ホーム > アルバム > ALPHA566 シャルパンティエ:地獄へ降りるオルフェウス/オルフェウスの冥府下り(ヴォクス・ルミニス/ア・ノクテ・テンポリス/メヘレン/ムニエ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
ALPHA566
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
マルク=アントワーヌ・シャルパンティエ Marc-Antoine Charpentier
作詞家
不詳 Anonymous
アーティスト
ア・ノクテ・テンポリス A Nocte Temporis , ヴォクス・ルミニス Vox Luminis , デボラ・カシェ Deborah Cachet , ヴィクトリア・カッサーノ Victoria Cassano , クララ・クートゥリー Clara Coutouly , ステファニー・トゥルー Stefanie True , ズーシ・トート Zsuzsi Tóth , ジェフロワ・ビュフィエール Geoffroy Buffière , フィリップ・フレーリガー Philippe Froeliger , パファエル・ヘーン Raphael Höhn , リオネル・ムニエ Lionel Meunier , レイナウト・ファン・メヘレン Reinoud van Mechelen

シャルパンティエ:地獄へ降りるオルフェウス/オルフェウスの冥府下り(ヴォクス・ルミニス/ア・ノクテ・テンポリス/メヘレン/ムニエ)

CHARPENTIER, M.-A.: Orphée descendant aux enfers / La descente d'Orphée aux enfers [Operas] (Vox Luminis, A Nocte Temporis, Mechelen, Meunier)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ALPHA566

全トラック選択/解除

マルク=アントワーヌ・シャルパンティエ - Marc-Antoine Charpentier (1643-1704)

**:**
地獄へ降りるオルフェウス H. 471

Orphée descendant aux enfers, H. 471

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7619910
**:**
»  Prélude
1.

-

**:**
»  Recitative: — (Orphée)
2.

-

**:**
»  Air: Effroyables enfers où je conduis mes pas… (Orphée)
3.

-

**:**
»  Duet: Quelle douce harmonie a frapp é mon oreille
4.

-

**:**
»  Air: Vos plus grands criminels … (Orphée)
5.

-

**:**
»  Duet: Ne cherchons plus d'où vient cette tendresse… - Trio: Hélas, Rien n'est égal au bonheur des amants…
6.

-

 
**:**
オルフェウスの冥府下り H. 488

La descente d'Orphée aux enfers, H. 488

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7619911
**:**
»  Overture
7.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Inventons mille jeux divers (Daphnee, Chorus) - Entree des nymphes: Ruisseau qui dans ce beau sejour (Enone, Arethuze)
8.

-

**:**
»  Act I: Compagnes fidèles (Euridice)
9.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Soutiens-moi, chère Énone (Euridice )
10.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Qu'ai-je entendu, que vois-je? (Orphée)
11.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Ah! Bergers c'en est fait
12.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Entrée de Nymphes et de Bergers désespérés: Lâche amant (Orphée)
13.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Lâche amant (Orphée)
14.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Ne tourne point, mon fils (Apollon)
15.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Que d'un frivole espoir (Orphée) - Juste sujet de pleurs (Chorus)
16.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Affreux tourments (Tantale, Ixion, Titye, Chorus)
17.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Cessez, cessez, fameux coupables (Orphée)
18.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Quelle touchante voix, quelle douce harmonie (Ixion, Tantale, Titye)
19.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Je ne refuse point le secours (Orphée)
20.

-

**:**
»  Act II: Il n'est rien aux Enfers (Chorus)
21.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Les Fantomes
22.

-

**:**
»  Act II Scene 3: Que cherche en mon palais (Pluton)
23.

-

**:**
»  Act II Scene 3: Je ne vis point ici, Monarque des Enfers
24.

-

**:**
»  Act II: Pauvre amant (Proserpine)
25.

-

**:**
»  Act II Scene 3: Eurydice n'est plus, et mon feu dure encore
26.

-

**:**
»  Act II Scene 3: Le destin est contraire à ce que tu souhaites
27.

-

**:**
»  Act II Scene 3: Tu ne la perdras point, helas (Orphée)
28.

-

**:**
»  Act II Scene 3: Quel charme impérieux (Pluton)
29.

-

**:**
»  Act II Scene 3: Souviens toi du larcin que tu fis à Cérès
30.

-

**:**
»  Act II Scene 3: Je cède, je me rends (Pluton)
31.

-

**:**
»  Act II Scene 3: Vous partez donc, Orphée (Chorus)
32.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/11/01
【フランス語圏の古楽シーン最前線から届いた、リュリの最大のライヴァルによるオルフェウス物語2編】Alphaレーベルでの録音を通じ、フランス17~18世紀の音楽を積極的に世界へ発信しつづけている古楽歌手レイナウト・ファン・メヘレンのグループ、ア・ノクテ・テンポリス。かたやフランス、ベルギー、ドイツなどの実力派古楽歌手たちを軸に、各パート2~3人に絞った小規模編成でドイツ三大S(シュッツ、シャイン、シャイト)からヘンデルまで、幅広いレパートリーを世に問うてきた古楽声楽集団ヴォクス・ルミニス。ヨーロッパの古楽研究とライヴ・パフォーマンスの最前線をゆく二つの俊才集団が手を組み、フランス・バロック最大の作曲家のひとりシャルパンティエの2傑作と正面から対峙した充実アルバムを録音してくれました。ルイ14世の宮廷で王室音楽総監督リュリが活躍しているあいだ、シャルパンティエは王室での仕事から遠ざけられ、リュリの妨害のもと大がかりなオペラは作曲できなかったのですが、そのかわりに小編成・小規模の声楽曲で名品を数多く残しています。早世した恋人ユリディスを冥府まで取り返しに行く竪琴の名手オルフェ(オルフェウス)の物語では長短二つの作品を残しましたが、ここで両作品の対比をきわだたせながら、精彩あざやかな古楽器演奏でファン・メヘレンの歌を彩ってゆくア・ノクテ・テンポリスのアンサンブルはみごとなもの。クラヴサン(チェンバロ)奏者としてパトリツィア・コパチンスカヤの名盤『TAKE TWO』でも活躍した異才アントニ―・ロマニュクが加わっているのも注目です。実力派声楽集団ヴォクス・ルミニスの参与も頼もしく、演劇性に満ちたシャルパンティエの音楽が21世紀の今こそ対峙すべき音世界であることを説得力豊かに伝えています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。