ホーム > アルバム > AG0003 スティーヴンソン/ラフマニノフ/ミハショフ:ピアノ作品集(ジェイソン・ベ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
AG0003
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ロナルド・スティーヴンソン Ronald Stevenson , イヴァ・エミリアン・ミカショフ Yvar Emilian Mikhashoff , セルゲイ・ラフマニノフ Sergey Rachmaninov
アーティスト
ジェイソン・ベ Jason Bae

スティーヴンソン/ラフマニノフ/ミハショフ:ピアノ作品集(ジェイソン・ベ)

Piano Recital: Bae, Jason - STEVENSON, R. / RACHMANINOV, S. / MIKHASHOFF, Y.E. (Marylebone)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/AG0003

全トラック選択/解除

ロナルド・スティーヴンソン - Ronald Stevenson (1928-)

**:**
ブリテンの主題によるピーター・グライムズ幻想曲
1.

Peter Grimes Fantasy on themes from Britten

録音: 25-26 June 2015, Tonzauber Studio, Konzerthaus, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4756668

セルゲイ・ラフマニノフ - Sergey Rachmaninov (1873-1943)

**:**
ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調 Op. 36 (1913年版)

Piano Sonata No. 2 in B-Flat Minor, Op. 36 (1913 version)

録音: 25-26 June 2015, Tonzauber Studio, Konzerthaus, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4773424
**:**
»  I. Allegro agitato
2.

-

**:**
»  II. Non allegro
3.

-

**:**
»  III. Allegro molto
4.

-

 
**:**
楽興の時 Op. 16

Moments musicaux, Op. 16

録音: 25-26 June 2015, Tonzauber Studio, Konzerthaus, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4773425
**:**
»  No. 1 in B-Flat Minor: Andantino
5.

-

**:**
»  No. 2 in E-Flat Minor: Allegretto
6.

-

**:**
»  No. 3 in B Minor: Andante cantabile
7.

-

**:**
»  No. 4 in E Minor: Presto
8.

-

**:**
»  No. 5 in D-Flat Major: Adagio sostenuto
9.

-

**:**
»  No. 6 in C Major: Maestoso
10.

-

イヴァ・エミリアン・ミカショフ - Yvar Emilian Mikhashoff (1941-1993)

**:**
蝶々夫人のポートレート
11.

Portrait of Madame Butterfly (after G. Puccini)

録音: 25-26 June 2015, Tonzauber Studio, Konzerthaus, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4773426
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/01/01
ピアニスト、ジェイソン・ベは10歳になった時「コンサート・ピアニストになる」と決意したと言います。彼はブロンフマンが演奏するラフマニノフのピアノ協奏曲第2番と第3番をラジオで聴き、慌ててオークランドの倉庫のようなお店にCDを買いに行き「Rachmaninov」と書かれた全てのアルバムを購入して帰宅。ドミトリ・アレクセイが演奏する「楽興の時」の演奏に“恋におちた”のだそうです。また彼にとって「蝶々夫人」も大切な作品であり、その悲しい物語と音楽にも完全に魅了されたのだそう。ブリテンは、好きではなかったものの「ピーター・グライムズ」を聞いたら好きになったとも。若きピアニストの様々な体験を彷彿させるユニークな1枚です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。