ホーム > アルバム > ALPHA567 ハイドン:天地創造(リヒター/シュミット/ベッシュ/バイエルン放送合唱団/イル・ジャルディーノ・アルモニコ/アントニーニ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
ALPHA567
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
フランツ・ヨーゼフ・ハイドン Franz Joseph Haydn
作詞家
ゴットフリート・ファン・スヴィーテン Gottfried van Swieten
アーティスト
ジョヴァンニ・アントニーニ Giovanni Antonini , イル・ジャルディーノ・アルモニコ Giardino Armonico, Il , マクシミリアン・シュミット Maximilian Schmitt , バイエルン放送合唱団 Bavarian Radio Chorus , フローリアン・ベッシュ Florian Boesch , アンナ・ルチア・リヒター Anna Lucia Richter

ハイドン:天地創造(リヒター/シュミット/ベッシュ/バイエルン放送合唱団/イル・ジャルディーノ・アルモニコ/アントニーニ)

HAYDN, J.: Schöpfung (Die) (The Creation) [Oratorio] (A.L. Richter, M. Schmitt, Boesch, Bavarian Radio Chorus, Il Giardino Armonico, Antonini)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ALPHA567

全トラック選択/解除

Disc 1

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン - Franz Joseph Haydn (1732-1809)

**:**
オラトリオ「天地創造」 Hob. XXI:2

Die Schöpfung (The Creation), Hob.XXI:2

録音: 8-11 May 2019, Herkulessaal, Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8220817
**:**
»  Part I: Die Vorstellung des Chaos (The Representation of Chaos) (Raphael, Uriel, Chorus)
1.

-

**:**
»  Part I: Im Anfange schuf Goff Himmel und Erde (Raphael, Uriel, Choir)
2.

-

**:**
»  Part I: Nun schwanden vor dem heiligen Strahle (Now vanish before the holy beams) (Uriel, Chorus)
3.

-

**:**
»  Part I: Und Gott machte das Firmament (And God made the firmament) (Raphael)
4.

-

**:**
»  Part I: Chorus: Mit Staunen sieht das Wunderwerk (The marvelous work beholds amazed) (Gabriel)
5.

-

**:**
»  Part I: Und Gott sprach: Es sammle sich das Wasser (And God said: Let the waters under the heaven) (Raphael)
6.

-

**:**
»  Part I: Rollend in schäumenden Wellen (Rolling in foaming billows) (Raphael)
7.

-

**:**
»  Part I: Und Gott sprach: Es bringe die Erde Gras hervor (And God said: Let all the earth bring forth grass) (Gabriel)
8.

-

**:**
»  Part I: Nun beut die Flur das frische Grün (With verdure clad the fields appear) (Gabriel)
9.

-

**:**
»  Part I: Und die himmlischen Heerscharen (And the heavenly host proclaimed the third day) (Uriel)
10.

-

**:**
»  Part I: Stimmt an die Saiten (Awake the harp) (Chorus)
11.

-

**:**
»  Part I: Und Gott sprach: Es sei'n Lichter an der Feste des Himmels (And God said: Let there be lights in the firmament of heaven)
12.

-

**:**
»  Part I: In vollem Glanze steiget jetzt die Sonne (In splendour bright is rising now the sun) (Uriel)
13.

-

**:**
»  Part I: Die Himmel erzählen die Ehre Gottes (The heavens are telling the glory of God) (Gabriel, Uriel, Raphael, Chorus)
14.

-

**:**
»  Part II: Und Gott sprach: Es bringe das Wasser in der Fulle hervor (And God said: Let the waters bring forth abundantly) (Gabriel)
15.

-

**:**
»  Part II: Auf starkem Fittiche schwinget sich der Adler stolz (On mighty pens uplifted soars the eagle aloft) (Gabriel)
16.

-

**:**
»  Part II: Und Gott schuf große Walfische (And God created great whales) (Raphael)
17.

-

**:**
»  Part II: In Holder anmut Stehn (On thee each living soul awaits)
18.

-

**:**
»  Part II: Der Herr ist gross (The Lord is great) (Trio and Chorus)
19.

-

**:**
»  Part II: Und Gott sprach: Es bringe die Erde hervor lebende Geschopfe (And God said: Let the earth bring forth the living creature)
20.

-

**:**
»  Part II: Gleich öffnet sich der Erde Schoß (Straight opening her fertile womb) (Raphael)
21.

-

**:**
»  Part II: Nun scheint in vollem Glanze der Himmel (Now heav'n in fullest glory shone) (Raphael)
22.

-

**:**
»  Part II: Und Gott schuf den Menschen nach seinem Ebenbilde (And God created man in his own image) (Uriel)
23.

-

**:**
»  Part II: Mit Würd'und Hoheit angetan (In native worth and honour clad) (Uriel)
24.

-

**:**
»  Part II: Und Gott sah jedes Ding, was er gemacht hatte (And God saw ev'rything that he had made) (Raphael)
25.

-

**:**
»  Part II: Vollendet ist das große Werk (Chorus)
26.

-

Disc 2

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン - Franz Joseph Haydn (1732-1809)

**:**
オラトリオ「天地創造」 Hob. XXI:2

Die Schöpfung (The Creation), Hob.XXI:2

録音: 8-11 May 2019, Herkulessaal, Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8220817
**:**
»  Part III: Aus Rosenwolken (In rosy mantle appears) (Uriel)
1.

-

**:**
»  Part III: Von deiner Güt o Herr und Gott (By thee with bliss, O bounteous Lord) (Eve and Adam, Chorus)
2.

-

**:**
»  Part III: Nun ist die erste Pflicht erfüllt (Our duty we performed now) (Adam and Eve)
3.

-

**:**
»  Part III: Holde Gattin! (Graceful consort!) (Adam and Eve)
4.

-

**:**
»  Part III: O glucklich Paar (O happy pair) (Uriel)
5.

-

**:**
»  Part III: Singt dem Herren alle Stimmen (Sing the Lord, ye voices all!)
6.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/07/01
【交響曲全曲録音を進めるアントニーニ、満を持してハイドン晩期の大作を!】かつて古楽器演奏への適応が一足遅れたイタリアで、本場のヴィヴァルディを独特のクセと味わいをもって聴かせる団体として登場し、一気に「イタリアに古楽シーンあり」を印象づけた実力派集団イル・ジャルディーノ・アルモニコ。その音楽監督ジョヴァンニ・アントニーニは、近年ますます古典派への取り組みをみせ、バロック演奏の経験値あればこその周到なハイドン交響曲全曲録音シリーズ(HAYDN 2032)をAlphaレーベルで進行中。そのさなかに突如、同シリーズの番外編のようなかたちで、ハイドン晩期の傑作『天地創造』の全曲録音が登場します。ハイドン本来の驚くほどのウィットや、型破りな音使いの妙を表現するのに長けたアントニーニだけに、このリリースは聴き逃せません。『天地創造』はハイドンが100曲以上におよぶ交響曲を全て作曲した後、ロンドン渡航を終えて戻ったウィーンで1798年に披露した大作オラトリオ。後続の『四季』とともに、ヘンデル作品が根強い人気を保っていた英国での経験もふまえて仕上げられた充実の音作りで、交響曲で培った管弦楽作法の魅力もぞんぶんに発揮されており、圧巻の聴きごたえとなっています。アントニーニは作品の隅々まで意識を向け、単に鋭角的な音作りでインパクトを狙うことなく、よく考えられたテンポ設定とアゴーギグでじっくり作品美を炙り出してゆきます。通奏低音はフォルテピアノではなくチェンバロを使用。宗教曲演奏に定評ある独唱者3人の立ちまわりも実に堂に入ったものがあり、総じて聴くほどに旨みが滲み出る演奏解釈に仕上がっています。交響曲録音シリーズと併せ、ハイドンの真価に改めて気づかされる新録音です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。