ホーム > アルバム > ALPHA395 ブラームス:ピアノ協奏曲第2番(ゲルナー/NHK交響楽団/尾高忠明)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
ALPHA395
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ヨハネス・ブラームス Johannes Brahms
アーティスト
NHK交響楽団 NHK Symphony Orchestra , 尾高忠明 Tadaaki Otaka , ネルソン・ゲルナー Nelson Goerner

ブラームス:ピアノ協奏曲第2番(ゲルナー/NHK交響楽団/尾高忠明)

BRAHMS, J.: Piano Concerto No. 2 (N. Goerner, NHK Symphony, Tadaaki Otaka)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ALPHA395

全トラック選択/解除

ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)

**:**
ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調 Op. 83

Piano Concerto No. 2 in B-Flat Major, Op. 83

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6392062
**:**
»  I. Allegro non troppo
1.

-

**:**
»  II. Allegro appassionato
2.

-

**:**
»  III. Andante
3.

-

**:**
»  IV. Allegretto grazioso
4.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/04/01
1969年アルゼンチン生まれのピアニスト、ネルソン・ゲルナー。1990年のジュネーヴ国際コンクールで入賞して以来、日本にも度々来日して繊細、かつ美しい音楽を奏でて人気を獲得しています。この2009年のブラームスは、ゲルナーの堂々たる独奏だけでなく、N響を完璧にコントロールした尾高の指揮にも注目が集まりました。冒頭のホルンソロや第3楽章のチェロなど、要所要所での名技を含め、ピアノとオーケストラが拮抗しながら、ひたすら美しいブラームスを紡ぎ出していきます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。