ホーム > アルバム > ALPHA456 レオナルド・ダ・ヴィンチ、秘められた音楽

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
ALPHA456
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽アンサンブル, 器楽曲, 声楽曲, 室内楽
作曲家
ハインリヒ・イザーク Heinrich Isaac , エーヌ・ヴァン・ギゼゲム Hayne van Ghizeghem, , ヤコブ・オブレヒト Jacob Obrecht , マルケット・カーラ Marchetto Cara , フィルミヌス・キャロン Firminus Caron , 修道士ペトルス Frater Petrus, , ジョスカン・デ・プレ Josquin des Prez, , フランチェスコ・スピナチーノ Francesco Spinacino , バルトロメオ・トロンボンチーノ Bartolomeo Tromboncino , フランチェスコ・パタヴィーノ Francesco Patavino , ドメニコ・ダ・ピアチェンツァ Domenico da Piacenza , ヨアンネス・デ・ピナロル Johannes de Pinarol , 不詳 Anonymous , ミケーレ・ペセンティ Michele Pesenti , ジャン・ド・ラ・ファージュ Jean de La Fage , ジャン・レリティエ Jean Lheritier
作詞家
旧約聖書 Bible - Old Testament , 新約聖書 Bible - New Testament , 不詳 Anonymous , ミサ典礼文 Mass Text , ジャン・ムートン Jean Mouton
アーティスト
ドゥルス・メモワール Doulce Mémoire , ドニ・レザン=ダドル Denis Raisin-Dadre

レオナルド・ダ・ヴィンチ、秘められた音楽

Vocal Music (Renaissance) - CARA, M. / ISAAC, H. / OBRECHT, J. / JOSQUIN DES PREZ (Leonardo da Vinci - La musique secrète) (Doulce Mémoire)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ALPHA456

全トラック選択/解除

修道士ペトルス - Frater Petrus,

**:**
アヴェ・マリア
1.

Ave maria

録音: September 2018, Abbaye de Noirlac, Bruère-Allichamps, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7149244

マルケット・カーラ - Marchetto Cara (1465-1525)

**:**
アヴェ・マリア(4声)
2.

Ave maria à 4

録音: September 2018, Abbaye de Noirlac, Bruère-Allichamps, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7152502
 
**:**
汚れなきおとめ
3.

Vergine immaculata

録音: September 2018, Abbaye de Noirlac, Bruère-Allichamps, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7152503
 
**:**
アヴェ・マリア(5声)
4.

Ave maria à 5

録音: September 2018, Abbaye de Noirlac, Bruère-Allichamps, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7152504

ジョスカン・デ・プレ - Josquin des Prez, (1455-1521)

**:**
そしてダヴィデは嘆き
5.

Planxit autem David

録音: September 2018, Abbaye de Noirlac, Bruère-Allichamps, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7152505

不詳 - Anonymous

**:**
美の女神のバッサ・ダンツァ(マグリアベキ写本XIX)
6.

Basse danse venus [Codex Magliabechi XIX]

録音: September 2018, Abbaye de Noirlac, Bruère-Allichamps, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7152506

フランチェスコ・パタヴィーノ - Francesco Patavino (1478-1556)

**:**
貴婦人たち、踊りにおいでください
7.

Donne, venete al ballo

録音: September 2018, Abbaye de Noirlac, Bruère-Allichamps, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7152507

マルケット・カーラ - Marchetto Cara (1465-1525)

**:**
こんなに何度も「はい」と
8.

Tante volte si, si, si

録音: September 2018, Abbaye de Noirlac, Bruère-Allichamps, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7152508

ジャン・レリティエ - Jean Lheritier (1480-1551)

**:**
めでたし母よ、神の母なるかたよ
9.

Ave mater matris dei

録音: September 2018, Abbaye de Noirlac, Bruère-Allichamps, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7152509

ドメニコ・ダ・ピアチェンツァ - Domenico da Piacenza (1400-1476)

**:**
美しき花
10.

Belfiore

録音: September 2018, Abbaye de Noirlac, Bruère-Allichamps, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7152510
**:**
リチェルカーレ

Recercare

録音: September 2018, Abbaye de Noirlac, Bruère-Allichamps, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7152511
**:**
»  Racercare
11.

-

不詳 - Anonymous

**:**
すると、心には(望みなき運命)(グレイ写本 79v)
12.

Poi che t'hebbi nel core [Ms. Grey, fols. 79v]

録音: September 2018, Abbaye de Noirlac, Bruère-Allichamps, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7152512
 
**:**
手に負えない運命の女神よ(ボローニャQ18写本 fols. 28v-29)
13.

Fortuna desperata [Ms. Bologna Q 18, fols. 28v-29]

録音: September 2018, Abbaye de Noirlac, Bruère-Allichamps, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7152513

ヨアンネス・デ・ピナロル - Johannes de Pinarol

**:**
すると、心には(望みなき運命)
14.

Poi che t'hebbi nel core

録音: September 2018, Abbaye de Noirlac, Bruère-Allichamps, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7152514

ハインリヒ・イザーク - Heinrich Isaac (1455-1517)

**:**
手に負えない運命の女神よ - 聖ペトロ - われらのために祈りたまえ
15.

Fortuna disperata - Sancte petre - Ora pro nobis

録音: September 2018, Abbaye de Noirlac, Bruère-Allichamps, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7152515

ヤコブ・オブレヒト - Jacob Obrecht (1450-1505)

**:**
ミサ曲 「手に負えない運命の女神よ」(4声) - アニュス・デイ
16.

Missa Fortuna desperata a 4: Agnus dei

録音: September 2018, Abbaye de Noirlac, Bruère-Allichamps, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7152516

不詳 - Anonymous

**:**
ペトラルカのソネット XVIII (第3フロットラ集 fols. 45v)
17.

Rime, sonetto XVIII [Frottole Libro Tertio, fols. 45v]

録音: September 2018, Abbaye de Noirlac, Bruère-Allichamps, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7152517
 
**:**
愛らしきルクレチア(愛らしき我がリーザ)(ボローニャQ20写本 fols. 85v-87)
18.

Lucrecia pulchra [Ms. Bol. Q 20, fols. 85v-87]

録音: September 2018, Abbaye de Noirlac, Bruère-Allichamps, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7152518

エーヌ・ヴァン・ギゼゲム - Hayne van Ghizeghem, (1445-1497)

**:**
僕の彼女はいいところばかり

De tous biens plaine

録音: September 2018, Abbaye de Noirlac, Bruère-Allichamps, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7152519
**:**
»  De tous bien plaine
19.

-

バルトロメオ・トロンボンチーノ - Bartolomeo Tromboncino (1470-1535)

**:**
僕の心の炎は水では消せない
20.

Non val acqua al mio gran foco

録音: September 2018, Abbaye de Noirlac, Bruère-Allichamps, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7152520

ミケーレ・ペセンティ - Michele Pesenti (1470-1528)

**:**
水などでは消せぬ、我が心の炎は
21.

L'acqua vale al mio gran focho

録音: September 2018, Abbaye de Noirlac, Bruère-Allichamps, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7152521

マルケット・カーラ - Marchetto Cara (1465-1525)

**:**
日々、運もなく呪わしく
22.

Gli è pur gionto

録音: September 2018, Abbaye de Noirlac, Bruère-Allichamps, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7152522

フィルミヌス・キャロン - Firminus Caron (-1475)

**:**
見放され、運にも恵まれず
23.

Le despourveu infortuné: Tanto è l'afano

録音: September 2018, Abbaye de Noirlac, Bruère-Allichamps, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7152523
**:**
エリザベツは、ザカリアに
24.

Elisabeth Zachariae

録音: September 2018, Abbaye de Noirlac, Bruère-Allichamps, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7152524
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/04/01
レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452~1519)の歿後500周年にあたり、中世~ルネサンス音楽を多角的なアプローチで「いま」に甦らせてきたフランスの精鋭集団ドゥース・メモワールがおくる充実企画……書籍型ブックレットにはレオナルドの絵画作品10作を中心に美しいカラー図版が満載、この画家の生きた時代にイタリアで知られていた音楽の数々を耳で愉しみながら、ルネサンス絵画と音楽とがどのように関わっていたのか、彼らの目線から周到に解き明かしてゆきます。徹底した時代背景への研究と音楽学的見地から確かな実績を重ねてきたドゥース・メモワールだけに、選曲は絶妙。フランドル楽派とイタリアの緊密な関係も含め、ルネサンス音楽の知られざる側面までも光をあてずにおきません。演奏の精妙さも特筆に値します。「秘められた音楽」という表題にかかわる解題(国内仕様は訳付)も興味深く「読み解いてこそ」のアルバムであると言えるでしょう。ルネサンス芸術がいかに「耳だけ」「眼だけ」では真価にたどりつけないものだったか、さまざまな角度から実感せずにおれない充実企画です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。