ホーム > アルバム > ALPHA553 オッフェンバック:知られざる序曲と歌曲(デエ/ノルマンディ・ルーアン歌劇場管/ヘック)

オッフェンバック:知られざる序曲と歌曲(デエ/ノルマンディ・ルーアン歌劇場管/ヘック)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
ALPHA553
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ, 声楽曲, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
ジャック・オッフェンバック Jacques Offenbach
作詞家
シャルル・ニュイッテル Charles Nuitter , ジャン・ド・ラ・フォンテーヌ Jean de La Fontaine , Etienne Trefeu
編曲者
ジャン=ピエール・ヘック Jean-Pierre Haeck
アーティスト
カリーヌ・デエ Karine Deshayes , ノルマンディ・ルーアン歌劇場管弦楽団 Orchestre de l'Opera de Rouen Haute-Normandie , ジャン=ピエール・ヘック Jean-Pierre Haeck

オッフェンバック:知られざる序曲と歌曲(デエ/ノルマンディ・ルーアン歌劇場管/ヘック)

OFFENBACH, J.: Fables de Lafontaine / Boule de neige / Les bavards (Deshayes, Orchestre de l'Opera de Rouen Haute-Normandie, Haeck)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ALPHA553

全トラック選択/解除

ジャック・オッフェンバック - Jacques Offenbach (1819-1880)

**:**
喜歌劇「雪だるま」(抜粋)

Boule de neige (excerpts)

録音: October, December 2018, Studio Tutti / Studio Riffx, La seine musicale, Boulogne-Billancourt, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7391347
**:**
»  Overture
1.

-

**:**
»  La valse du divorce
2.

-

 
**:**
6つのラ・フォンテーヌ寓話(J.-P. ヘックによる管弦楽編)

6 Fables de Lafontaine (orchestrated by J.-P. Haeck)

録音: October, December 2018, Studio Tutti / Studio Riffx, La seine musicale, Boulogne-Billancourt, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7392489
**:**
»  No. 1. Le berger et la mer
3.

-

**:**
»  No. 2. Le corbeau et le renard
4.

-

**:**
»  No. 3. La cigale et la fourmi
5.

-

**:**
»  No. 4. La laitière et le pot au lait
6.

-

**:**
»  No. 5. Le rat de ville et le rat des champs
7.

-

**:**
»  No. 6. Le savetier et le financier
8.

-

 
**:**
喜歌劇「おしゃべり屋たち」(抜粋)

Les bavards (excerpts)

録音: October, December 2018, Studio Tutti / Studio Riffx, La seine musicale, Boulogne-Billancourt, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7392490
**:**
»  Ouverture
9.

-

**:**
»  C'est l'Espagne
10.

-

 
**:**
喜歌劇「二人の盲人」 - 序曲
11.

Les deux aveugles: Overture

録音: October, December 2018, Studio Tutti / Studio Riffx, La seine musicale, Boulogne-Billancourt, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7392491
 
**:**
喜歌劇「ファヴァール夫人」 - 序曲
12.

Madame Favart: Overture

録音: October, December 2018, Studio Tutti / Studio Riffx, La seine musicale, Boulogne-Billancourt, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7392492
 
**:**
喜歌劇「シューフルリ氏はご在宅」 - 序曲
13.

M. Choufleuri restera chez lui le … : Overture

録音: October, December 2018, Studio Tutti / Studio Riffx, La seine musicale, Boulogne-Billancourt, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7392493
 
**:**
学生ポルカ
14.

Schuler Polka

録音: October, December 2018, Studio Tutti / Studio Riffx, La seine musicale, Boulogne-Billancourt, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7392494
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/08/01
【若き日からの知られざる活動歴をたどるオッフェンバック秘曲集、演奏陣は気鋭の新世代】2019年が生誕200周年にあたるフランス随一の喜歌劇作曲家オッフェンバック。記念年にふさわしいリリースが相次ぐ中、世界的に知られたフランスの気鋭レーベルAlphaが世に問うさらなる新録音は、単に稀少なレパートリーを集めただけで終わってはいません。演奏陣の選択も的確ならプログラムの厳選度にも舌を巻く、これまで知られてきたオッフェンバック像のあり方に一石を投じる充実盤に仕上がっているのです。1858年の『地獄のオルフェ(天国と地獄)』の成功に代表されるとおり、フランスの作曲家オッフェンバックの傑作喜歌劇は第二帝政期、つまり1850~60年代に最も多く書かれていますが、実はこのドイツ生まれの作曲家、ショパンやドニゼッティ同様、早くも1830年代にはパリに来ていました。本盤にはその初期の意欲作『六つの寓話』(独唱はここ数年躍進めざましいカリーヌ・デエー!)ほか、青年オッフェンバックに日々の糧をもたらした舞曲作品なども収録。珍しい序曲の数々も含め、活動歴を辿る絶好のプログラムとなっています。新たな取り組みで近年ますます注目されるルーアン(パリの北、ノルマンディ地方)の歌劇場のオーケストラとともに、ピリオド解釈も横目に見据えた快調演奏でどうぞ。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。