ホーム > アルバム > A488 フックス:歌劇「月桂樹に姿を変えたダフネ」(ヴェンディテッリ/ピッチニーニ/ペ/テドラ/コンタルド/ゼフィーロ/ベルナルディーニ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
A488
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
ヨハン・ヨーゼフ・フックス Johann Joseph Fux
作詞家
ピエトロ・パリアーティ Pietro Pariati
アーティスト
アリアンナ・ヴェンディテッリ Arianna Vendittelli , ヴァレルイオ・コンタルド Valerio Contaldo , ゼフィーロ Zefiro , ソニア・テドラ Sonia Tedla , モニカ・ピッチニーニ Monica Piccinini , ラファエレ・ペ Raffaele Pé , アルフレッド・ベルナルディーニ Alfredo Bernardini

フックス:歌劇「月桂樹に姿を変えたダフネ」(ヴェンディテッリ/ピッチニーニ/ペ/テドラ/コンタルド/ゼフィーロ/ベルナルディーニ)

FUX, J.J.: Dafne in Lauro [Opera] (Vendittelli, Piccinini, Pé, Tedla, Contaldo, Zefiro, Bernardini)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/A488

全トラック選択/解除

Disc 1

ヨハン・ヨーゼフ・フックス - Johann Joseph Fux (1660-1741)

**:**
歌劇「ラウロのダフネ」 K. 308

Dafne in Lauro, K. 308

録音: 20-22 June 2019, Live recording, Helmut List Halle, Graz, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8913165
**:**
»  Sinfonia
1.

-

**:**
»  Scene 1: Recitative: Dafne se mai ti cinse (Diana)
2.

-

**:**
»  Scene 1: Aria: Perde il tempo (Diana)
3.

-

**:**
»  Scene 1: Recitative: Chi d'amor sa le frodi (Dafne)
4.

-

**:**
»  Scene 2: Aria: Io so che tanto piace (Dafne)
5.

-

**:**
»  Scene 3: Recitative: Udite, ma tacete (Amore)
6.

-

**:**
»  Scene 3: Aria: Non v'è cor che del mio foco (Amore)
7.

-

**:**
»  Scene 3: Recitative: Ben ti vanti (Mercurio, Amore)
8.

-

**:**
»  Scene 4: Non è il sol (Mercurio)
9.

-

**:**
»  Scene 4: Recitagive: Coronatemi l'arco, o vaghi fiori (Apollo, Amore)
10.

-

**:**
»  Scene 5: Aria: Lusingato dai fiori del prato (Apollo)
11.

-

**:**
»  Scene 5: Recitative: D'amor tanto nemico? (Amore, Apollo, Diana)
12.

-

**:**
»  Scene 5: Aria: Sappia il monte, il colle, il piano (Diana)
13.

-

**:**
»  Scene 5: Chorus: Da Cintia a le piante (Nymphs, Shepherds)
14.

-

**:**
»  Scene 6: Recitative: Dafne, tu che sì fida (Diana, Dafne, Apollo, Amore)
15.

-

**:**
»  Scene 6: Recitative: Lascia, lascia il mio velo (Dafne, Apollo)
16.

-

**:**
»  Scene 6: Aria: Ferma, o cara (Apollo)
17.

-

**:**
»  Scene 6: Aria: Serba il tuo cor per te (Dafne)
18.

-

**:**
»  Scene 7: Recitativ: Parte la bella, e seco (Apollo, Amore, Mercurio)
19.

-

**:**
»  Scene 7: Aria: Qual si nutrisca il fior (Mercurio)
20.

-

**:**
»  Scene 8: Recitative: E tu perciò lasciasti (Diana, Dafne)
21.

-

**:**
»  Scene 8: Aria: Fan gli amanti (Diana)
22.

-

**:**
»  Scene 8: Recitative: Per te, per l'altre Dive, al di cui petto (Dafne)
23.

-

**:**
»  Scene 12: Aria: Va prigioniero (Dafne)
24.

-

**:**
»  Scene 8: Recitative: Dunque amor sì paventi (Diana, Dafne)
25.

-

**:**
»  Scene 8: Duet: Non v'è pace, non v'è calma (Diana, Dafne)
26.

-

Disc 2

ヨハン・ヨーゼフ・フックス - Johann Joseph Fux (1660-1741)

**:**
歌劇「ラウロのダフネ」 K. 308

Dafne in Lauro, K. 308

録音: 20-22 June 2019, Live recording, Helmut List Halle, Graz, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8913165
**:**
»  Scene 9: Recitative: Ah, qual pena è l'amor (Apollo, Amore)
1.

-

**:**
»  Scene 9: Aria: In quel volto di gigli, e di rose (Apollo)
2.

-

**:**
»  Scene 10: Recitative: Apollo ancor vaneggia? (Mercurio, Apollo)
3.

-

**:**
»  Scene 10: Allor ch'è e più agitato (Mercurio)
4.

-

**:**
»  Scene 11: Recitative: Or va', Richiama, o Dafne (Diana, Apollo, Dafne)
5.

-

**:**
»  Scene 11: Duet: Nel pensier di sempre amarti (Apollo, Dafne)
6.

-

**:**
»  Scene 12: Recitative: Questo, Diana, è 'l cenno (Mercurio, Diana, Amore)
7.

-

**:**
»  Scene 12: Chorus: O beata ventura! - Vieni con nuovi rai (Chorus)
8.

-

**:**
»  Scene 13: Recitative: Regga chi vuol del dì lucente il corso (Apollo, Diana, Amore)
9.

-

**:**
»  Scene 13: Aria: Io so con cento frodi (Amore)
10.

-

**:**
»  Scene 14: Recitative: Se dunque alla virtute (Diana)
11.

-

**:**
»  Scene 14: Chaconne: Il voler vincere amore (Diana)
12.

-

**:**
»  Scene 15: Recitative: Vincer non so né voglio (Apollo, Dafne)
13.

-

**:**
»  Scene 15: Lascio d'esser ninfa, sì (Dafne)
14.

-

**:**
»  Scene 16: Recitative: Da la virtute (Apollo)
15.

-

**:**
»  Scene 16: Aria: Questa fronda che circonda (Apollo)
16.

-

**:**
»  Scene Finale: Bei lauri crescete (Chorus)
17.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2021/06/01
【歿後280年。大家フックスの知られざる技量をゼフィーロの妙演で堪能!】イタリアの大作曲家アレッサンドロ・スカルラッティと同じ頃に生まれヴィヴァルディと同じ年に亡くなった、ウィーンの巨匠J.J.フックス。17世紀末、いまだイタリア人優遇の機運が根強かったハプスブルク皇室で、ドイツ人ながら別格の厚遇を受け最高楽長の座に君臨できたのは、宮廷人たちを誰よりも魅了できる音楽を提供できるセンスがずばぬけていたからだった……と強く再認識させてくれる録音です。ハイドンやモーツァルトらも学んだ対位法理論の名著『パルナスス山への階段』の著者として言及されることも多いフックスですが、この《月桂樹に姿を変えたダフネ》はいわばヴィヴァルディの華麗とヘンデル的雄弁に加え、バッハにも通じる精緻まで兼ね備えた充実度!太陽神アポロの求愛をかわし、女神ディアナの掟通りに貞節を守るため月桂樹に姿を変えた水の精をめぐる伝説を、フックスはメロディアスな歌と巧みな多声書法とを的確に使いスリリングな音物語に綴ってゆきます。ラファエル・ペやモニカ・ピッチニーニら人気歌手を揃えたソリスト勢もさることながら、器楽パートの豪華さを見れば充実の演奏に仕上がっているのも納得。管楽器勢はグラッツィ兄弟のオーボエとファゴットにマルチェッロ・ガッティのトラヴェルソ、クラリネットの前身楽器でいち早くウィーン宮廷に取り入れられていたシャリュモーにロレンツォ・コッポラ……とゼフィーロならではの豪華さ。さらにヴィオラ・ダ・ガンバには今や大御所の風格も帯びつつあるドゥフトシュミットまでゲストで加わり、多彩な通奏低音楽器の扱いをはじめ随所での入念な解釈と奏者の妙技が生きるエキサイティングな音作りです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。