»  V. Plainte
3.

-

アントワーヌ・フォルクレ - Antoine Forqueray (1672-1745)

**:**
ヴィオール曲集 組曲第2番 ト長調 - 第2曲 マンドリン
4.

Pièces de viole: Suite No. 2 in G Major: II. La Mandoline: Point trop vite et d'aplomb

録音: 7-14 February 2018 / 5-10 April 2019, Moosika Studios, Lislevand, Evje, Norway
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8923394
 
**:**
ヴィオール曲集 組曲第2番 ト長調 - 第3曲 ラ・デュ・ブリュイユ
5.

Pièces de viole: Suite No. 2 in G Major: III. La Du Beuil: Louré

録音: 7-14 February 2018 / 5-10 April 2019, Moosika Studios, Lislevand, Evje, Norway
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8923395

マラン・マレ - Marin Marais (1656-1728)

**:**
ヴィオール曲集 第3巻 組曲 ト長調 - 第16曲 ギター(R. リスレヴァンによるバロック・ギター編)
6.

Pieces de viole, Book 3: Suite in G Major: XVI. La guitare (arr. R. Lislevand for baroque guitar)

録音: 7-14 February 2018 / 5-10 April 2019, Moosika Studios, Lislevand, Evje, Norway
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8923396
 
**:**
ヴィオール曲集 第3巻 組曲 ト長調 - 第16曲 ギター
7.

Pieces de viole, Book 3: Suite in G Major: XVI. La guitare

録音: 7-14 February 2018 / 5-10 April 2019, Moosika Studios, Lislevand, Evje, Norway
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8923397

ルイ・クープラン - Louis Couperin (-1661)

**:**
パッサカリアハ長調
8.

Passacaille in C Major

録音: 7-14 February 2018 / 5-10 April 2019, Moosika Studios, Lislevand, Evje, Norway
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8923398

マラン・マレ - Marin Marais (1656-1728)

**:**
ヴィオール曲集 第3巻 組曲 ハ短調 - 第1曲 前奏曲
9.

Pieces de viole, Book 3: Suite in C Minor: I. Prélude

録音: 7-14 February 2018 / 5-10 April 2019, Moosika Studios, Lislevand, Evje, Norway
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8923399

アントワーヌ・フォルクレ - Antoine Forqueray (1672-1745)

**:**
ヴィオール曲集 組曲第5番 ハ短調(抜粋)

Pieces de viole: Suite No. 5 in C Minor (excerpts)

録音: 7-14 February 2018 / 5-10 April 2019, Moosika Studios, Lislevand, Evje, Norway
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8923400
**:**
»  VII. Jupiter: Modérément
10.

-

**:**
»  VI. La Sylva: Tres tendrement
11.

-

**:**
»  V. La Montigni: Galamment sans lenteur
12.

-

不詳 - Anonymous

**:**
前奏曲(ヴォドリ・ド・セズネの音楽帳より)
13.

Prélude [Manuscrit Vaudry de Saizenay: Tablature de luth et de théorbe de divers auteurs, Beçancon, 1699]

録音: 7-14 February 2018 / 5-10 April 2019, Moosika Studios, Lislevand, Evje, Norway
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8923401

ロベ-ル・ド・ヴィゼー - Robert de Visée (1660?-1733?)

**:**
テオルボとリュートのための小品集 組曲 ト長調 - 第3曲 サラバンド
14.

Pieces de theorbe et de luth mises en partition dessus et basse: Suite in G Major: III. Sarabande

録音: 7-14 February 2018 / 5-10 April 2019, Moosika Studios, Lislevand, Evje, Norway
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8923402

アントワーヌ・フォルクレ - Antoine Forqueray (1672-1745)

**:**
ヴィオール小品集 - 組曲第3番 ニ短調(抜粋)

Pièces de viole: Suite No. 3 in D Major (excerpts)

録音: 7-14 February 2018 / 5-10 April 2019, Moosika Studios, Lislevand, Evje, Norway
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8923403
**:**
»  I. La Ferrand: Vivement
15.

-

**:**
»  III. La Trochin: Mouvement aisé
16.

-

ロベ-ル・ド・ヴィゼー - Robert de Visée (1660?-1733?)

**:**
テオルボとリュートのための小品集 組曲 ニ短調(抜粋)

Pieces de theorbe et de luth mises en partition dessus et basse: Suite in D Minor (excerpts)

録音: 7-14 February 2018 / 5-10 April 2019, Moosika Studios, Lislevand, Evje, Norway
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8923404
**:**
»  II. Courante
17.

-

**:**
»  VI. Rondeau: Mascarade
18.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2021/02/01
【「悪魔のように弾いた」フォルクレの静けさと雄弁のはざま】ヴィオール(ヴィオラ・ダ・ガンバ)はバロック期のフランスで大いに好まれた弦楽器。その名手として双璧をなした存在が「天使のように弾く」と讃えられたマラン・マレと、対照的に「悪魔のように弾く」との賛辞で知られたアントワーヌ・フォルクレでした。息子への暴力など悪い噂もありながら幼少期より圧倒的な音楽性と演奏能力でフランス王室を驚かせ、ヴィオール芸術の発展に大いに尽くしながらも生前は作品を楽譜出版することのなかったフォルクレの遺稿は、本人の歿後まもなく息子によって整理・刊行され世に残っています。縦横無尽にヴィオールを扱う名品揃いのこの曲集は五つの組曲からなる構成ですが、本盤ではバロック期にもそのようにすることがあったように、他の作曲家の作品も交え曲の調性にあわせて三つの組曲にまとめ直して収録(本盤ではこれらを「モザイク組曲」と名づけています)。好敵手マレや同時代の撥弦楽器作曲家ド・ヴィゼーらも含めたその音楽世界を精緻な演奏で浮き彫りにしてゆくのは、リュートの巨匠ロルフ・リスレヴァンドの息子、アンドレ・リスレヴァンド(アルバム解説も彼自身が執筆)。古楽演奏の空気を存分に吸いながら育った彼ならではの作品美に寄り沿う解釈を、若き俊才たちが親密な共演で盛り上げます。父ロルフもプロデューサー&エンジニアとしてアルバムを全面的にバックアップ。演奏にも2曲ほど参加しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。