ホーム > アルバム > ALPHA583 モンタルベッティ:室内楽作品集(テツラフ/ヴォロンツォフ/ハイダン/レ・ディソナンス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
ALPHA583
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 室内楽
作曲家
エリック・モンタルベッティ Eric Montalbetti
アーティスト
アレクサンドル・ヴォロンツォフ Alexander Vorontsov , カン・ヘスン Hae-Sun Kang , エリック=マリア・クテュリエ Éric-Maria Couturier , ピエール・ジェニソン Pierre Génisson , クリスティアン・テツラフ Christian Tetzlaff , 永野英樹 Hideki Nagano , デルフィーネ・ハイダン Delphine Haidan , レ・ディソナンス Dissonances, Les

モンタルベッティ:室内楽作品集(テツラフ/ヴォロンツォフ/ハイダン/レ・ディソナンス)

MONTALBETTI, E.: Chamber Music - Harmonieuses Dissonances / Duo / Trio (Tetzlaff, Vorontsov, Haidan, Quatuor Les Dissonances)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ALPHA583

全トラック選択/解除

エリック・モンタルベッティ - Eric Montalbetti (1968-)

**:**
二重奏曲 「友情あふれる人生への感謝の歌」
1.

Duo (Lied des Dankes für das Leben in Freundschaft)

録音: June 2019, Live recording, Heimbach, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7868268
 
**:**
マティスを讃えて(声とクラリネット版)

Hommage à Matisse (version for voice and clarinet)

録音: 6-7 November 2019, Eglise Protestante Luthérienne de Bon Secours, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7868269
**:**
»  No. 1. Nu
2.

-

**:**
»  No. 2. Éclat
3.

-

**:**
»  No. 3. Couleur
4.

-

 
**:**
三重奏曲

Trio

録音: 08 October 2019, Studio de la Philharmonie, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7868270
**:**
»  I. Composition suprématiste
5.

-

**:**
»  II. Formes circulaires
6.

-

**:**
»  III. Formes uniques de la continuité dans l'espace
7.

-

 
**:**
弦楽四重奏曲 「調和する不協和音」
8.

String Quartet, "Harmonieuses Dissonances"

録音: 15-16 January 2020, Eglise luthérienne, Saint-Pierre, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7868271
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/02/01
【テツラフ、グリマル、永野英樹ほか豪華メンバー集結!モンタルベッティ作品集第2弾】その管弦楽作品が山田和樹や板倉康明によって演奏されている、フランスの作曲家モンタルベッティ。ソロ作品集(ALPHA263)に続くアルバム第2弾が登場です。パパヴラミやゲリエ参加の前作も豪華でしたが、今回も名手テツラフや、永野英樹ほかアンサンブル・アンテルコンタンポランのメンバーによるトリオをはじめ、指揮者無しの見事な「春の祭典」ライヴ映像をWEBに公開して世間を騒然とさせた、グリマル率いるオーケストラレ・ディソナンスのメンバーによる弦楽四重奏など、素晴らしいアーティストが参加しています。アルバムのタイトルHARMONIEUSES DISSONANCESは収録の弦楽四重奏曲の曲名でもありますが、「調和する(心地よい響きの)不協和音」といった意味で、これはモンタルベッティの作風そのものを表している言葉といえます。不協和音や音の跳躍を随所に用いた前衛的な作風ながらも、どの作品も音楽そのものがたいへん魅力的に響くことに驚かされます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。