ホーム > アルバム > ALPHA563 オルティス:変奏論と16世紀の低音弦~チェロとガンバの源流(コセ/バレストラッチ/レ・バス・レユエ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
ALPHA563
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
ディエゴ・オルティス Diego Ortiz , アントニオ・デ・カベソン Antonio de Cabezón , トマス・ルイス・デ・ビクトリア Tomás Luis de Victoria , ルイス・ミラン Luys Milán
編曲者
不詳 Anonymous
アーティスト
ベルトラン・キュイエ Bertrand Cuiller , マウデ・グラットン Maude Gratton , ブリュノ・コクセ Bruno Cocset , シャビエル・ディアス=ラトレ Xavier Díaz-Latorre , グイド・バレストラッチ Guido Balestracci , レ・バス・レユエ Basses Réunies, Les

オルティス:変奏論と16世紀の低音弦~チェロとガンバの源流(コセ/バレストラッチ/レ・バス・レユエ)

ORTIZ, D.: Trattado de glosas (Cocset, Balestracci, Les Basses Réunies)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ALPHA563

全トラック選択/解除

ディエゴ・オルティス - Diego Ortiz (1510-1570)

**:**
変奏論(抜粋)

Trattado de glosas (excerpts)

録音: February 2019, Couvent des Carmes de Vannes, Morbihan, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7816084
**:**
»  Recercada terçera para violone sola
1.

-

**:**
»  Recercada primera sobre el canto ilano La Spagna
2.

-

**:**
»  Recercada segunda sobre el canto ilano La Spagna
3.

-

**:**
»  Recercada terçera sobre el canto ilano La Spagna
4.

-

**:**
»  Recercada quinta sobre el canto ilano La Spagna
5.

-

**:**
»  Recercada quarta sobre el canto ilano La Spagna
6.

-

**:**
»  Recercada sesta sobre el canto ilano La Spagna
7.

-

ルイス・ミラン - Luys Milán (1500-1560)

**:**
エル-マエストロ(巨匠)と題されたビウエラ曲集 - ファンタジア第13番
8.

Libro de musica de vihuela de mano intitulado El maestro: Fantasia No. 13

録音: February 2019, Couvent des Carmes de Vannes, Morbihan, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7828774

ディエゴ・オルティス - Diego Ortiz (1510-1570)

**:**
変奏論(抜粋)

Trattado de glosas (excerpts)

録音: February 2019, Couvent des Carmes de Vannes, Morbihan, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7828775
**:**
»  Recercata 1a sopra o felici occhi miei
9.

-

**:**
»  Recercata 3a sopra o felici occhi miei
10.

-

**:**
»  Recercata 2a sopra o felici occhi miei
11.

-

**:**
»  Recercata 4a sopra o felici occhi miei
12.

-

アントニオ・デ・カベソン - Antonio de Cabezón (1510-1566)

**:**
音楽全集 - ミラノ風ガリアルダによるディフェレンシア
13.

Obras de musica: Diferencias sobre la Gallarda Milanesa

録音: February 2019, Couvent des Carmes de Vannes, Morbihan, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7828776

トマス・ルイス・デ・ビクトリア - Tomás Luis de Victoria (1548-1611)

**:**
ミサ曲「おお、大いなる神秘」(室内アンサンブル編)
14.

Missa O magnum mysterium (arr. for chamber ensemble)

録音: February 2019, Couvent des Carmes de Vannes, Morbihan, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7828777

ディエゴ・オルティス - Diego Ortiz (1510-1570)

**:**
変奏論(抜粋)

Trattado de glosas (excerpts)

録音: February 2019, Couvent des Carmes de Vannes, Morbihan, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7828778
**:**
»  Recercada quarta para violone sola
15.

-

**:**
»  Recercata 1a sopra doulce memoire
16.

-

**:**
»  Recercata 2a sopra doulce memoire
17.

-

ルイス・ミラン - Luys Milán (1500-1560)

**:**
ファンタジア第1番
18.

Fantasía I

録音: February 2019, Couvent des Carmes de Vannes, Morbihan, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7828779

ディエゴ・オルティス - Diego Ortiz (1510-1570)

**:**
変奏論(抜粋)

Trattado de glosas (excerpts)

録音: February 2019, Couvent des Carmes de Vannes, Morbihan, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7828780
**:**
»  Recercata 3a sopra doulce memoire
19.

-

**:**
»  Recercata 4a sopra doulce memoire
20.

-

**:**
»  Recercada primera para violone sola
21.

-

**:**
»  Recercada segunda para violone sola
22.

-

**:**
»  Recercata 1a sopra un tenore
23.

-

**:**
»  Recercata 2a sopra un tenore
24.

-

**:**
»  Recercata 3a sopra un tenore
25.

-

**:**
»  Recercata 4a sopra un tenore
26.

-

**:**
»  Recercata 5a sopra un tenore
27.

-

**:**
»  Recercata 6a sopra un tenore
28.

-

**:**
»  Recercata 7a sopra un tenore
29.

-

**:**
»  Recercata 8a sopra un tenore
30.

-

アントニオ・デ・カベソン - Antonio de Cabezón (1510-1566)

**:**
音楽全集 - 「騎士の歌」によるディフェレンシア
31.

Obras de Musica: Diferencias sobre el Canto del Caballero

録音: February 2019, Couvent des Carmes de Vannes, Morbihan, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7828781

ディエゴ・オルティス - Diego Ortiz (1510-1570)

**:**
変奏論 - 「ルッジェーロの歌」の低旋律による5声のレセルカーダ
32.

Trattado de glosas: Recercada sobre tenore aria di ruggiero quinta pars

録音: February 2019, Couvent des Carmes de Vannes, Morbihan, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7828782
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/01/01
【バロック・チェロの名手コクセが、ガンバを手に紐解く16世紀の低音弦作品集!】バロック初期から初期古典派にかけての低音弦音楽を、それぞれの作品にあわせて周到に研究、「チェロ」の定型に甘んじることなく、時代ごとの低音弦のあり方を追求してきたバロック・チェロ奏者ブリュノ・コクセ。Alphaレーベルでリリースがあるたび、必ず何か新たな発見がそこに詰め込まれているのですが、それは彼が低音弦研究に秀でた音楽学者マルク・ファンスへーウェイクや古楽器製作家シャルル・リシェなど、協力者に恵まれてきたことの結実と言えるでしょう。しかも最近ではヴィオラ・ダ・ガンバの名手グイード・バレストラッチとも協力関係を続け、チェロとガンバの歴史が互いに不可分だった17世紀前後の作品演奏にも積極的に取り組んでいます。本盤はまさにそうしたコクセの活動あればこそ、の注目すべき新録音です。フレスコバルディのカンツォーナ集やガンバの異才トバイアス・ヒュームなど17世紀の低音弦世界の真相を探ってきたコクセは、ここでさらに時を遡り、まだチェロという楽器ができる前の、さまざまな低音弦楽器が併存していた16世紀に光をあてます。重点的に扱われるのは、ガンバのための作曲家として知られたスペイン生まれのローマの巨匠、ディエゴ・オルティス。コクセは俊才バレストラッチ(アルペジョーネを使ったユニークな新譜を出したばかり!)の協力のもと、シャルル・リシェ制作のガンバ属の楽器を自らもさまざまに弾き分けながら、16世紀の低音弦楽器音楽がどのような世界だったかをくまなく探ってゆきます。オルガンやチェンバロ、ビウエラ(ルネサンス期の撥弦楽器)などで同時代音楽を混ぜてゆくアルバム制作姿勢も好感度大。今回も闊達な弓さばきと丁寧な解釈に期待です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。