ホーム > アルバム > ALC1021 ミャスコフスキー:管弦楽作品全集 11 - 交響曲第15番、第27番(ロシア連邦国立響/スヴェトラーノフ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
ALC1021
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ニコライ・ミャスコフスキー Nikolay Yakovlevich Myaskovsky
アーティスト
エフゲニー・スヴェトラーノフ Evgeny Svetlanov , ロシア連邦国立交響楽団 Russian Federation Academic Symphony Orchestra

ミャスコフスキー:管弦楽作品全集 11 - 交響曲第15番、第27番(ロシア連邦国立響/スヴェトラーノフ)

MYASKOVSKY, N.: Symphonic Works (Complete), Vol. 11 (Svetlanov) - Symphonies Nos. 15, 27

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ALC1021

全トラック選択/解除

ニコライ・ミャスコフスキー - Nikolay Yakovlevich Myaskovsky (1881-1950)

**:**
交響曲第15番 ニ短調 Op. 38

Symphony No. 15 in D Minor, Op. 38

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/370068
**:**
»  I. Andante - allegro appassionato
1.

-

**:**
»  II. Moderato assai
2.

-

**:**
»  III. Allegro molto, ma con garbo
3.

-

**:**
»  IV. Poco pesante - allegro ma non troppo
4.

-

 
**:**
交響曲第27番 ハ短調 Op. 85

Symphony No. 27 in C Minor, Op. 85

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/370069
**:**
»  I. Adagio - Allegro animato
5.

-

**:**
»  II. Adagio
6.

-

**:**
»  III. Presto ma non troppo
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: はやしひろし 投稿日:2009/11/13
ついにスヴェトラーノフのミャスコフスキー交響曲全集がNMLに登場である。  自身の財産を投げ打って完成させたほどスヴェトラーノフが入れ込んだこの作曲家のこの全集は、スヴェトラーノフとロシア国立響の祖国に対する深い愛情と、もはや現代では望むべくも無い鉄壁のアンサンブルによって、他の追従を許さないものとなっている。 ミャスコフスキーの音楽については語るべきことが多すぎるのでここでは語らないが、まずは新着の中で、このアルバムにある最後の交響曲である27番のアダージョと、吹奏楽のために書かれた19番を聴いていただきたい。  27番のアダージョは、ロシア音楽の中で最も崇高で、最も狂おしいほど切なくて美しい音楽であり、ロシアの深い深い秋の森を連想させる冒頭のホルンの響きから、もう涙ボロボロ。 スヴェトラーノフの演奏がまたその感情をいやが上にもかきむしる素晴らしいもので、あまりに切なくて息が苦しくなってしまう。 19番は、まさにスヴェトラーノフとロシア国立響のために書かれたような音楽であり、彼らの超重量級の鉄壁ブラスアンサンブルを堪能しきる幸せがそこにある。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。