ホーム > アルバム > A491 スウィザン!~ウィンチェスター写本にみる1000年前の英国における悪魔と奇跡の物語(ディアロゴス/リヴリャニック)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
A491
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽アンサンブル
作曲家
不詳 Anonymous
作詞家
ウスターのウルフスタン Wulfstan of Worcester, , 聖書 Bible , 不詳 Anonymous , Aelfric of Winchester,
編曲者
スーザン・ランキン Susan Rankin , カタリーナ・リヴリャニック Katarina Livljanić
アーティスト
ディアロゴス Dialogos , カタリーナ・リヴリャニック Katarina Livljanić

スウィザン!~ウィンチェスター写本にみる1000年前の英国における悪魔と奇跡の物語(ディアロゴス/リヴリャニック)

EARLY MEDIEVAL POLYPHONY FROM WINCHESTER - Swithun! Demons and Miracles from Winchester Around 1000 (Dialogos, Livljanić)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/A491

全トラック選択/解除

不詳 - Anonymous

**:**
そこにはエルフィアがおり
1.

Aelfeah adest, Ordbirhtus adest, Wulfsinus et Aelfric [Royal British Library, London, 15. C. VII, 11th century] (reconstructed by K. Livljanić for vocal ensemble)

録音: 5-8 October 2019, Abbaye de Noirlac, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8971335
 
**:**
来たれ、主を賛美せよ
2.

Regem regum dominum [Winchester Troper, 11th century] (trans. S. Rankin for vocal ensemble)

録音: 5-8 October 2019, Abbaye de Noirlac, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8976644
 
**:**
この家に平安を
3.

Pax huic domui [Processional antiphon, Paris, BNF, MS 943, 10th century]

録音: 5-8 October 2019, Abbaye de Noirlac, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8976645
 
**:**
偉大な奇跡の数々が
4.

Magna miracula [Royal British Library, London, 15. C. VII, 11th century] (reconstructed by K. Livljanić for vocal ensemble)

録音: 5-8 October 2019, Abbaye de Noirlac, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8976646
 
**:**
たとえ、私がいかに最もつまらない者であろうと
5.

Et licet extremus hominum [Royal British Library, London, 15. C. VII, 11th century] (reconstructed by K. Livljanić for vocal ensemble)

録音: 5-8 October 2019, Abbaye de Noirlac, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8976647
 
**:**
彼は古きメルキセデクの盟約により祭司をつとめ
6.

Statuit ei Dominus [Troped Introit, Winchester Troper, 11th century] (trans. S. Rankin for vocal ensemble)

録音: 5-8 October 2019, Abbaye de Noirlac, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8976648
 
**:**
聖なる日が近づき
7.

Alma fuit vicina dies [Royal British Library, London, 15. C. VII, 11th century] (reconstructed by K. Livljanić for vocal ensemble)

録音: 5-8 October 2019, Abbaye de Noirlac, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8976649
 
**:**
スウィザン、偉大なる人
8.

Gloriosus vir sanctus Swithunus [Two-part responsory, Winchester Troper, 11th century] (trans. S. Rankin for vocal ensemble)

録音: 5-8 October 2019, Abbaye de Noirlac, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8976650
 
**:**
その祝福された日が、再びこの現世に
9.

Cumque dies eadem benedicta [Royal British Library, London, 15. C. VII, 11th century] (reconstructed by K. Livljanić for vocal ensemble)

録音: 5-8 October 2019, Abbaye de Noirlac, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8976651
 
**:**
安らぎの中で私は眠りにつく
10.

In pace in idipsum [Antiphon, Worcester Cathedral Music Library, MS160, 13th century]

録音: 5-8 October 2019, Abbaye de Noirlac, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8976652
 
**:**
この喜ばしい夢は神ゆえのもの
11.

Þa swefna beoð wynsume [London, British Library, Cotton MS Julius E VII, 11th century] (reconstructed by K. Livljanić for vocal ensemble)

録音: 5-8 October 2019, Abbaye de Noirlac, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8976653
 
**:**
しかるに、ややあって目覚めてみれば
12.

Qui post evigilans [Royal British Library, London, 15. C. VII, 11th century] (reconstructed by K. Livljanić for vocal ensemble)

録音: 5-8 October 2019, Abbaye de Noirlac, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8976654
 
**:**
アルファベットによる讃歌 「あなたは助けの手を差し伸べてくださいます」
13.

Auxilium, domine [De Sancto Swithuno, Rouen, BM 1385, 10th century] (reconstructed by K. Livljanić for vocal ensemble)

録音: 5-8 October 2019, Abbaye de Noirlac, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8976655
 
**:**
復讐の女神エウメニデスたちの残酷さをもってしても
14.

Sed cum nulla virum feritas [Royal British Library, London, 15. C. VII, 11th century] (reconstructed by K. Livljanić for vocal ensemble)

録音: 5-8 October 2019, Abbaye de Noirlac, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8976656
 
**:**
見よ、この聡明なるスウィザンを
15.

Ecce vir prudens Swithunus [Two-part responsory, Winchester Troper, 11th century] (trans. S. Rankin for vocal ensemble)

録音: 5-8 October 2019, Abbaye de Noirlac, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8976657
 
**:**
さて、この病気の男が
16.

Infirmo siquidem, cum nullum prendere somnum [Royal British Library, London, 15. C. VII, 11th century] (reconstructed by K. Livljanić for vocal ensemble)

録音: 5-8 October 2019, Abbaye de Noirlac, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8976658
 
**:**
われら主を讃えん
17.

Laudemus Dominum [Two-part responsory, Winchester Troper, 11th century] (trans. S. Rankin for vocal ensemble)

録音: 5-8 October 2019, Abbaye de Noirlac, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8976659
 
**:**
この勝利せる聖なる者が
18.

Talibus aegrotum [Royal British Library, London, 15. C. VII, 11th century] (reconstructed by K. Livljanić for vocal ensemble)

録音: 5-8 October 2019, Abbaye de Noirlac, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8976660
 
**:**
体を寄せ合い、手の内で脂を燃やし
19.

Sint lumbi vestri [Sequence, Winchester Troper, 10th century] (trans. S. Rankin for vocal ensemble)

録音: 5-8 October 2019, Abbaye de Noirlac, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8976661
 
**:**
彼はそこで三日三晩、眠ることなく祈りを捧げ
20.

Pervigilat ternis ibi noctibus atque diebus [Royal British Library, London, 15. C. VII, 11th century] (reconstructed by K. Livljanić for vocal ensemble)

録音: 5-8 October 2019, Abbaye de Noirlac, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8976662
 
**:**
見よ、聖なる者スウィザンその人の幻が現れ
21.

Hwæt ða se halga Swyðun [London, British Library, Cotton MS Julius E VII, 11th century] (reconstructed by K. Livljanić for vocal ensemble)

録音: 5-8 October 2019, Abbaye de Noirlac, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8976663
 
**:**
アレルヤ、おお道を、光を、真実を
22.

Alleluia: Via lux veritas [Winchester Troper, 11th century] (trans. S. Rankin for vocal ensemble)

録音: 5-8 October 2019, Abbaye de Noirlac, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8976664
 
**:**
私たちが目にした出来事について、黙ってはいられない
23.

Quid plura? [Royal British Library, London, 15. C. VII, 11th century] (reconstructed by K. Livljanić for vocal ensemble)

録音: 5-8 October 2019, Abbaye de Noirlac, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8976665
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2021/09/01
【最古の多声音楽の一つ、英国11世紀の有名曲集を意外な実力派が!】中世英国を代表するゴシック聖堂のひとつウィンチェスター大聖堂は、楽譜として残されたものの中では最古の部類に属する多声音楽をまとめた歌集『ウィンチェスター・トロープス集(ウィンチェスター写本)』が記された場所。その成立年代は実に1000年代、つまり中世の多声音楽として広く知られたノートルダム楽派のオルガヌム群より2世紀も遡ります。この大聖堂で司教をつとめ、宗教改革以前にはその守護聖人としても祀られていた聖スウィザン(800頃?863)をアルバムのテーマに掲げながら、中世の声楽曲の研究と演奏実践でのユニークな実績を誇るクロアチアの古楽グループ、ディアロゴスが新たな名盤を制作しました。カタリナ・リヴィヤニチ率いるディアロゴスはArcanaレーベルの創設者ミシェル・ベルンステンが生前最後に録音技師としてアルバムを手がけたグループで、同レーベルに多くの録音がありますが、英国音楽に取り組むのは今回が初。プログラムの中軸をなすトロープス集に記されている音楽に加え、同じ大聖堂でほぼ同時期に綴られた聖スウィザンを称える詩を、当時の多声音楽の作法をふまえた即興歌唱で歌いこなす技量にも息を飲むばかり。ディアロゴス特有の「東」を感じさせる独特な声の佇まいとあいまって、女声だけのア・カペラで歌われる中世音楽ならではの不思議な異界感が、初期多声音楽のえもいわれぬ和声感覚の魅力を引き立てます。充実した解説書も専門的知見に関心のある聴き手の期待を裏切りません。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。