ホーム > アルバム > A561 ローマのハープ - バロックハープを伴う17世紀ローマの声楽曲集(ピサーニ/ラ・スミズランツァ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
A561
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 声楽曲, 室内楽
作曲家
ジョヴェナーレ・アンチーナ Giovenale Ancina , レリオ・コリスタ Lelio Colista , マリオ・サヴィオーニ Mario Savioni , リナルド・トレマテッラ Rinaldo Trematerra , アンドレア・ファルコニエーリ Andrea Falconieri , 不詳 Anonymous , ジローラモ・アレッサンドロ・フレスコバルディ Girolamo Alessandro Frescobaldi , マルコ・マラッツォーリ Marco Marazzoli , オラツィオ・ミーキ Orazio Michi , ステファノ・ランディ Stefano Landi , ジャンカルロ・ロッシ Giancarlo Rossi , ルイージ・ロッシ Luigi Rossi
作詞家
ジョヴェナーレ・アンチーナ Giovenale Ancina , フランチェスコ・バルドゥッチ Francesco Balducci , 不詳 Anonymous , ドメヌコ・ベニーニ Domenico Benigni , ジョヴァンニ・ロッティ Giovanni Lotti
アーティスト
キアラ・グラナタ Chiara Granata , リッカルド・ピサーニ Riccardo Pisani , ラ・スミズランツァ Smisuranza, La

ローマのハープ - バロックハープを伴う17世紀ローマの声楽曲集(ピサーニ/ラ・スミズランツァ)

HARPA ROMANA - Arias and Cantatas by the 17th-Century Virtuosos (Pisani, La Smisuranza)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/A561

全トラック選択/解除

不詳 - Anonymous

**:**
カンツォーナ(17世紀)
1.

Canzona [17th century]

録音: 13-16 August 2022, Church of Santa Maria, Campo, Cavenago di Brianza, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10534740

オラツィオ・ミーキ - Orazio Michi (1595-1641)

**:**
おお恋人よ、なんと静かな夜だろう
2.

Or che la notte del silenzio amica

録音: 13-16 August 2022, Church of Santa Maria, Campo, Cavenago di Brianza, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10535251
 
**:**
もう情けの弦で濡らすまい、この竪琴を
3.

Più non armi la mia lira

録音: 13-16 August 2022, Church of Santa Maria, Campo, Cavenago di Brianza, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10535252

ジローラモ・アレッサンドロ・フレスコバルディ - Girolamo Alessandro Frescobaldi (1583-1643)

**:**
スピネッティーナのためのトッカータ
4.

Toccata per spinettina sola over liuto

録音: 13-16 August 2022, Church of Santa Maria, Campo, Cavenago di Brianza, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10535253

オラツィオ・ミーキ - Orazio Michi (1595-1641)

**:**
わが両目は陽光を失ってしまった
5.

Perdan quest'occhi il sole

録音: 13-16 August 2022, Church of Santa Maria, Campo, Cavenago di Brianza, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10535254

アンドレア・ファルコニエーリ - Andrea Falconieri (1586-1656)

**:**
竪琴の調べ
6.

Arpa

録音: 13-16 August 2022, Church of Santa Maria, Campo, Cavenago di Brianza, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10535255

オラツィオ・ミーキ - Orazio Michi (1595-1641)

**:**
不幸なわたしの生涯よ
7.

Infelice mia vita

録音: 13-16 August 2022, Church of Santa Maria, Campo, Cavenago di Brianza, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10535256

不詳 - Anonymous

**:**
トッカータ「花よ咲き誇れ」
8.

Toccata per Florete Flores

録音: 13-16 August 2022, Church of Santa Maria, Campo, Cavenago di Brianza, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10535257

マリオ・サヴィオーニ - Mario Savioni (1608-1685)

**:**
恋が罪でないというなら
9.

Se l'amar non è peccato

録音: 13-16 August 2022, Church of Santa Maria, Campo, Cavenago di Brianza, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10535258

ステファノ・ランディ - Stefano Landi (1587-1639)

**:**
ラ・ラガナ
10.

La Ragana

録音: 13-16 August 2022, Church of Santa Maria, Campo, Cavenago di Brianza, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10535259

ジャンカルロ・ロッシ - Giancarlo Rossi (1617-1692)

**:**
行け、わが心よ、あの星々の輝くところへ
11.

Vanne, mio core, alle stelle

録音: 13-16 August 2022, Church of Santa Maria, Campo, Cavenago di Brianza, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10535260
 
**:**
かくも甘美な、この身に感じる痛みよ
12.

E così dolce la pena

録音: 13-16 August 2022, Church of Santa Maria, Campo, Cavenago di Brianza, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10535261

不詳 - Anonymous

**:**
竪琴を構えて
13.

Una cetra s'accoglie [Bibliothèque Nationale de France RES VMC MS-77, Paris, 17th century]

録音: 13-16 August 2022, Church of Santa Maria, Campo, Cavenago di Brianza, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10535262

ジャンカルロ・ロッシ - Giancarlo Rossi (1617-1692)

**:**
わたしに死んでほしいのか
14.

Vuoi ch'io mora

録音: 13-16 August 2022, Church of Santa Maria, Campo, Cavenago di Brianza, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10535263

ルイージ・ロッシ - Luigi Rossi (1598-1653)

**:**
ここで独りにさせてください
15.

Lasciatemi qui solo

録音: 13-16 August 2022, Church of Santa Maria, Campo, Cavenago di Brianza, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10535264

マルコ・マラッツォーリ - Marco Marazzoli (1602-1662)

**:**
それでも恋に溺れたかったわたしに
16.

E pur volsi innamorarmi

録音: 13-16 August 2022, Church of Santa Maria, Campo, Cavenago di Brianza, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10535265

レリオ・コリスタ - Lelio Colista (1629-1680)

**:**
パラディグマ I
17.

Paradigmata I

録音: 13-16 August 2022, Church of Santa Maria, Campo, Cavenago di Brianza, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10535266

マルコ・マラッツォーリ - Marco Marazzoli (1602-1662)

**:**
哀れなものよ、しかし確かに
18.

Misero, ed è pur vero ch'avido

録音: 13-16 August 2022, Church of Santa Maria, Campo, Cavenago di Brianza, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10535267
 
**:**
ああ、わたしはいつも忘れてしまう
19.

O che sempre mi scordi del nulla

録音: 13-16 August 2022, Church of Santa Maria, Campo, Cavenago di Brianza, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10535268

リナルド・トレマテッラ - Rinaldo Trematerra (1603-)

**:**
カンツォーナ
20.

Canzon

録音: 13-16 August 2022, Church of Santa Maria, Campo, Cavenago di Brianza, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10535269

ジョヴェナーレ・アンチーナ - Giovenale Ancina (1545-1604)

**:**
贖罪主の母なる方よ

Madre del Redentor

録音: 13-16 August 2022, Church of Santa Maria, Campo, Cavenago di Brianza, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10535270
**:**
»  Madre del Redentor (after Vespasiano Roccia)
21.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2024/01/01
【バロック・ハープの弦音が幾重にも重なる妙なる響き。バロックの真髄を美声の独唱と共に】16世紀末から17世紀にかけて、音楽よりも先に建築や美術で後年「バロック」と呼ばれることになる新芸術が大きく開花したローマ。17世紀にはフィレンツェで花開いたオペラの技法やヴェネツィア複合唱様式などの影響で、音楽でも独唱に重きを置いた新しい様式が発展します。ソナタなどの器楽芸術も躍進してゆくこの時代、ローマでは声楽の伴奏も含め撥弦楽器奏者たちが大活躍。特にハープは古代を思わせる外観とあいまって、幾人かの名手の活躍を通じバロック期のローマで大いに愛されました。3人の古楽ハープ奏者たちが集うラ・スミズランツァは今回、ローマ生まれで教皇庁聖歌隊出身の古楽歌手リッカルド・ピザーニと共に、この時代にハープで奏でられたローマの作曲家たちの声楽作品と器楽曲を厳選。殆どの曲が世界初録音となる貴重なプログラムを通じ、半音階を多様した当時の音楽にも対応できるよう作られたバロック型のダブルハープあればこその充実アルバムを編み上げました。ランディやカプスベルガーなど同時代の声楽作曲家たちの曲をとりあげた録音物でたびたび言及される「ハープのミーキ」ことオラツィオ・ミーキ、不協和音も取り入れた緻密な和声語法で独特の味わいを生み出す異才マラッツォーリなどのユニークな音楽の魅力が、妙なる撥弦の重なりと古楽のスペシャリストによる美声で生々しく「いま」に蘇ります。フレスコバルディやモンテヴェルディなど同時期のイタリア音楽の捉え方にも新たな光を投げかけてくれる、ARCANAならではの充実盤の登場です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。