ホーム > アルバム > ALPHA463 安倍圭子/クルイサン/ディニーク/サミュート:器楽と室内楽作品集(ヴァシレヴァ/ディニス/ヴィヴィ・ヴァシレヴァ五重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
ALPHA463
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽, 協奏曲
作曲家
安倍圭子 Keiko Abe , ヴィヴィ・ヴァシレヴァ Vivi Vassileva , グイロ・エスペル Guillo Espel , オリオール・クルイサン Oriol Cruixent , エリック・サミュ Eric Sammut , グリゴラス・ディニーク Grigoras Dinicu , ルーカス・カンパーラ・ディニス Lucas Campara Diniz , マルコ・ペレイラ Marco Pereira
編曲者
ヴィヴィ・ヴァシレヴァ Vivi Vassileva , ルーカス・カンパーラ・ディニス Lucas Campara Diniz
アーティスト
ヴィヴィ・ヴァシレヴァ Vivi Vassileva , ヴィヴィ・ヴァシレヴァ五重奏団 Vivi Vassileva Quintet , ルーカス・カンパーラ・ディニス Lucas Campara Diniz

安倍圭子/クルイサン/ディニーク/サミュート:器楽と室内楽作品集(ヴァシレヴァ/ディニス/ヴィヴィ・ヴァシレヴァ五重奏団)

Instrumental and Chamber Music - ABE, Keiko / CRUIXENT, O. / DINICU, G. / SAMMUT, E. (Singin' Rhythm) (Vassileva, Diniz, Vivi Vassileva Quintet)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ALPHA463

全トラック選択/解除

グイロ・エスペル - Guillo Espel (1959-)

**:**
サンバ - あなたの居ない静寂に耳を傾けて(マリンバ版)
1.

Zamba para Escuchar tu Silencio (version for marimba)

録音: December 2017, Studio Franken, Nuremberg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7217363

エリック・サミュ - Eric Sammut

**:**
セーリング・フォー・フィル

Sailing for Phil

録音: December 2017, Studio Franken, Nuremberg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7220322
**:**
»  I. —
2.

-

**:**
»  II. —
3.

-

**:**
»  III. —
4.

-

マルコ・ペレイラ - Marco Pereira (1956-)

**:**
バチ・コーシャ(L.C. ディニス、V. ヴァシレヴァによるギターとヴィブラフォン編)
5.

Bate Coxa (arr. L.C. Diniz and V. Vassileva for guitar and vibraphone)

録音: December 2017, Studio Franken, Nuremberg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7220323

グリゴラス・ディニーク - Grigoras Dinicu (1889-1949)

**:**
ホラ・スタッカート(L.C. ディニス、V. ヴァシレヴァによるギターとヴィブラフォン編)
6.

Hora staccato (arr. L.C. Diniz and V. Vassileva for guitar and vibraphone)

録音: December 2017, Studio Franken, Nuremberg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7220324

オリオール・クルイサン - Oriol Cruixent (1976-)

**:**
マリンバ・モクシャ Op. 46
7.

Marimba moksha, Op. 46

録音: December 2017, Studio Franken, Nuremberg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7220325

安倍圭子 - Keiko Abe (1937-)

**:**
ダウランドの「涙のパヴァーヌ」による変奏曲
8.

Variations on Dowland's Lachrimae Pavane

録音: December 2017, Studio Franken, Nuremberg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7220326

ヴィヴィ・ヴァシレヴァ - Vivi Vassileva (1994-)

**:**
カリノ・モメ
9.

Kalino mome

録音: December 2017, Studio Franken, Nuremberg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7220327

ヴィヴィ・ヴァシレヴァ - Vivi Vassileva (1994-) / ルーカス・カンパーラ・ディニス - Lucas Campara Diniz

**:**
ピペーロ・ミストゥアルド
10.

Pipero mistuardo

録音: December 2017, Studio Franken, Nuremberg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7220328

オリオール・クルイサン - Oriol Cruixent (1976-)

**:**
エル・パリオ Op. 47
11.

El Parío, Op. 47

録音: December 2017, Studio Franken, Nuremberg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7220329
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/05/01
【ドイツの人気打楽器奏者が誘う、パーカッションの新しい可能性】バイエルン州ホーフでブルガリア系音楽一家に生まれたヴァシレヴァ。幼いころからヴァイオリンを学んでいましたが、ある夏、ブルガリア滞在中にパーカッションの演奏に接し開眼して以来、並行してその習得をはじめました。ミュンヘンでペーター・ザードロに学んだのち様々なコンクールで優勝を収め、今日ではドイツでも人気のソロ打楽器奏者へと成長しています。本格的な活動を始めてからは初めてとなる今回のアルバムでは、自らを通じた音楽で物語を伝えたいという彼女のコンセプトのもと、様々な国の作曲家による多様な作品が収められました。フォルクローレの要素を取り込んだジャズで人気のアルゼンチンのギタリスト、ギジョ・エスペルによる「サンバ」(ブラジルのSambaと違い、アルゼンチンの優美なZamba)、パリ管弦楽団の首席打楽器奏者で、作・編曲でも知られるエリック・サミュによる「セイリング・フォー・フィル」など、打楽器のレパートリーとして比較的知られた作品も収録しています。マリンバの第一人者として世界的に評価されている安倍圭子の「涙のパヴァーヌ」は、有名なダウランドの「ラクリメあるいは7つの涙」の主題によるたいへん美しい変奏曲。また2015年に結成されたヴァシレヴァのクインテット、そしてブラジル出身のギタリスト、ルカス・カンパラ・ディニスの活躍も特筆もので、彼女と息の合った演奏を聴かせています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。