ホーム > アルバム > ALPHA798 ドビュッシー:瞬間の詩(Y. バルメールによる声と弦楽三重奏編)(デヴォス/ヴォーチェ四重奏団/ユレル/セイソン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
ALPHA798
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 室内楽
作曲家
クロード・ドビュッシー Claude Debussy , イヴ・バルメール Yves Balmer
作詞家
クロード・ドビュッシー Claude Debussy
編曲者
イヴ・バルメール Yves Balmer
アーティスト
ヴォーチェ四重奏団 Quatuor Voce , リディア・シェリー Lydia Shelley , エマニュエル・セイソン Emmanuel Ceysson , ジョディー・デヴォス Jodie Devos , ギヨーム・ベッカー Guillaume Becker , ジュリエット・ユレル Juliette Hurel , セシル・ルーバン Cécile Roubin

ドビュッシー:瞬間の詩(Y. バルメールによる声と弦楽三重奏編)(デヴォス/ヴォーチェ四重奏団/ユレル/セイソン)

DEBUSSY, C.: Proses lyriques (arr. Y. Balmer for voice and string trio) (Poétiques de l'instant) (Devos, Quatuor Voce, Hurel, Ceysson)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ALPHA798

全トラック選択/解除

クロード・ドビュッシー - Claude Debussy (1862-1918)

**:**
弦楽四重奏曲 ト短調 Op. 10

String Quartet in G Minor, Op. 10

録音: April 2021, TAP - Théâtre Auditorium de Poitiers, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9388795
**:**
»  I. Animé et très décidé
1.

-

**:**
»  II. Assez vif et bien rythmé
2.

-

**:**
»  III. Andantino doucement expressif
3.

-

**:**
»  IV. Très modéré
4.

-

 
**:**
フルート、ヴィオラとハープのためのソナタ

Sonata for Flute, Viola and Harp

録音: April 2021, TAP - Théâtre Auditorium de Poitiers, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9399588
**:**
»  I. Pastorale: Lento - dolce rubato
5.

-

**:**
»  II. Interlude: Tempo di minuetto
6.

-

**:**
»  III. Final: Allegro moderato ma risoluto
7.

-

イヴ・バルメール - Yves Balmer (1978-)

**:**
風に舞う断片

Fragments soulevés par le vent

録音: April 2021, TAP - Théâtre Auditorium de Poitiers, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9399589
**:**
»  I. Vif et très fluide
8.

-

**:**
»  II. Volatile
9.

-

**:**
»  III. Très calme, sobre et fragile
10.

-

クロード・ドビュッシー - Claude Debussy (1862-1918)

**:**
抒情的散文(Y. バルメールによる声と弦楽三重奏編)

Proses lyriques (arr. Y. Balmer for voice and string trio)

録音: April 2021, TAP - Théâtre Auditorium de Poitiers, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9399590
**:**
»  No. 1. De reve
11.

-

**:**
»  No. 2. De greve
12.

-

**:**
»  No. 3. De fleurs
13.

-

**:**
»  No. 4. De soir
14.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2022/02/01
【ヴォーチェ四重奏団が豪華ゲストと共に紡ぐ新プロジェクト第1弾!】ヴォーチェ四重奏団が新たに取り組むプロジェクト、「POETIQUES DE L'INSTANT 瞬間の詩」。ドビュッシーとラヴェルが弦楽四重奏のために書いた名作を他の作品や新作と併せて並べ、一対の絵画のように関連付けたプログラムを構成しようとする企画の第1弾。ドビュッシーの名作弦楽四重奏曲では心地よい緊張感を湛えながら美しい演奏を聴かせ、名手ユレルとセイソンがヴィオラのベッカーと共に奏でるソナタでは、その先進性をよく捉えた刺激的な音楽が楽しめます。パリ高等音楽院の教授を務めるイヴ・バルメールによる、ベルギーのワロン地方の詩人フィリップ・ジャコテの作品にインスパイアされた弦楽四重奏のための「風に舞う断片」は、ノイズを取り入れた激しい表現。これが一つの頂点となり、ドビュッシーが自身の散文に曲をつけた歌曲をバルメールが弦楽四重奏とソプラノのために編曲した「抒情的散文」では、活躍目覚ましいデヴォスが登場し、余韻が美しく後を引いて幕を閉じます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。