ホーム > アルバム > ALPHA597 AKOE~古くて新しい音楽~中世からルネサンスの名曲を古楽器による新しいアレンジで

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
ALPHA597
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 室内楽
作曲家
ハインリヒ・イザーク Heinrich Isaac , フアン・デル・エンシーナ Juan del Encina , ジュリオ・カッチーニ Giulio Caccini , ジョスカン・デ・プレ Josquin des Prez, , クローダン・ド・セルミジ Claudin de Sermisy , ジョン・ダウランド John Dowland , ヒルデガルト・フォン・ビンゲン Hildegard of Bingen, , 不詳 Anonymous , アドリアン・ル・ロワ Adrian Le Roy
作詞家
不詳 Anonymous
編曲者
ライナー・ザイフェルト Rainer Seiferth
アーティスト
ミシェル・ゴダール Michel Godard , タラセア Taracea , ダヴィド・マヨラル David Mayoral , イザベル・マルティン Isabel Martín

AKOE~古くて新しい音楽~中世からルネサンスの名曲を古楽器による新しいアレンジで

Chamber Music (Early) - CACCINI, G. / DOWLAND, J. / HILDEGARD OF BINGEN / ISAAC, H. (Akoé - Nuevas músicas antiguas) (Taracea)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ALPHA597

全トラック選択/解除

ジョン・ダウランド - John Dowland (1563-1626)

**:**
前奏曲 P. 98 (R. ザイフェルトによるリコーダー、ビウエラとコントラバス編)
1.

Prelude, P. 98 (arr. R. Seiferth for recorder, vihuela and double bass)

録音: June 2019, El Planchón, Cáceres, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7815409
 
**:**
歌曲集 第1巻 - もう一度帰っておいで、やさしい恋人よ
2.

Book of Songs, Book 1: Come again, sweet love doth now invite (arr. R. Seiferth for recorder, vihuela, double bass and percussion)

録音: June 2019, El Planchón, Cáceres, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7829989

ジュリオ・カッチーニ - Giulio Caccini (1551-1618)

**:**
アマリッリ麗し
3.

Amarilli mia bella (My beautiful Amaryllis) (arr. R. Seiferth for recorder, vihuela, double bass and serpent)

録音: June 2019, El Planchón, Cáceres, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7829990

不詳 - Anonymous

**:**
クチリェロス
4.

Cuchilleros (arr. R. Seiferth for recorder, vihuela, double bass and percussion)

録音: June 2019, El Planchón, Cáceres, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7829991

ハインリヒ・イザーク - Heinrich Isaac (1455-1517)

**:**
インスブルックよ、さようなら
5.

Innsbruck, ich muss dich lassen (Innsbruck, I must leave you) (arr. R. Seiferth for recorder, vihuela and double bass)

録音: June 2019, El Planchón, Cáceres, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7829992

不詳 - Anonymous

**:**
マリサパロス
6.

Marizápalos (arr. R. Seiferth for recorder, vihuela, double bass, serpent and percussion)

録音: June 2019, El Planchón, Cáceres, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7829993

フアン・デル・エンシーナ - Juan del Encina (1468-1530)

**:**
ああ、悲しみがわたしに!
7.

Ay triste, que vengo (arr. R. Seiferth for voice, recorder, vihuela, double bass and percussion)

録音: June 2019, El Planchón, Cáceres, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7829994

ジョスカン・デ・プレ - Josquin des Prez, (1455-1521)

**:**
千々の悲しみ
8.

Mille regretz (arr. R. Seiferth for recorder, vihuela and double bass)

録音: June 2019, El Planchón, Cáceres, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7829995

アドリアン・ル・ロワ - Adrian Le Roy (1520-1598)

**:**
パッサメッツォ
9.

Passemeze (arr. R. Seiferth for recorder, vihuela, double bass, serpent and percussion)

録音: June 2019, El Planchón, Cáceres, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7829996

ヒルデガルト・フォン・ビンゲン - Hildegard of Bingen, (1098-1179)

**:**
おお、何と驚くべき予見が
10.

O quam mirabilis (arr. R. Seiferth for recorder, vihuela and double bass)

録音: June 2019, El Planchón, Cáceres, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7829997

クローダン・ド・セルミジ - Claudin de Sermisy (1490-1562)

**:**
花さく日々に
11.

Tant que vivrai (arr. R. Seiferth for recorder, vihuela, double bass, serpent and percussion)

録音: June 2019, El Planchón, Cáceres, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7829998
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/01/01
マドリードに本拠地を置き、古楽とジャズ、即興を組み合わせた演奏形態で活動するアンサンブル、タラセアのデビュー・アルバム。「タラセア」とは、グラナダに伝わる工芸品の寄木細工のこと。スペインに住み、ルネサンス期スペインのギター型撥弦楽器ビウエラを巧みに操るドイツ人ライナー・ザイフェルトを中心に、サヴァールのアンサンブルの常連であるフルートとリコーダーのスペシャリスト、ベレン・ニエト、そしてジャズやフラメンコで活躍するダブルベース奏者ミゲル・ロドリガニェスというメンバーです。このアルバムには、彼らの活動の先人ともいえるセルパンでジャズを奏でる奇才、ミシェル・ゴダールも参加。洋の東西を超えた様々な打楽器を奏でるダヴィド・マヨラル、スペインの若きシンガー兼パーカッショニスト、イサベル・マルティンのサポートを得て製作されました。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。