ホーム > アルバム > ACD-8014 ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 Op. 61/ロマンス第1番, 第2番(ラウテンバッハー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
ACD-8014
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven
アーティスト
ウェストファリアン交響楽団 Westphalian Symphony Orchestra , カート・クレーマー Curt Cremer , バーデン・シュターツカペレ Badische Staatskapelle , フーベルト・ライヒェルト Hubert Reichert , スザンネ・ラウテンバッハー Susanne Lautenbacher

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 Op. 61/ロマンス第1番, 第2番(ラウテンバッハー)

BEETHOVEN, L. van: Violin Concerto, Op. 61 / Romances Nos. 1 and 2 (Lautenbacher, Westphalian Symphony, Reichert)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ACD-8014

全トラック選択/解除

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)

**:**
ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op. 61

Violin Concerto in D Major, Op. 61

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/386244
**:**
»  I. Allegro ma non troppo
1.

-

**:**
»  II. Larghetto
2.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegro
3.

-

 
**:**
ロマンス第1番 ト長調 Op. 40
4.

Romance No. 1 in G Major, Op. 40

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/386245
 
**:**
ロマンス第2番 ヘ長調 Op. 50
5.

Romance No. 2 in F Major, Op. 50

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/386246
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: Tossy 投稿日:2012/06/09
私がクラシックを聴き始めた1970年ごろ、このベートーベンは日本でも廉価盤LPとして発売されていました。第二次世界大戦の影響もあったのでしょうが、当時はソロ奏者として登場するドイツ出身の女性ヴァイオリニストはきわめて少なく、スザンネ・ラウテンバッハーは「孤塁を守っている」といった感がありました。改めてこの演奏を聴いて、オケも指揮者も上手くありませんが、彼女の演奏だけは師であるシェリングと共通する真摯さが全曲を貫き、特にコンチェルトのカデンツァは本当に見事だと感心しました。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。