ホーム > アルバム > ALPHA924 19世紀フランスのオペラ・アリア集(デュボワ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
ALPHA924
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
ジャック・アレヴィ Fromental Halévy , ダニエル=フランソワ・オーベール Daniel-François Auber , シャルル=フランソワ・グノー Charles-François Gounod , ルイ・クラピソン Louis Clapisson , バンジャマン・ゴダール Benjamin Godard , カミーユ・サン=サーンス Camille Saint-Saëns , チャールズ・シルヴァー Charles Silver , テオドール・デュボワ Théodore Dubois , ガエターノ・ドニゼッティ Gaetano Donizetti , アンブロワーズ・トマ Ambroise Thomas , レオ・ドリーブ Léo Delibes , ジョルジュ・ビゼー Georges Bizet , フランソワ=アドリアン・ボワエルデュー François-Adrien Boieldieu , シャルル・ルース=ヴァルレ Charles Luce-Varlet
作詞家
ジュール=アンリ・ヴェルノワ・ド・サン=ジョルジュ Jules-Henri Vernoy de St-Georges , ミシェル・カレ Michel Carré , ルイ・ガレ Louis Gallet , エドモンド・ゴンディネ Edmond Gondinet , ジュール=アンリ・ヴェルノワ・ド・サン=ジョルジュ Jules-Henri Vernoy de Saint-Georges , ポール・ド・シューダンス Paul de Choudens , フィリップ・ジル Philippe Gille , オギュスタン・ウジューヌ・スクリーブ Augustin-Eugène Scribe , アレクサンドル・デュマ・ペール Alexandre Dumas (pere) , ジャン=フランシス=アルフレッド・バヤール Jean-François-Alfred Bayard , ジュール・バルビエ Jules Barbier , ポール・フェリエ Paul Ferrier , レオン=レヴィ・ブランズウィック Leon-Levy Brunswick , アドルフ・ド・ルーヴェン Adolphe de Leuven , J・B・ロジエ J.B. Rosier , L. Detroyat , Théodore Muret , Paul Armand Silvestre , Jean-Baptiste-Charles Vial
アーティスト
シリル・デュボワ Cyrille Dubois , ピエール・デュムソー Pierre Dumoussaud , リール国立管弦楽団 Lille National Orchestra

19世紀フランスのオペラ・アリア集(デュボワ)

Opera Arias (Tenor): Dubois, Cyrille - BIZET, G. / DELIBES, L. / DONIZETTI, G. / THOMAS, A. (So Romantique !)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ALPHA924

全トラック選択/解除

ダニエル=フランソワ・オーベール - Daniel-François Auber (1782-1871)

**:**
歌劇「舟歌」 S. 38 - 第2幕 静けさに満ちた隠れ家で
1.

La Barcarolle, ou L'Amour et la Musique, S. 38, Act II: Asile où règne le silence

録音: July 2021, Auditorium du Nouveau Siècle, Lille, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9963135

バンジャマン・ゴダール - Benjamin Godard (1849-1895)

**:**
歌劇「サラメアのペドロ」 - 第1幕 何度、彼女を夢見たことか
2.

Pedro de Zalamea, Act I: Combien de fois j'ai rêvé d'elle

録音: July 2021, Auditorium du Nouveau Siècle, Lille, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9966232

アンブロワーズ・トマ - Ambroise Thomas (1811-1896)

**:**
歌劇「エルヴィーラの物語」 - 第2幕 ああ、神のおかげか!…至高の力を持つ方よ
3.

Le roman d'Elvire, Act II: Ah! Vive Dieu! … Suprême puissance

録音: July 2021, Auditorium du Nouveau Siècle, Lille, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9966233

フランソワ=アドリアン・ボワエルデュー - François-Adrien Boieldieu (1775-1834)

**:**
歌劇「白婦人通り」 - 第2幕 さて、そろそろ出てくるか…さあこちらへ、優美なる婦人よ
4.

La dame blanche, Act II: Maintenant observons, ecoutons

録音: July 2021, Auditorium du Nouveau Siècle, Lille, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9966234

ジャック・アレヴィ - Fromental Halévy (1799-1862)

**:**
歌劇「王妃の銃士」 - 第3幕 ついに、このうえなく優しい太陽が昇り
5.

Les mousquetaires de la reine, Act III: Enfin un jour plus doux se lève

録音: July 2021, Auditorium du Nouveau Siècle, Lille, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9966235

ルイ・クラピソン - Louis Clapisson (1808-1866)

**:**
歌劇「バグパイプ吹きのジビ」 - 第1幕「夢見て待とう、いつか素敵な日が来て
6.

Gibby la cornemuse, Act I: Rêvons qu'un plus beau jour

録音: July 2021, Auditorium du Nouveau Siècle, Lille, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9966236

ガエターノ・ドニゼッティ - Gaetano Donizetti (1797-1848)

**:**
歌劇「連隊の娘」 - 第2幕 ああ!友よ!何と楽しい日!
7.

La fille du régiment (The Daughter of the Regiment), Act II: Ah! mes amis, quel jour defete

録音: July 2021, Auditorium du Nouveau Siècle, Lille, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9966237

シャルル=フランソワ・グノー - Charles-François Gounod (1818-1893)

**:**
歌劇「いやいやながら医者にされ」 - 第2幕 わたしが籠に飼っているのは
8.

Le médecin malgré lui, Act II: Je portais dans une cage

録音: July 2021, Auditorium du Nouveau Siècle, Lille, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9966238

シャルル・ルース=ヴァルレ - Charles Luce-Varlet (1781-1853)

**:**
歌劇「プレスブルクの学生」 - その姿を夢見て…さあ思い浮かべ、旋律よ
9.

L'élève de Presbourg: De ses illusions … Viens, ô mélodie

録音: July 2021, Auditorium du Nouveau Siècle, Lille, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9966239

ジョルジュ・ビゼー - Georges Bizet (1838-1875)

**:**
歌劇「美しいパースの娘」 - 第3幕 ここか、奴が恥も臆面もなく…なんと酷いことだろう
10.

La jolie fille de Perth, Act III: C'est donc ici … ô cruelle

録音: July 2021, Auditorium du Nouveau Siècle, Lille, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9966240

テオドール・デュボワ - Théodore Dubois (1837-1924)

**:**
歌劇「グザヴィエール」 - 第2幕 ただひとり!とわたしは呟く
11.

Xavière, Act II: Au clair matin

録音: July 2021, Auditorium du Nouveau Siècle, Lille, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9966241
**:**
歌劇「ミリアーヌ」 - 第3幕 ただひとり!とわたしは呟く
12.

Myriane, Act III: Seul, ai-je dit

録音: July 2021, Auditorium du Nouveau Siècle, Lille, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9966242

アンブロワーズ・トマ - Ambroise Thomas (1811-1896)

**:**
歌劇「ミニョン」 - 第2幕 さようなら、ミニョン!
13.

Mignon, Act II: Adieu, Mignon, courage

録音: July 2021, Auditorium du Nouveau Siècle, Lille, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9966243

レオ・ドリーブ - Léo Delibes (1836-1891)

**:**
歌劇「ラクメ」 - 第1幕 宝石の絵を描く…高貴な儚い幻影よ
14.

Lakmé, Act I: Prendre le dessin d'un bijou … Fantaisie aux divins mensonges

録音: July 2021, Auditorium du Nouveau Siècle, Lille, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9966244

アンブロワーズ・トマ - Ambroise Thomas (1811-1896)

**:**
歌劇「レーモン」 - 第3幕 王の子として生まれながら…そんな不平も全く顧みられず
15.

Raymond, Act III: Fils de roi … point de pitié

録音: July 2021, Auditorium du Nouveau Siècle, Lille, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9966245

カミーユ・サン=サーンス - Camille Saint-Saëns (1835-1921)

**:**
歌劇「銀の鈴」 - 第1幕 慎ましく貧しいままで…尋ねてみたまえ、あの鳥に
16.

Le timbre d'argent, Act I: Humble et pauvre, es-tu donc heureux?

録音: July 2021, Auditorium du Nouveau Siècle, Lille, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9966246

ルイ・クラピソン - Louis Clapisson (1808-1866)

**:**
歌劇「ル・コード・ノワール」 - 第3幕 いえ、この奴隷はあなたのものにはなりません…さようなら、かわいそうな母さん
17.

Le code noir, Act III: Non, vous n'aurez pas … Adieu, toi ma pauvre mère

録音: July 2021, Auditorium du Nouveau Siècle, Lille, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9966247
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2022/11/01
【シリル・デュボワが魅せる!フランス・ロマン派の知られざる美しきアリア集】バロックからロマン派まで、フランス・オペラを中心に目覚ましい活躍をみせるフランスのテノール、シリル・デュボワによる、19世紀のフランスに於けるオペラ・アリアを集めたアルバム。ドニゼッティがパリで作曲した《連隊の娘》や、トマの《ミニョン》、ドリーブの《ラクメ》など有名な作品はほんの一握りで、現在では全曲はおろかその一部の演奏も珍しくなってしまった数々のオペラのアリアが収録されているのがポイントですが、さらには、それらがたいへん魅力的であることに驚かされます。豊かな表現力と高度なテクニック、余裕のある高音の張りなど、デュボワの実力が作品の美しさを十二分に引き立てており、こちらもフランス・オペラのスペシャリストであるピエール・デュムソーの棒もオーケストラ全体をたっぷりと歌わせて、その歌唱にぴたりと寄り添っています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。