ホーム > アルバム > ALPHA430 パーセル:歌劇「アーサー王」(ユンカー/トート/トゥルー/ウェイナンツ/ヴォクス・ルミニス/ムニエ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
ALPHA430
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
ヘンリー・パーセル Henry Purcell
作詞家
ジョン・ドライデン John Dryden
アーティスト
カロリーヌ・ウェイナンツ Caroline Weynants , ヴォクス・ルミニス Vox Luminis , ダニエル・エルヘルスマ Daniel Elgersma , ヤン・クルマン Jan Kullmann , ステファニー・トゥルー Stefanie True , ズーシ・トート Zsuzsi Tóth , ロバート・バックランド Robert Buckland , マーカス・ファーンズワース Marcus Farnsworth , デイヴィッド・フェルドマン David Feldman , オリヴィエ・ベルテン Olivier Berten , セバスティアン・ミルス Sebastian Myrus , リオネル・ムニエ Lionel Meunier , ソフィー・ユンカー Sophie Junker , デイヴィッド・リー David Lee , Jon Stainsby

パーセル:歌劇「アーサー王」(ユンカー/トート/トゥルー/ウェイナンツ/ヴォクス・ルミニス/ムニエ)

PURCELL, H.: King Arthur, "The British Worthy" [Opera] (Junker, Tóth, True, Weynants, Vox Luminis, Meunier)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ALPHA430

全トラック選択/解除

Disc 1

ヘンリー・パーセル - Henry Purcell (1659-1695)

**:**
歌劇「アーサー王、またはイギリスの偉人」 Z. 628

King Arthur, Z. 628, "The British Worthy"

録音: January 2018, Festival van Vlaanderen, Amuz, Antwerp, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6917636
**:**
»  Overture
1.

-

**:**
»  Air
2.

-

**:**
»  Second Overture
3.

-

**:**
»  Act I: Altar Music
4.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Woden, First To Thee (First Priest, Second Priest, Chorus)
5.

-

**:**
»  Act I Scene 2: The White Horse Neigh'd Aloud (Priestess, Second Priest, Chorus)
6.

-

**:**
»  Act I Scene 2: The Lot Is Cast and Tanfan Pleas'd (Priestess)
7.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Brave Souls to Be Renown'd in Story (Chorus)
8.

-

**:**
»  Act I Scene 2: I Call You All, to Woden's Hall (Priestess, Chorus)
9.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Come If You Dare', Our Trumpets Sound (British Warrior, Chorus)
10.

-

**:**
»  Act I Scene 2: First Act Tune
11.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Hither This Way, This Way Bend (Philadell, Chorus)
12.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Let Not a Moon-Born Elf Mislead Ye (Grimbald)
13.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Hither This Way, This Way Bend (Philadell's Spirits, Grimbald's Spirits)
14.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Come Follow, Follow, Follow Me (Philadell and His Spirits)
15.

-

**:**
»  Act II Scene 2: How Blest Are Shepherds, How Happy Their Lasses (Tenor, Chorus)
16.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Shepherd, Shepherd, Leave Decoying (2 Sopranos)
17.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Come, Shepherds, Lead Up, a Lively Measure (Chorus)
18.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Hornpipe
19.

-

**:**
»  Act II: Aire
20.

-

**:**
»  Act III Scene 2: Prelude to the Frost Scene
21.

-

**:**
»  Act III Scene 2: What Ho, Thou Genius of This Isle (Cupid)
22.

-

**:**
»  Act III Scene 2: What Power Art Thou, Who from Below, Hast Made Me Rise, "Cold Song" (Genius)
23.

-

**:**
»  Act III Scene 2: Thou Doting Fool, Forbear, Forbear (Cupid)
24.

-

**:**
»  Act III Scene 2: Great Love, I Know Thee Now (Genius)
25.

-

**:**
»  Act III Scene 2: No Part of My Dominion Shall Be Waste (Cupid)
26.

-

**:**
»  Act III: Prelude
27.

-

**:**
»  Act III Scene 2: See, See, We Assemble Thy Revels to Hold (Chorus)
28.

-

**:**
»  Act III: Dance
29.

-

**:**
»  Act III Scene 2: 'Tis I, 'Tis I, 'Tis I, That Have Warm'd Ye (Cupid, Chorus)
30.

-

**:**
»  Act III Scene 2: Duet: Sound a Parley, Ye Fair, and Surrender (Cupid, Genius)
31.

-

**:**
»  Act III: Tis Love That Has Warm'd Us (Chorus)
32.

-

**:**
»  Act III: Borée
33.

-

**:**
»  Act III: Hornpipe
34.

-

Disc 2

ヘンリー・パーセル - Henry Purcell (1659-1695)

**:**
歌劇「アーサー王、またはイギリスの偉人」 Z. 628

King Arthur, Z. 628, "The British Worthy"

録音: January 2018, Festival van Vlaanderen, Amuz, Antwerp, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6917636
**:**
»  Act IV: Air
1.

-

**:**
»  Act IV: Soft Music
2.

-

**:**
»  Act IV: Two Daughters of This Aged Stream Are We (Both Syrens)
3.

-

**:**
»  Act IV: Passacaglia: How Happy the Lover, etc. (Tenor, Sylvan, Nymph, Chorus)
4.

-

**:**
»  Act IV: In Vain Are Our Graces (3 Nymphs, 3 Men, Chorus)
5.

-

**:**
»  Act IV: Trumpet Tune
6.

-

**:**
»  Act V: Ye Blust'ring Brethren of the Skies (Aeolus)
7.

-

**:**
»  Act V: Symphony
8.

-

**:**
»  Act V: Round Thy Coast, Fair Nymph of Britain (Pan, Nereide, Chorus)
9.

-

**:**
»  Act V: For Folded Flocks, and Fruitful Plains (Counter-tenor, Tenor, Bass)
10.

-

**:**
»  Act V: Your Hay It Is Mow'd Nad Your Corn Is Reap'd (Comus, Peasants, Chorus)
11.

-

**:**
»  Act V: Fairest Isle, All Isles Excelling (Venus)
12.

-

**:**
»  Act V: Duet: You Say, 'Tis Love Creates the Pain (She, He)
13.

-

**:**
»  Act V: Trumpet Tune: Our Natives Not Alone Appear
14.

-

**:**
»  Act V Scene 2: Air and Chorus: Saint George, the Patron of Our Isle (Honour)
15.

-

**:**
»  Act V: Trumpet Tune: Our Natives Not Alone Appear (Chorus)
16.

-

**:**
»  Act V: Grand Dance: Chaconne
17.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/09/01
1642年から1649年にかけてイングランド、スコットランド、アイルランドで起きた「清教徒革命」。議会派を勝利に導いた独裁者オリバー・クロムウェルは、音楽や演劇を嫌っていたため、イングランド国内では演劇の上演が禁止されていました。これが解禁されたのは1660年の王政復古の年。娯楽、とりわけ演劇を心待ちにしていたイングランドで発達したのは歌手、語り手、ダンサーによって上演される「物語と音楽が半々=セミオペラ」という形式でした。1691年に上演されたパーセルの《アーサー王》はこのジャンルの代表的な作品で、演劇部分は「円卓の騎士」で知られるアーサー王の英雄譚が描かれ、音楽部分では主に「ブリタニア賛歌」が繰り広げられるため、音楽本編では主人公のアーサーも、敵対するオズワルドも、盲目の美女エメラインも登場しないという、実に不思議な作品となっています。しかし奏でられる音楽の美しいこと。本編で繰り広げられる魔法や恋愛、風刺物語のほかに様々なテキストが取り入れられた魅惑的な旋律は聴きものです。リオネル・ムニエと彼が率いるアンサンブル"ヴォクス・ルミニス"はレコーディングに先立ち、実際の上演を数多く行い、成功を収めたうえで、このアルバムを発表、万全の演奏で聴き手を魅了します。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。