ホーム > アルバム > ALPHA1046 R. シュトラウス:最後の4つの歌(グリゴリアン/ヒンターホイザー/フランス放送フィル/フランク)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
ALPHA1046
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲
作曲家
リヒャルト・シュトラウス Richard Strauss
作詞家
ヨーゼフ・フォン・アイヒェンドルフ Joseph von Eichendorff , ヘルマン・ヘッセ Hermann Hesse
編曲者
マックス・ヴォルフ Max Wolff
アーティスト
アスミク・グリゴリアン Asmik Grigorian , マルクス・ヒンターホイザー Markus Hinterhäuser , ミッコ・フランク Mikko Franck , フランス放送フィルハーモニー管弦楽団 Orchestre Philharmonique de Radio France

R. シュトラウス:最後の4つの歌(グリゴリアン/ヒンターホイザー/フランス放送フィル/フランク)

STRAUSS, R.: 4 Last Songs (Grigorian, Hinterhäuser, Orchestre Philharmonique de Radio France, Franck)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ALPHA1046

全トラック選択/解除

リヒャルト・シュトラウス - Richard Strauss (1864-1949)

**:**
4つの最後の歌 TrV 296

4 Letzte Lieder (4 Last Songs), TrV 296

録音: June 2022, Auditorium de Radio France, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10429199
**:**
»  No. 1. Frühling (Spring)
1.

-

**:**
»  No. 2. September
2.

-

**:**
»  No. 3. Beim Schlafengehen (At Bedtime)
3.

-

**:**
»  No. 4. Im Abendrot (In the Evening Glow)
4.

-

 
**:**
4つの最後の歌 TrV 296 (M. ヴォルフによる声とピアノ編)

4 Letzte Lieder (4 Last Songs), TrV 296 (arr. M. Wolff for voice and piano)

録音: May 2023, Herkulessaal, Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10429200
**:**
»  No. 1. Frühling (Spring)
5.

-

**:**
»  No. 2. September
6.

-

**:**
»  No. 3. Beim Schlafengehen (At Bedtime)
7.

-

**:**
»  No. 4. Im Abendrot (In the Evening Glow)
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2023/09/01
【アスミク・グリゴリアンによる「4つの最後の歌」、管弦楽版とピアノ版のカップリングで登場!】今世界で最も注目されているソプラノの一人、2022年にはヤナーチェク《イェヌーファ》でレコード・アカデミー賞ビデオ・ディスク部門を受賞し、ノット指揮東京交響楽団による《サロメ》で成功を収めたのも記憶に新しい、アスミク・グリゴリアンによる「4つの最後の歌」が登場。しかも管弦楽とピアノの伴奏版2つを組み合わせるという興味深い内容となっています。伴奏を務めるのはそれぞれミッコ・フランク指揮フランス放送フィルと、ロマン派から現代までを得意とするマルクス・ヒンターホイザーという万全の布陣。グリゴリアンも管弦楽版ではよりダイナミックに、ピアノ版ではより繊細にと大きく違いをつけ、歌曲からオペラまで幅広い表現力に定評のある彼女の実力をありありと見せつけるとともに、リヒャルト・シュトラウス最晩年の傑作が持つ様々な表情を聴かせてくれます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。