ホーム > アルバム > ALPHA947 MAYRIG(母)~アルメニアの母たちに捧ぐ~歌、ヴァイオリン、ピアノによるアルメニアの音楽(ザイシク)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
ALPHA947
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 声楽曲, 室内楽
作曲家
ハコブ・アグハバブ Hakob Aghabab , ガルビス・アプリキアン Garbis Aprikian , パルセフ・ガナチアン Parsegh Ganatchian , コミタス Komitas Vardapet,
作詞家
ガルビス・アプリキアン Garbis Aprikian , コミタス Komitas Vardapet, , 伝承 Traditional , ラファエル・パトカニアン Raphael Patkanian , 不詳 Anonymous
編曲者
セルゲイ・ザハロヴィチ・アスラマジャン Sergey Zacharovich Aslamazian , ニコラ・ヴォルムス Nicolas Worms , アヴェト・ガブリエリアン Avet Gabrielian , ダヴィド・ハルトゥニアン David Haroutunian
アーティスト
エヴァ・ザイシク Eva Zaïcik , ダヴィド・ハルトゥニアン David Haroutunian , クセニャ・マリアレヴィチ Xénia Maliarevitch

MAYRIG(母)~アルメニアの母たちに捧ぐ~歌、ヴァイオリン、ピアノによるアルメニアの音楽(ザイシク)

Vocal Recital (Mezzo-Soprano): Zaïcik, Eva - APRIKIAN, G. / KOMITAS VARDAPET / AGHABAB, H. / GANATCHIAN, P. (Mayrig: To Armenian Mothers)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ALPHA947

全トラック選択/解除

**:**
嘆き(N. ウォルムスによる声、ヴァイオリンとピアノ編)
1.

Lamento (arr. N. Worms for voice, violin and piano)

録音: 23-27 October 2022, The Christuskirche, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10037691

コミタス - Komitas Vardapet, (1869-1935)

**:**
陽光のごとき眼差しの恋人よ
2.

Qeler - Tsoler

録音: 23-27 October 2022, The Christuskirche, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10076644
 
**:**
親愛なるショゲル
3.

Shogher jan

録音: 23-27 October 2022, The Christuskirche, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10076645
 
**:**
Shushiki
4.
録音: 23-27 October 2022, The Christuskirche, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10076646

パルセフ・ガナチアン - Parsegh Ganatchian (1885-1967)

**:**
子守唄(N. ウォルムスによる声、ヴァイオリンとピアノ編)
5.

Lullaby (arr. N. Worms for voice, violin and piano)

録音: 23-27 October 2022, The Christuskirche, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10076647

コミタス - Komitas Vardapet, (1869-1935)

**:**
Dsirani dsaṙ (Tsirani Tsar, The Apricot Tree) (arr. A. Gabrielian for violin and piano)
6.
録音: 23-27 October 2022, The Christuskirche, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10076648
 
**:**
Hoy, Nazan (Oh, Nazan)
7.
録音: 23-27 October 2022, The Christuskirche, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10076649
 
**:**
子守唄
8.

Lullaby

録音: 23-27 October 2022, The Christuskirche, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10076650
 
**:**
Kṙunk (Krounk, The Crane) (arr. S.Z. Aslamazian for violin and piano)
9.
録音: 23-27 October 2022, The Christuskirche, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10076651
 
**:**
Antuni (Song of the Homeless)
10.
録音: 23-27 October 2022, The Christuskirche, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10076652

ハコブ・アグハバブ - Hakob Aghabab (1875-1926)

**:**
月が昇り(ジャン、ああ月のような君)(N. ウォルムスによる声、ヴァイオリンとピアノ編)
11.

Jan, ay loosin! (Loosin yelav) (arr. N. Worms for voice, violin and piano)

録音: 23-27 October 2022, The Christuskirche, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10076653

コミタス - Komitas Vardapet, (1869-1935)

**:**
エランギ(エレヴァンの舞曲)
12.

Yerangi

録音: 23-27 October 2022, The Christuskirche, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10076654
**:**
子守唄 ~メメメに捧ぐ(D. ハルトゥニアンによる声、ヴァイオリンとピアノ編)
13.

Lullaby (arr. D. Haroutunian for voice, violin and piano)

録音: 23-27 October 2022, The Christuskirche, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10076655

コミタス - Komitas Vardapet, (1869-1935)

**:**
ああ、わが女鹿の君よ
14.

Akh, maral djan

録音: 23-27 October 2022, The Christuskirche, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10076656
 
**:**
Garun a, dzun a arel (It is Spring, but Snow has Fallen)
15.
録音: 23-27 October 2022, The Christuskirche, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10076657
 
**:**
あなたはプラタナスの樹のよう(N. ウォルムスによる声、ヴァイオリンとピアノ編)
16.

Chinar es, ke?anal mi (You Are Tall like a Plane Tree, do not Bow Down) (arr. N. Worms for voice, violin and piano)

録音: 23-27 October 2022, The Christuskirche, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10076658
 
**:**
ヤマウズラの歌(A. ガブリエリアンによるヴァイオリンとピアノ編)
17.

Kak'avi erg (Kagavik, The Song of the Partridge) (arr. A. Gabrielian for violin and piano)

録音: 23-27 October 2022, The Christuskirche, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10076659
 
**:**
Erkink'n ampel e (The Sky is Cloudy)
18.
録音: 23-27 October 2022, The Christuskirche, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10076660
 
**:**
K'ele, K'ele (March, March)
19.
録音: 23-27 October 2022, The Christuskirche, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10076661
 
**:**
Et-arach
20.
録音: 23-27 October 2022, The Christuskirche, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10076662
**:**
婚礼小組曲(D. ハルトゥニアンによる声、ヴァイオリンとピアノ編)

Petite suite nuptiale (arr. D. Haroutunian for voice, violin and piano)

録音: 23-27 October 2022, The Christuskirche, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10076663
**:**
»  No. 1. Romance Sans Paroles
21.

-

**:**
»  No. 2. Kovk
22.

-

**:**
»  No. 3. Hymne
23.

-

**:**
»  No. 4. Scherzo
24.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2023/01/01
【苦難の歴史を辿った東ヨーロッパの国に生きる女性たちに、ザイシクらが迫る】古代の王国にまで遡る民族と言語の歴史を持ちながら、近世にはトルコやペルシャ、ロシアなどの大国の支配を受け、ソ連崩壊とともに再び独立国家となったアルメニア。ハチャトゥリアンやアルチュニアンなどソ連時代の作曲家たちの故郷としても有名ですが、ここではマーラーやR.シュトラウスと同世代でアルメニア音楽の国際的認知に大きな貢献を果たしたコミタスと、メシアンに師事しパリのシパン=コミタス合唱団を長く指揮してきたガブリス・アプリキアンの曲を中心に、ソプラノ、ピアノ、ヴァイオリンという編成でアルメニアの近代音楽を紹介する内容となっています。土の香りを感じさせるコミタスの舞曲や歌、アプリキアンの柔軟な音作りによる「東」を感じさせる音楽を通じて打ち出されるテーマは「母」。女性という存在の社会における大きさに迫りながら、個人としての喜怒哀楽を描き出す音の機微は、フランスの古楽シーンで圧倒的な存在感を誇る新世代歌手エヴァ・ザイシクの声を得て迫真の表現で浮き彫りになってゆきます。カントロフとベルキンの門下でヨーロッパ東西それぞれの演奏伝統を受け継ぐアルメニア出身の名手ダヴィド・ハルトゥニアンのヴァイオリンが紡ぎ出す妖艶な響きにも陶然とさせられます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。