ホーム > アルバム > ALPHA631 鐘 - ピアノ、チェンバロ、フォルテピアノ、フェンダー・ローズによる、古今東西鍵盤音楽の旅(ロマニウク)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
ALPHA631
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
ジョージ・クラム George Crumb , チック・コリア Chick Corea , ドミートリー・ショスタコーヴィチ Dmitry Shostakovich , クロード・ドビュッシー Claude Debussy , ヘンリー・パーセル Henry Purcell , ウィリアム・バード William Byrd , ヨハン・ゼバスティアン・バッハ Johann Sebastian Bach , ベーラ・バルトーク Béla Bartók , 不詳 Anonymous , ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven , ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart , フェデリコ・モンポウ Federico Mompou , ジャン=フィリップ・ラモー Jean-Philippe Rameau , ジェルジ・リゲティ György Ligeti , アンソニー・ロマニウク Anthony Romaniuk
アーティスト
アンソニー・ロマニウク Anthony Romaniuk

鐘 - ピアノ、チェンバロ、フォルテピアノ、フェンダー・ローズによる、古今東西鍵盤音楽の旅(ロマニウク)

Keyboard Recital: Romaniuk, Anthony - BACH, J.S. / BARTÓK, B. / BYRD, W. / CRUMB, G. / DEBUSSY, C. / LIGETI, G. (Bells)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ALPHA631

全トラック選択/解除

ベーラ・バルトーク - Béla Bartók (1881-1945)

**:**
ミクロコスモス 第5巻 BB 105 - 第138曲 バグパイプの音楽
1.

Mikrokosmos, BB 105, Vol. 5: No. 138. Bagpipe Music

録音: April 2019, Academy One Studios, Ghent, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8905332

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ - Johann Sebastian Bach (1685-1750)

**:**
イギリス組曲第2番 イ短調 BWV 807 - 第1曲 前奏曲
2.

English Suite No. 2 in A Minor, BWV 807: I. Prelude

録音: April 2019, Academy One Studios, Ghent, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8905333
 
**:**
イギリス組曲第2番 イ短調 BWV 807 - 第1曲 前奏曲
3.

English Suite No. 2 in A Minor, BWV 807: I. Prelude

録音: April 2019, Academy One Studios, Ghent, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8905334

クロード・ドビュッシー - Claude Debussy (1862-1918)

**:**
前奏曲集 第1集 - 第2曲 ヴェール(帆)
4.

Préludes, Book 1: No. 2. Voiles

録音: April 2019, Academy One Studios, Ghent, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8905335

ジェルジ・リゲティ - György Ligeti (1923-2006)

**:**
ムジカ・リチェルカータ - 第7曲 カンタービレ、モルト・レガート
5.

Musica ricercata: No. 7. Cantabile, molto legato

録音: April 2019, Academy One Studios, Ghent, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8905336

ウィリアム・バード - William Byrd (1540-1623)

**:**
6.

The Bells

録音: April 2019, Academy One Studios, Ghent, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8905337

ジョージ・クラム - George Crumb (1929-)

**:**
マクロコスモス 第2集 第1部 - 第4曲 双子
7.

Makrokosmos II, Part I: No. 4. Twin Suns

録音: April 2019, Academy One Studios, Ghent, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8905338

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)

**:**
6つのバガテル Op. 126 - 第4曲 プレスト
8.

6 Bagatelles, Op. 126: No. 4. Presto

録音: April 2019, Academy One Studios, Ghent, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8905339

ベーラ・バルトーク - Béla Bartók (1881-1945)

**:**
ルーマニア民俗舞曲 BB 68 - 第3番 踏み踊り(アンダンテ)
9.

6 Romanian Folk Dances, BB 68: No. 3. Standing Still: Andante

録音: April 2019, Academy One Studios, Ghent, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8905340

フェデリコ・モンポウ - Federico Mompou (1893-1987)

**:**
ひそかな音楽 第2巻 - 第12曲 トランクィッロ
10.

Música callada, Vol. 2: XII. Tranquillo - tres calme

録音: April 2019, Academy One Studios, Ghent, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8905341

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
アダージョ ロ短調 K. 540
11.

Adagio in B Minor, K. 540

録音: April 2019, Academy One Studios, Ghent, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8905342

チック・コリア - Chick Corea (1941-2021)

**:**
チルドレンズ・ソング - 第4曲
12.

Children's Songs: No. 4. —

録音: April 2019, Academy One Studios, Ghent, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8905343

フェデリコ・モンポウ - Federico Mompou (1893-1987)

**:**
ひそかな音楽 第1巻 - 第5曲 四分音符 = 54
13.

Música callada, Vol. 1: V. Quarter Note = 54

録音: April 2019, Academy One Studios, Ghent, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8905344

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)

**:**
ピアノ・ソナタ第15番 ニ長調 「田園」 Op. 28 - 第4楽章 ロンド(アレグロ・マ・ノン・トロッポ)
14.

Piano Sonata No. 15 in D Major, Op. 28, "Pastoral": IV. Rondo: Allegro ma non troppo

録音: April 2019, Academy One Studios, Ghent, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8905345

ジャン=フィリップ・ラモー - Jean-Philippe Rameau (1683-1764)

**:**
運指法があるクラブサン曲集 - ミュゼットとロンドー
15.

Pièces de clavecin avec une méthode sur la mécanique des doigts: Musette en rondeau

録音: April 2019, Academy One Studios, Ghent, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8905346

不詳 - Anonymous

**:**
フルートフーセ写本 II. 108 - さらば愛しい人、私は行かねばならぬ
16.

Het Gruuthuse-handschrift II. 108: Orlof, vrauwe, ende ic moet gaen

録音: April 2019, Academy One Studios, Ghent, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8905347

ヘンリー・パーセル - Henry Purcell (1659-1695)

**:**
1音に基づく5声のファンタジア ヘ長調 Z. 745

Fantasia a 5 in F Major, Z. 745, "Upon 1 Note"

録音: April 2019, Academy One Studios, Ghent, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8905348
**:**
»  Fantasia a 5 in F, Z. 745, "Upon 1 Note"
17.

-

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ - Johann Sebastian Bach (1685-1750)

**:**
イギリス組曲第2番 イ短調 BWV 807 - 第5曲 ブーレー I-II
18.

English Suite No. 2 in A Minor, BWV 807: V. Bourree I-II

録音: April 2019, Academy One Studios, Ghent, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8905349
**:**
コラ(即興)
19.

Kora

録音: April 2019, Academy One Studios, Ghent, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8905350
 
**:**
「辻音楽師」による即興
20.

Improvisation on Der Leiermann

録音: April 2019, Academy One Studios, Ghent, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8905351

ドミートリー・ショスタコーヴィチ - Dmitry Shostakovich (1906-1975)

**:**
24の前奏曲とフーガ Op. 87 - 前奏曲とフーガ第1番 ハ長調
21.

24 Preludes and Fugues, Op. 87: Prelude and Fugue No. 1 in C Major

録音: April 2019, Academy One Studios, Ghent, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8905352
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/06/01
【話題のピアニストがその鬼才の片鱗を露わに!4つの時代の楽器を操る鍵盤音楽の旅】フォルテピアノやチェンバロなどの古楽系鍵盤奏者として各方面に出演するほか、同時代の作品解釈にも一家言あり、パトリツィア・コパチンスカヤのアルバム『TAKE TWO』(ALPHA211/NYCX-20002)ではチェンバロとトイ・ピアノで共演しているアンソニー・ロマニウク。生まれ育ったオーストラリアでジャズにどっぷりとはまった後、アメリカへ渡りクラシック・ピアノを学習、数年後から古楽を学んだ彼は、当地でロックや電子音楽にも深く熱中していきました。そんな彼が思い描く鍵盤楽器の音楽を存分にやり遂げた、目の覚めるような構成によるソロ・デビュー・アルバムが登場です。バードからチック・コリアまでの作品を、モダン・ピアノを中心としながらも、フォルテピアノ、チェンバロ、そしてフェンダー・ローズ(金属音叉を使用したフェンダー社製の電子ピアノで、ジャズからソウル、ロックまで幅広いポピュラー音楽に1970年代を中心に使用され、現在も多くのファンが存在)までを縦横無尽に駆使して演奏しています。その楽曲解釈は、確固たるアカデミックな基礎の上にロックやヒップホップを吸収した世代ならではの小気味よい風通しの良さが感じられ、彼がどの作品からもそれぞれが持つ美しさを聴く者に示してくれる抜群の才気の持ち主であることを知らしめています。フェンダー・ローズによるバッハの面白さなど意外性も相まって、最後まで一気に聴かせるアルバムです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。